ブログトップ

ミステリな日常


なかなか桜が咲きませんねぇ。

・・・ていうか、今年の3月はなんだかいつもより寒くないですか??



開花の便りが待ちきれないので早咲きの桜を探して、探して・・・



e0033713_19130834.jpg



ここは百万遍 知恩寺
まめ桜というお名前の桜らしい。 



京都市内では一、二を争う早咲きの桜です。
ちなみにもうひとつは去年行った出町柳の長徳寺(こちら)





e0033713_19174990.jpg




うす桃色の花びらがなんともかわいいですね。





e0033713_19175540.jpg



でも、山盛りの桜も早く見たいなあ。。。














おまけ・・・




さくら探しのついでに漫画ミュージアムに行ったら、
ピカチュウがいましたよ。





e0033713_19215072.jpg





e0033713_19214620.jpg






e0033713_19205580.jpg




ピカチュウはふっかふかだった。。。






  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by michirudesu | 2017-03-26 19:24 | 京都な日常 | Comments(0)

 

花がふってくると思う
花がふってくるとおもう
この てのひらにうけとろうとおもう


             八木重吉 詩集『貧しき信徒』より 「花がふってくると思う」




e0033713_18152996.jpg








e0033713_18224438.jpg






さくらの中でも一番早く咲きだすという河津桜が春の訪れを告げています。


ここは京都市伏見区。
京阪淀駅からほど近いところにある淀水路と呼ばれる場所です。






e0033713_18284028.jpg






e0033713_18285936.jpg





寒風の合間を縫うようにして、
春を待ちきれない人たちがたくさん見に来られていましたよ。







本格的な春が待ち遠しいですね。




e0033713_18332160.jpg






e0033713_18154757.jpg







そして・・・・







淀といえば、競馬場 淀城。





豊臣秀吉の側室、淀の方が住まわれていた豪華絢爛なお城は
今は石垣の一部しか残っていなくて、
今では公園になっておりました。


訪れる人も少なくてもちょっと寂しい感じ。。。。。





e0033713_18430237.jpg




e0033713_18430786.jpg








と、思ったら・・・・




豊臣秀吉が、側室茶々の産所として築かせた淀城は現在の位置より北へ約500メートルの位置にあった。
こちらは、鶴松死後に拾丸誕生後養子となっていた豊臣秀次が謀反の疑いを掛けられた際、
城主であった木村重茲の連座とともに廃城とされた。

               (ウィキより)





ありゃ、淀君がいたのはここじゃなかったのね。。。




e0033713_18505988.jpg













それではおしまいに春のパフェをどうぞ。。
  (・・・と、まったく関係のない話でごまかしてみる。。。。。。)




e0033713_18530169.jpg





ホントに関係なくて、
これは名古屋高島屋 高野フルーツパーラーで食べた さくらももイチゴパフェ。

イチゴがめっちゃ甘い!!!





 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by michirudesu | 2017-03-17 18:58 | 京都な日常 | Comments(0)

春待つモンブラン


今日で二月も終わり。

明日は県内の公立高校の卒業式が行われるようです。




e0033713_16112456.jpg



天使にふれたよ!    作詞:稲葉エミ


   ねぇ 思い出のカケラに名前をつけて保存するなら
   “宝物”がぴったりだね
   そう ココロの容量がいっぱいになるくらいに過ごしたね
   ときめき色の毎日

   なじんだ制服と上履き
   ホワイトボードの落書き
   明日の入り口に置いてかなくちゃいけないのかな

   でもね、会えたよ! すてきな天使に
   卒業は終わりじゃない
   これからも仲間だから

   一緒の写真たち
   おそろいのキーホルダー
   いつまでも輝いてる
   ずっと その笑顔 ありがとう



         『けいおん!』2期最終回の挿入歌。
         メインヴォーカルの4人が卒業するに当たって作られたという設定の曲だそうです。
            (一部分のみ。改行はワタシ)






