紅葉萌える秋の京都

    

行楽シーズン真っただ中なのか、
ふと気がつけば、こちらも こちらも ご旅行中じゃありませんか。
それも飛行機で・・・

こちらも パスポートがどうとか言っておられたし、いいなあ・・・


ふふふ~んだ!
いいもんね、いいもんね、
私だって行っちゃうもんねっ!!
   すぐ近くだけど。。。






というわけで、京都です。

e0033713_17113859.jpg




ご覧ください。

京都という街は、堀川通りにしても白川通りにしても
街路樹に広葉樹を使っておられます。

それらが一斉に紅葉する上に、
町のあちこちに点在する神社やお寺の木々も負けずに紅葉するので、
写真で見ると、街中が色付いているようです。

そんな京都を奥嵯峨から嵐山までと、
南禅寺、永観堂あたりを二日間にわたって歩きまわってまいりました。










あだしの念仏寺

e0033713_17175080.jpg







常寂光寺

e0033713_17202740.jpg





嵐山・嵯峨野を訪れる際には、
最初にあだしのまで上がってしまって
そこから名所を巡りながら降りてくるのが正解です。

反対だと全部登り道になってたーいへん。
それに念仏寺辺りに朝早めに行けるので人が少なくて
諸行無常感に浸れます。


常寂光寺のあたりになると、人、ヒト、ひとの人だらけ!
大混雑で風情もなにも、アナタ・・・



絶好の撮影ポイントで観光客が写りこまないように・・と思って待ってみても、
人が途切れる間なんてありません。
待ってるうちにイライラしてきたりして、
悟りだ、無常感だ、などと言ってたのはだれ?!って感じ。

あんっ、もうっ!はやくどいてよっ!!
とか思ってフト後ろを見ると、自分もそう思われてたりして、

あ、オマエがどけってか・・・すみません。。
というていたらく。









そんな人間の大騒ぎをよそに、
紅葉はただ、ただ美しい。


e0033713_17332315.jpg














南禅寺

e0033713_17212441.jpg









永観堂

e0033713_17384373.jpg




はい、もう言葉が出てきません。


あとは例によってデジブックにまとめましたので、
よかったらご覧ください。

   こちらからどうぞ


   嫌がらせかと思うほど長いのでお暇なときにどうぞ。
   パソコンの音量にご注意を。
   できればフル画面で見てね。











今回の京都の旅、
紅葉の他にもうひとつ目的があったのだよ、じつは。
それも、ケーキじゃなくてさあ・・・。





にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
Commented by osashin-chiroru at 2010-11-26 06:49
パワフルに「京都の紅葉制覇」!!!といった感じですね。
私は化野さんよりもう少しうえにある、もう一つの
念仏寺「愛宕念仏寺」で撮ってきました。一応「穴場」
という設定なんですが、10時も過ぎると嵯峨野巡りの
観光客で人と車がエラいことになりました。ちろる夫婦は
7時半から現地入して、無人の景色写真が撮れましたが。
早起きは三文の得とはまさにこのこと(笑)

お腹いっぱい紅葉を頂きました。
Commented by michirudesu at 2010-11-26 09:21
ちろる師匠
見ていただいてありがとうございます。
愛宕念仏寺の写真も拝見しましたよー。
7時半現地とは!!
いったいいつ家を出られたことやら・・。
でもさすがに、なんというか息をのむ美しさでした。

そのあと、もう一度自分のブログに戻ってみると、
あまりの質の差に落ち込みますわ。
それもこれもカメラの差・・・
ということにしてしまいたい!!!
Commented by sorade-su at 2010-11-26 13:04
この時期の京都は最高じゃないですかーーー!!
今年もまた行きそびれてしまいました。
飛行機乗って北へ行ってたから仕方ないですけど^^

その分デジブックでしっかり堪能させていただきましたよ。
私も以前、紅葉の時期に嵯峨野駅~大覚寺~念仏寺~常寂光寺~祇王寺~天龍寺~嵐山
のコースを1日かけて歩いてまわったことがあります。
ざっと9時間・・・股関節炎症をおこしました。
あげく、その年に限って紅葉が遅れていて、青々としている風景でした(涙
翌日は、痛い足を引きずって、永観堂も南禅寺にも行ったんですが、こちらも青々・・・。
紅葉、こんなに素晴らしいんですねぇ!!
Commented by pinko_okusama at 2010-11-26 22:57
京都の秋、きれいですね。すごくいいお写真に見惚れてしまいました。
若かりし頃、南禅寺あたりをぶらぶらしたんですが、今から思えばいつも
真夏ごろでした。若いころは何度も京都へは行ったんですがそのころは
若さを発散させただけの京都でしたので今になって京都の秋をもっと
しっとりと楽しんでおけばよかったなと思いました。が、湖知流さんの
お写真で楽しませていただけました。

