京都の陽 

肌寒い日もあるというものの、
過ごしやすい日も増えて、だんだんと春めいてきたこの頃、
陽気に誘われてお出かけをしてきました。


e0033713_94579.jpg




京都、梅宮大社


日本最古の酒造の神様だそうですが、
梅宮というだけあって、お庭には梅の木がたくさんあります。


e0033713_971170.jpg



e0033713_972446.jpg




でも残念ながら、まだちらほら。

早咲きの梅はさいていましたが、
見頃はまだこれからのようです。


あとは こちら でご覧ください。

  今回はそんなに多くありませんが、例によって音に注意です。
(視聴期間3月25日まで)







さて、今回は京福電鉄っていう電車に乗ってみましたよ。

通称“嵐電(らんでん)”

電車オタクの息子の影響モロに受け、
どうせ乗るなら全線を・・
と、わざわざ嵐山まで出かけての乗車です。



今の時期だけ、こんな風な車両の梅電車が走っています。

e0033713_9115737.jpg



e0033713_9134911.jpg


なんだか、おめでたい模様の電車。








一日乗車券(500円)を活用して向かったのは、

車折神社(くるまざき神社)です。

こちらは裏口、いや裏門・・、いや、なんていうんだろ、
・・・裏の参道です。

e0033713_9203693.jpg



ご本殿はこちら

e0033713_9234037.jpg


後嵯峨天皇が遊幸の際、この神社の前で突然車が前に進まなくなってしまい、
不思議に思って社の者に聞いた際に、頼業公を祀っているということを知り、
「車折大明神」の神号と正一位の神階を贈ったとされています。


e0033713_9323843.jpg



お願い事がある方は『祈念石』というのを貰って帰り、
願いがかなったら境内の頤使にお礼を書いてお返しするそうで、
こんなに石がいっぱい。

たくさんのおねがいがかなったんだなあ・・




そうそう、清少納言を祀った社もあって、
平安時代オタクとしては見逃せないところです。

e0033713_937339.jpg







車折神社の参道は、今の時期、ほとんど人がいない。


e0033713_943675.jpg



e0033713_943249.jpg



静かでひっそりとした風情か大変に心地いい。

木々の葉ずれの音だけが、
さわさわ、さわさわと聞こえておりました。












参道といえば、途中にこんな神社もあるのです。


e0033713_9471684.jpg



芸能神社。



お願いに来た芸能人の方のお名前がずら~~~っと!


e0033713_953273.jpg



・・・芸能人の方も大変だわ。。。







本格的な春の訪れを待つ京都。
華やかな季節が近いですが

光あるところに影がある

次のスポットは陰の京都ともいえ…  (つづく)
[PR]
by michirudesu | 2011-02-28 09:59 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30