e0033713_16111246.jpg




写真は毎年この時期に散策に梅園。

梅の枝はまっすぐに上へ上へ・・って伸びるんだなあ。

この枝のようにまっすぐに未来へ羽ばたこうとしている若者たちがちょっぴりうらやましい。。。。











・・・とかいう感傷よりもオバチャンにはこれ。




e0033713_16330458.jpg



滋賀県 草津市 アラベスク舎 和栗のモンブラン(510円)。


中がチョコ風味のクリームになっているところが珍しい。
でっかい栗が入ってましたよ。






もう一個。



e0033713_16383294.jpg



滋賀県 野洲市 うすなが の プレミアムモンブラン(540円)。




e0033713_16424198.jpg



黄色い和栗のモンブランのクリームと茶色い渋川栗のモンブランが半々になってます。

やっぱり和栗の方が栗の香りが高いかな。

全体的に甘めだけど、
土台に少しベリーが忍ばせてあったり、
カスタードの部分もあったりと、
なかなか手が込んだモンブランでありました。









いよいよ3月。


本格的な春が待ち遠しいですね。


e0033713_16481402.jpg





e0033713_16503775.jpg









 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
# by michirudesu | 2017-02-28 16:53 | マロンな日常 | Comments(0)


今回はけっこうたくさん降りました。


e0033713_18172704.jpg


・・・て、何かわからないでしょうが、
これは私の車です。

約30センチくらいは積もったでしょうかね。
(もう溶けましたが・・・)


まだ春は遠い感じですね。








さて、先日のお出かけの時に、
例によってモンブランも食べてきましたよ。





まずは松尾大社近くの ワイズカフェ・ゼロ のモンブラン(381円)。




e0033713_18211411.jpg


寒空の下に何時間もたっていたり、
豆まきでもみくちゃにされたり・・の身体がほっと癒されるような
そんなアットホームな感じのカフェでした。


隣の席では女子高校生たちがおしゃべりに花を咲かせていましたよ。




e0033713_18212109.jpg



モンブランもそんな風に誰にも食べやすいお味。

甘さも程よい感じでさらっといただけました。









次は比較的新しいお店。



e0033713_18212892.jpg




アトリエ・ラ・トランキリテ の 和栗モンブラン(450円)。

お店は上京区、七本松通と仁和寺街道が交わるあたりにあります。





栗を前面に出した本格派。

甘さは控えめです。





e0033713_18473702.jpg









ここのお店のすぐ近く、ほとんどお隣にもケーキ屋さんがあるのです。




e0033713_18214185.jpg



菓子工房 凡蔵  の モンブラン(410円)。




e0033713_18214730.jpg




お店の名前はなぜか凡蔵(ぼんくら)っていいますが、
お味は決してボンクラではありません。


甘いことは甘いのだけれど、その甘さが涼やか。
食べていて心地よい甘さです。

土台部分にわずかにナッツの風味があるのも香ばしくって
栗クリームとほんとによく合っていました。














ついでだから、ほかに食べたものも載せてしまいましょう。




e0033713_19270166.jpg




節分だからと伊勢丹で予約した 下鴨茶寮 の巻きずし(1080円)。

味がくどくなくあっさりとしてる。
それでいて、中身ひとつひとつが丁寧に味付けされていて、
いろんな味が次から次へと楽しめます。
さすが料亭の巻きずしでありました。








続いて朝ごはんを二つ。

   いや、いっぺんに2食も朝食を食べたわけじゃなくて、
    ほら、2日間居たしさあ・・・






e0033713_19103061.jpg






e0033713_19284635.jpg







京都御苑の西、下立売通にある 喫茶茶の間 の モーニングA(450円)と、

京都駅にある たちばな の 朝うどん定食(460円)。






喫茶茶の間はカレーが有名なので、朝カレーがいただきたかったのだけれど、
朝のカレーは前日のカレーが残らないとダメなんだって。

うーん・・・残念。。







たちばなの方は、こりゃあいい!って感じ。

なんだかおなかが重たかったのにこれなら食べられる。

やっぱ、日本人にはお出汁とお醤油の味なんだなあ・・・
なんて、つくづく思いましたよ。








今回は寒ーい中に長時間さらされることが多いお出かけだったので、
あったかいものが身に沁みましたわ。。。。




     実は食べたものはまだある







 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
# by michirudesu | 2017-02-13 19:29 | マロンな日常 | Comments(0)

竹久夢二ってご存知でしょうか。


こういう絵を描く人・・・


e0033713_19450140.jpg

明治生まれ。

詳しくは こちら(WIKI)をどうぞ。





夜中の行事を見るために京都に宿泊した翌日、
彼のゆかりの場所などをたどってみましたよ。




まずは寓居跡。



e0033713_19483194.jpg



清水寺の近く、二年坂を降り始めたすぐのところにあります。

ただし、夢二はここにはわずか数か月しか住んでいないようで、
建物も何度も建て替えられているそうはありますが・・・



今は 港屋丹波黒 として夢二グッズやきんつばを売るお店になっています。




先の絵葉書もここで買わせてもらいました。

せっかくなのできんつばも購入。



e0033713_19582092.jpg



甘さ控えめでおいしかったです。








ここのお隣の甘味処かさぎやさんにも彼はよく通ったようで、
店内には夢二が描いた色紙がさりげなーーく飾ってありましたよ。



e0033713_19595790.jpg




やっぱりせっかくなので、おぜんざいをいただく。




e0033713_20053207.jpg





関東の方がこれをおしること間違われるようで、わざわざ『京都ぜんざい』という名前になっていましたが、
関西人のワタシからしたら、京都と断らなくても
これはぜんざい以外の何物でもないよなあ。。



