秋の京都 平安京の陰編

京都は神社仏閣に景観美、それに史跡の宝庫です。
何度行っても、何日滞在しても行きたい場所が尽きることはありません。
あてなく片っ端から見て回るという手もありますが、
春まで文学部史学科に籍を置き平安時代オタクだったおねえちゃんの影響で
いつも平安時代に関連した史跡を訪ねることにしています。



今回たくさんの観光客の皆さんと一緒に市バスを降りたのは“清水道(きよみずみち)”の停留所。
当然のように清水寺へと向かう皆さんとは反対方向に進んだところにこのお寺はありました。



e0033713_17342783.jpg




六道珍皇寺



優美で雅な(と、思われている)平安時代にも
当然人々の死は訪れます。
このお寺のあたりは六道の辻と呼ばれ、
この世とあの世の境目とされていました。

ここあたりから清水寺の東に人々は、
風葬というか死体を棄てたというか・・
平安の人々にとってはここから先はもうあの世の領域だったのですね。



e0033713_17422488.jpg





六道珍皇寺の本堂の奥には地獄とつながっているとされる井戸もあります。


e0033713_17454480.jpg



普段はちっこい窓から見るだけで近寄らせてくれないから
カメラで無理やりアップにしてみましょう。


e0033713_17503694.jpg





この井戸を使ってこの世と地獄を行き来し、
時の朝廷と閻魔大王の両方に仕えたと言われるのがこのお方


e0033713_17521939.jpg



小野篁(おののたかむら)卿

前に訪れた清明神社の安倍の清明とは物語の中では敵役に描かれることが多いこの方は
変わりもので通っていた人でもあるようですよ。

遣唐使に選ばれながらその制度を非難するような詩をよんで
流罪にされた人でもあります。
百人一首にある

“わたの原 八十島かけて漕ぎ出でぬと 
   ひとには告げよ あまのつり船”

はその時に詠まれた歌だそうです。




こちらが地獄の閻魔さま


e0033713_1812020.jpg



こちらも同じお堂の中に篁さんと並んで安置してありますが、
ふたつとも普段はちっこい穴からしか見られません。

間近で拝見したい場合はお盆の時期の公開の時に来るしかありませんね。



e0033713_1844943.jpg




でも、お盆の時にはご先祖様を迎えるため、
あの世にまで聞こえるというこの鐘を突くために
京の人々が列をなします。

日常の中に信仰が溶け込んだ人たちの行いを
観光気分で邪魔をするのは控えたいものです。







e0033713_1810984.jpg




六道の辻には亡くなった女の人が残した子どものために飴を買いに通ったという
幽霊子育飴を売るお店があります。


e0033713_18125198.jpg




飴はお砂糖を溶かして固めただけ・・というべっ甲飴風の素朴なお味。
子育てではなく、
増えた体重を何とか減らそうとするわたしが
食事を我慢する時のなぐさめになりましたとさ。








e0033713_18153029.jpg




六道珍皇子のすぐそばには、これまた平安時代からつづく六波羅蜜寺があります。

ここは社会の教科書でもおなじみの空也上人の像が(ウィキ)あります。

この日秘仏の観音様もちょうど公開中。

その他国宝、重文さまざま、ゆっくり鑑賞させていただきました。
(撮影禁止)






陰陽道に支えられた平安京。


疫病、天変地異、気候変動・・
その頃の人々には今よりもこの世は恐ろしいもので満ち満ちていたことでしょう。


陰の部分の平安京には
人々の切実な平穏な毎日への祈りと願いを感じます。





           京都まだつづく・・・かも




にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
Commented by bera-sakuraebi at 2009-12-06 15:21
奈良京都辺りには未だ魑魅魍魎が住んでいるような気がします。
それだけ人の思い、歴史が濃いってことなんでしょう。
「辻」はバンマサ(おくさま風)も岩志麻も書いてますよね。
古くは死体を風葬にした、と。
日暮れたら「辻」に近付いちゃならん、と。
そんなこと言われたら余計に近付きたくなっちゃうぢゃんか、って思いつつ(^^;
それにしても湖知流さん、京都が身近でいいですね。
Commented by michirudesu at 2009-12-07 09:02
bera-sakuraebiさん
京都は陽にも陰にも見どころいっぱい、絵になるところいっぱいです。
何度行っても行きたいところがなくなりませんね。
(近くでよかったよ^^)
でも住んでる人には日常の生活の場なんですよねぇ。
普段の生活の中に平安時代からの歴史が溶け込んでるって
なんかすごい。
Commented by marine_32 at 2009-12-07 14:52
六波羅蜜寺の屋根の模様って韓国のそれと似てるなぁって思いました。
よく見るとやっぱり模様とか違うんだよね^^;
でも何となく色合いは似てますw
Commented by michirudesu at 2009-12-08 08:34
marine_32さん
はいはい、わたしもなんか韓国っぽいなあって思いました。
今のこの本堂がいつ作られたのかは知りませんが、
なんだかつながりを感じてしまいますね。
by michirudesu | 2009-12-05 18:28 | 京都な日常 | Comments(4)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30