宇治 リベンジ!!

源氏物語 宇治拾帖編。


それはあの光輝く君と呼ばれた本編の主役、光源氏の死後、
後日譚のような形として描かれます。


こちらの方の主役は匂宮(におうのみや)と薫君(かおるのきみ)


e0033713_20121764.jpg

                          大和和紀 あさきゆめみし より



匂宮(右)は時の天皇と光源氏の娘との間にできた皇子(光源氏の孫)
薫君(左)は光源氏が晩年に迎えた正妻が生んだ子(光源氏の息子とされるが実は正妻と別の男との子ども)


かたや万事慎重で控えめ(薫君)、かたや明るくて奔放(匂宮)な
ふたりのチョーイケ面が恋をはりあう物語なのです。
あら?
少女漫画でよく聞くような設定だわ。

・・ていうか、現代の少女漫画によくある設定は、
なんと千年前に既に描かれていたのですねぇ・・






さて、ある日、
薫は宇治でふとしたことから
めっちゃ美人の姉妹をみつけます。


e0033713_20232288.jpg




彼女たちは隠遁生活を送る先帝の八の宮の娘たち。

薫は姉妹の中でもとくに姉の方に強く心をひかれ、
いろいろとモーションをかけるのですが、
全く色よい返事は得られません。


そうこうしているうちに匂宮が美人姉妹のことを嗅ぎつけ
彼は姉妹に合わせろと薫に強く迫ります。



e0033713_20501528.jpg
                         宇治上神社(姉妹の住まいがあったあたりとされる)




薫のモーションに逃れられなくなりそうだと感じた姉は
薫がやってくるという夜、姉妹の寝室をひとりだけぬけだし、
あろうことか妹と添わせようとし、

薫の方は薫の方でちょうどその夜は
自分の代わりに匂宮を彼女の寝室に向かわせており、
(・・・て、どうよ、この展開!!)




というわけで妹姫と匂宮は結ばれるのです。


e0033713_20323351.jpg






けれども皇太子である匂宮は妹姫を愛してはいるものの、
その身分ゆえ軽々しく通うわけにはいかず、
おまけに彼の母親はさんざんふたりの邪魔をし・・・



恋しい人となかなか会えずに苦しむ妹の姿に心を痛めた姉は、
心労がたたってか、はかなく亡くなってしまうのでした。


e0033713_20375012.jpg





悲しんだのは薫。

自分の出生の秘密も知った彼は悲しみと失意の中で日々を送るのですが、
ある時、妹姫から宇治に姉とそっくりの姫がいるということを聞くのです。





さっそく姫を探しに宇治にでかけた薫は、
浮船(うきふね)という名のその姫に一目ぼれ。


e0033713_20575658.jpg






けれど、折しも薫には帝の娘を正妻に迎える話が進んでおり、
なかなか浮船を京に連れてくることができません。



そうこうしているうちに匂宮が浮船のことを嗅ぎつけ(またかい!)
なんと、匂宮は強引に浮船をモノにしてしまいます。
(またまたどうよ、この展開!)




e0033713_2171940.jpg




2人の男の間でそれこそ浮船のように揺れる彼女。

どちらの男だけとも決められず、翻弄される彼女は思い余って、
とうとう冷たい宇治川へと身を投げるのでありました。



e0033713_2192968.jpg
  
                            宇治上神社のご神木





それを知った薫のどんなに悲しんだことか・・・

匂宮も失意のあまり女遍歴がますます激しくなる始末(・・てアンタ!)




e0033713_21161921.jpg





ところが浮船は瀕死のところを助けられて生きていたのです。


さっそく会いに行こうとする薫。



e0033713_21211711.jpg








けれど既に得度をしていた浮船は、
彼に会うことを拒み、
見仏の弟子として生きることを誓うのです。

(絵 大和和紀 あさきゆめみし より)









浮船はいつか“夢の浮き橋”を渡って
御仏のもとで薫と静かに手をとりあえる日を夢見て
凛として生きていくのでありました。



e0033713_21304798.jpg
  
                         こちら現代の宇治橋(夢の浮き橋)







やれやれ・・・

こないだ訪ねられなかった源氏物語を訪ねて再び宇治に行ってきましたよ。

宇治はさくら満開!!



源氏物語 宇治拾帖編のストーリーとともに
撮ってきたさくらの写真を載せさせていただきました。





この宇治拾帖編、
なんだか展開が唐突というか、
本編より雑な気がするせいか、
紫式部作ではないとする学者さえいるようですね。





けれど宇治市はそんな説などとり合ってもおられないようです。

橋のたもとにこんな像もありますしね・・


e0033713_2150143.jpg





さて、
おまけといってはナンですが、

こんなお写真もありますのよ・・・




源氏物語ミュージアムで撮ってきたワタクシよ、
ほほほほ・・・・
(コンピューター合成)


e0033713_21392956.jpg








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
Commented by べら・シーベルト at 2011-04-14 23:13 x
見たッ!!
湖知流姫を見たぞ!!
何と可憐で華奢で初々しいことよ。
とてもマロン蒐集家には見えませぬ。

いやいや、二人のお子の母とは思えませんよ、まぢで。
Commented by michirudesu at 2011-04-21 18:25
べら・シーベルトさん
シーベルトを一瞬シーボルトと空見し、
いつから医者に??と思った私です。

みたな、みたな!!
これを見たものは一年以内に・・・
などということはなく
即座にほめ言葉を強要されるという刑が待っております。

ま、ほとんど全部コンピューターの元の画面だしさあ。。。
by michirudesu | 2011-04-12 21:40 | 京都な日常 | Comments(2)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30