火であぶられたお餅も香ばしく、小豆の甘みが疲れた体にしみわたるよう。

昔からの雰囲気そのままの店内はなぜか懐かしささえだだよっていて、
しかもお店の方がまた気どらなくて親切。

そりゃ、夢二も通いたくなるってもんです。
私だってまた来たい・・なんて思ってると、
『夏は氷もおいしいさかいにまた来てや。』だって。

もちろんあったかいメニューも夏も置いてあるそうで、
ほんと、また来たいと思いました。









さて、三寧坂の方にも行ってみましょう。

ここにも夢二カフェというところが・・・





e0033713_20103692.jpg






この建物は、約100年前につくられたもので、明治の起業家"松風嘉定"の邸宅です。
設計は、京都帝国大学建築学科の創設者、武田五一。





和洋折衷で、懐かしさと異国情緒が同居してるような感じ。



e0033713_20140837.jpg






e0033713_20152020.jpg



お店の店主のおじいさんが夢二と交流があったそうで、
生前に交わされた書簡なども残っています。





カフェのメニューもまるで夢二の画集のよう。




e0033713_20183535.jpg







またまたせっかくなので、黒蜜豆腐スイーツをいただきました。





e0033713_20192674.jpg






e0033713_20193049.jpg





豆腐をこんな風に食べたのは初めて。


この時点でお昼ご飯はすでに済ませていて、おなかがいっぱいだったのに、
あっさりしてるから、全部おいしく食べられました。








しかし竹久夢二って、
その作品からなんとなーく、女性を大事にするロマンチストのように思っていましたが、
その経歴を見てると、次から次へと女性を変えてるというか、なんというか・・・



うーん・・
そっちの意味でロマンチストであったのか。。。。。












おまけ・・・



カフェでこんなお財布も買っちゃった。。


e0033713_20235173.jpg




   にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by michirudesu | 2017-02-07 20:28 | 京都な日常 | Comments(0)

節分が過ぎて春がきましたね。
(まだ寒いけど・・)



ところで、
『京都は節分が面白い。』・・・・と、以前に言いましたよね。


覆面をした怪しい男がお寺をうろついたり(こちら)、
鬼がここぞとばかりに暴れまわったり(こちら)、
はたまた、平安時代さながらに鬼やらいの行事が行われたり(こちら)、
などなど・・・
市内のお寺や神社で本当にいろいろな行事が執り行われます。






で、今年も出かけてきましたよ。

今年はまず松尾大社へ。




e0033713_15200695.jpg





平安遷都の以前からある由緒正しい神社ですが、
(詳しくは こちら をどうぞ。)
今回の目的は、節分の日の午前中に行われる石見神楽(いわみかぐら)です。


石見神楽は島根県北部、石見地方の伝統芸能で、
演目のひとつ、出雲神話の主人公である素戔嗚尊(すさのおのみこと)が
松尾大社の祭神・大山咋神(おおやまぐいのかみ)の祖父だという縁で、
毎年奉納されているそうです。





まずはお清めの神楽。


e0033713_15265196.jpg





それから鬼退治の内容の演目がふたつ。





e0033713_15352746.jpg




いやあ、かっこいいのなんの!