ケーキじゃなくて、もう一つの目的、それが何だったのか・・・
楽しみにしています^^
Commented by れいち at 2010-11-27 01:18 x
パスポート、せっかく取得したので、
持参で行って来ましたよ、わたしも京都。
(ちょっと嘘です、すみません)
わたしは湖知流さんとは位置的に逆の東福寺です。
紅葉狩りと言うより、人波を見てきました。
写真にはぜ~んぶ人が写っています。
次の日、新聞に東福寺の写真が載っていました。

>紅葉の他にもうひとつ目的があったのだよ、じつは。
はっは~ん、人に会ったのですね?
それもちょっとワケアリの。。。ふふふ。
Commented by さくらえび蔵 at 2010-11-27 23:21 x
ザ・日本の秋!
遅ればせながら拝見させて頂きました。
やはりいいですね、風情という言葉がぴったりです。
日本人の繊細な感覚はこんな風景から生まれているのかもしれませんね。
スーツケースなんか持たなくたって近くにこんなに素晴らしい光景が見られるんですもの、羨ましいです。

で、もうひとつの目的って何さ?(笑)
Commented by chacha-tida at 2010-11-29 09:46
晩秋の京都、堪能させていただきました。
昨年、私も行ったのですが年老いた父が一緒だったので
迷子にならないかと、心配で。。。
もう少し年を重ねたら、ひとりで行きたいです。ハイ

人を写り込まないコツは、早朝なんですね。
で、カメラもいいものを(爆)

もうひとつのお楽しみって気になるんですが。。。
Commented by michirudesu at 2010-12-01 17:20
sorade-suさん
はーい、この時期の京都は最高でした^^
ほとんど同じコースを回られたことがあるようですね。
その時に紅葉がまだたったとは、なんとも残念なことです。
またいつかリベンジしてくださいね。
あ、その時は最初にバスで念仏寺まで上がってしまって
降りてきながら回ると行程が全部下り坂になって、
嵐山から登っていくより楽ですよ^^

しかし、翌日の行程まで同じとは・・
なんだか他人とは思えませんわ^^
Commented by michirudesu at 2010-12-01 17:23
pinko_okusamaさん
京都は春か秋がいいですね。
(夏はものすごく暑いし^^;)
でもこの頃、春の桜の派手さより秋の紅葉の方がよく思えてきました。
やっぱりこれも歳のせいでしょうか。。。
いやいや、いやいや、
しっとりとした美がわかるようになったのだと思いたい。。
(とかいいながら食い気の方もしっかり^^)
Commented by michirudesu at 2010-12-01 17:31
れいちさん
東福寺もいいよねぇ、紅葉がすごく綺麗で。
まあ嵯峨野に負けず劣らず、人が多いと思うけれど・・。
この時期はしかたないやねぇ。

わけありの人と会う??
うんうん、会ってきたわ、
しょせん私たちはお金だけのお付き合いなのね・・
どうせアナタは私のお金だけが魅力なんでしょ!!
・・とわけありのお・と・こと修羅場を演じてきましたわよ・・・     





息子だけど。。 
で、そんなヤツはほおっておいて娘とお食事さ^^  
Commented by michirudesu at 2010-12-01 17:33
さくらえび蔵さん
うんうん、スーツケースもたなくってもさ、
素敵な風景には巡り合える
・・・
・・・
でも、ワタシも外国に出かけてみたい!!!
いいなあ、さくらえびさんは。
私にはチャンスの女神はやってこないぞよ。
Commented by michirudesu at 2010-12-01 17:38
chacha-tidaさん
おとうさまを連れてあの人の多さだと大変だったでしょうね。
でもきっと喜ばれたと思いますよ。
だって一度見たら忘れられないような美しさだもの。
それに娘に連れて行ってもらうなんて格別だし、
いい思い出にされたと思います。

京都は女が一人でふらふらしてても変じゃないから好き。
またいつか一人旅ができるといいですね。
いいカメラをもって(笑)
by michirudesu | 2010-11-25 17:46 | 京都な日常 | Comments(12)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31