全部で2時間もあると聞いてたから、
正直、退屈するんじゃないかと心配していましたが、
激しい舞は見ているだけでも目が回りそう。


戦いの場面なんて迫力満点で、熟練した殺陣を見るようでありました。






観客席から鬼が登場・・・なんて演出も。。


e0033713_15353508.jpg






そして最後は素戔嗚尊の大蛇退治のお話。




e0033713_15413270.jpg






中に人などいません・・・

・・じゃなくて、巨大な大蛇を一匹一人で操っています。




e0033713_15413892.jpg






苦戦の末に大蛇をとうとうやっつける素戔嗚尊。




e0033713_15430229.jpg




ホント、見ごたえがありました。

石見神楽のみなさん、簡単なものだと誤解していてすみませんでした。。。







午後は豆まき。

午前中の石見神楽の皆さんが演じてくださる鬼たちを・・・



e0033713_15543480.jpg



神主さんが豆をまいて追い払い・・・




e0033713_15554846.jpg


神事を行って・・・




e0033713_15565607.jpg




いよいよ豆がまかれます。



が、・・・・・




押すな押すなの大混乱で、とても写真など撮っていられませんでした。

それどころか、ほぼ最前列にいたワタシはマジで圧死するかと思った。。。


いやほんと、開運豆まきって怖ろしい。。。
  ていうか、どこが開運なんだか・・・






でも戦利品。




e0033713_16010835.jpg


白い袋の中身は・・・




e0033713_16014089.jpg



なので、全部開けたら結構な量のキャンディになりました。

松尾大社、ふとっぱらぁぁぁ!!




そういえば、午前中に買った福豆にくじもついていて、
こんなのが当たりましたよ。



e0033713_16041094.jpg


どう考えても私には要らなさそうなのだけれど、
誰か要りませんか???












さて、夜は吉田神社へ。



ここは、去年の節分の時には前日祭にお邪魔しましたね(こちら)。


今年は夜中に行われる火炉祭(かろさい)が目的です。





火炉祭は納められた古いお守りやお札に宿る神霊に元の御座までお還りいただく行事。


神事が行われ・・・




e0033713_16101795.jpg




いよいよ点火。





e0033713_16103229.jpg



こっちからも点火。



e0033713_16135292.jpg




結構すぐに燃え上がるんだなあ。。





e0033713_16151712.jpg






e0033713_16154248.jpg







・・・て、あちッ!




アチチチチチチッッッ・・・・!!!!



でもすごい人なので、熱くても後ろに下がるに下がれない。。。







e0033713_16164904.jpg






消防団の方々が火の様子を見張っててくださいますが、

火って怖いものなんだなあ・・・





火炉祭は夜11時からなので、
この日は朝から夜中まで1日中節分行事に浸っていたわけですが、
これでめでたく春がやってきてほしいものです。。。。









  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by michirudesu | 2017-02-05 16:32 | 京都な日常 | Comments(0)

先月のモンブラン


冬は寒い!!

・・・当然だけれど、まだまだ寒い日が続きますねぇ。
寒いのが大の苦手な私ですから、
モンブランを食べに出かけることもままならない日々なのです。





それでも少しは食べたんですよ。




e0033713_17082645.jpg





e0033713_17083874.jpg





上・・・新宿高野 モンブランプリン(519円)。

下・・・カフェメノレ モンブラン(ケーキセットで1080円)。



両方とも先日名古屋に行ったときに高島屋で出会いました。





中身はこんな感じ。




e0033713_17083223.jpg






















e0033713_17084225.jpg






















新宿高野の方はさすがにフルーツ店だけあって、
栗クリームの中に混ぜてあるベリーのお味がいいアクセント。

栗もめっちゃおいしい。




カフェメノレの方はどこかで見たモンブランだと思ったら、
名鉄百貨店地下のTIFFINのケーキなんだな。

中の生クリームにはほとんど甘さがないのだけれど、
全体を一緒にいただくと、ちょうどよい甘さになる。

組み合わせがよく考えられたモンブランだと思いました。






モンブランを食べるのなら秋から冬がいいと思うのだけれど、
最近昔ほどたくさん食べられない。

・・・などと言っているうちにもう2月です。


果たして今年は何個くらい食べられるのでしょうか。。。。








 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
# by michirudesu | 2017-02-01 17:31 | マロンな日常 | Comments(0)

性懲りもなく、こんなものを作りました。 




e0033713_17222703.jpg





下のお花部分アップ。






e0033713_17313277.jpg





天使さんたち。




e0033713_17312861.jpg









ダンナが、
『なんや、〇〇(息子)の結婚を記念して作ったんか??』って。




・・・て、誰が見てもそう思えますよね。

それか、ウェルカムボードか。。。。





でも違うんだよー。


e0033713_17375602.jpg


  手芸屋さんをうろついていたらこんな本を見つけて、
  
  作ってみたくなっただけなんです。



  そもそもこないだのリングピローも

  この本の中にあった作品を見て、

  ああ、ここにこう配置してリボンをつけたら・・

  なんて考えたらウズウズ、ほんとにやりたくなっただけのことで・・
  (言い訳たらたら。。)
   









はい、すみません。


今回のは息子たちには一切見せませんのでご安心を。




でも立体的な刺繍って面白いですね。






我ながらしつこいけれど、横のお花のアップ。。。。



e0033713_17313563.jpg









 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
# by michirudesu | 2017-01-31 17:55 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(1)

新年におめでたいお話。


こんなのを作りました。




e0033713_11165236.jpg


リングピロー。

立体のお花の花びらも一枚ずつ刺繍で手作りですよー。


・・・て、こんなのを作るっていうことは・・・







そうです!!

このたび、めでたく息子の結婚が決まりました。



e0033713_11300524.jpg
両家初顔合わせ
(全員に目隠しすると怪しすぎるのでボケさせた写真ですみませんね。)





あんな頼りない息子と一緒になってくださるという娘さんがいるなんて、
ホントにありがたいことです。

それも穏やかなご家族のいい娘さんで、ほんとよかった。



お式の日取りや新居なんかもポンポンっと決まって、
おめでたいことこの上なしです。



これから春になるのが楽しみだなあ。











で、あのリングピローですが・・・

うちの娘とご近所さんから大ブーイングの嵐!!


いわく、『そんなんを姑がつくったら怖いわ!』

いわく、『お嫁さんのことに口を出したらあかん!!』

いわく、『姑さんから言われたら断れへんわ!』

などなど・・・・・





ひーん・・
針金を入れて刺繍をしてから切り離す・・っていうスタンプワークというらしいんだけど、
それをやってみたかっただけなんだよぉ~~~。。。。



すみませんでした。

お渡しするかどうかは息子とよく相談します。。。。








未練がましくお花部分のアップ・・・



e0033713_11524761.jpg







[PR]
# by michirudesu | 2017-01-14 11:54 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

  

e0033713_09270985.jpg



まだまだいろいろなことに挑戦してみたい・・という好奇心は旺盛なものの、
体力がそれについていかない。

そんなジレンマを感じるこの頃ではありますが、
まあ今年もほどほどに全力で頑張っていきたいと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。









・・・・というわけで、新年早々ではありますが、
昨年一年間に食べたモンブランをここにまとめておきたいと思います。

よかったら全画面にしてご覧くださいませ。
(音が出るのでパソコンの音量にはご注意ください。)


    昨年末にupするつもりで作ったので、
    最後が年末のごあいさつになっているのもお許しを。。。。。














ムービーに登場しながら、
去年更新をさぼっていたので、詳細がまとめられていなかったモンブランはこちら。




e0033713_09371232.jpg





e0033713_09372100.jpg





京都 丸太町通りから寺町通りを少し下がって、竹屋町通りに入ったあたり、
アサンブラージュ・カキモト の モンブラン(648円)。

濃ーい栗クリームの中に、ほんのぉぉぉりと感じる柑橘系の香り。

たっぷりとした生クリームやチョココーティングのメレンゲ土台は、
甘いのに甘くない(意味不明)。

甘さをちゃんと感じるのに、全くしつこくないっていうか・・・


このモンブランは旨かった。。。













e0033713_09373379.jpg





e0033713_09374055.jpg

二条寺町にある パティスリー・ドゥ・ジェニアル のモンブラン(450円)。

小ぶりでお味も食べやすいモンブランでした。









それから、次はこちらも寺町通、夷川あたりにある
シェラメール の 和栗のモンブラン(650円)。




e0033713_09513633.jpg





e0033713_09514133.jpg



ここは『お菓子の木』っていう、フルーツが山ほど入ったロールケーキが有名なお店。

町のケーキ屋さんって感じの親しみやすいお店ですが、
中でいただくモンブランも程よい甘さが身体に溶け込んでいくようです。
なんだかほっとするような癒しのお味でした。











で、最後がこちら。
持ち歩いたため形が崩れてしまって申し訳ない。



e0033713_09553579.jpg



e0033713_09554239.jpg







イタリア菓子コロンボ。 


二条寺町の近くにあります。


ここはイタリア菓子屋さんと言っておられるので、
モンブランの名前もモンテビアンコっていうイタリア風のお名前。



本当は真っ白でとってもきれいなモンブランです。

白いせいか甘そうに見えるけれど、思ったよりも甘さは控えめで栗の感じが濃い。









2016年に食べたモンブランは全部で37個でした。

ちょっと少なかったですね。



ちなみに今までに食べたモンブランは  こちら  からどうぞ。








にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
# by michirudesu | 2017-01-02 10:15 | マロンな日常 | Comments(0)