四畳半神話・王国を巡る旅 おまけ

京都の街を小説やアニメの現場を求めて歩き回る・・・

無理やりご飯に付き合わされた息子は
「聖地巡礼やな。」なんて申しておりましたが、
まあ、そこまでオタクなわけじゃない。

単に暇なだけと申しますか・・・






でも、せっかく京都にいるのだからモンブランを食べない手はない

というわけで、先述の三条リプトンの他にも、
しっかり巡礼してまいりました。




e0033713_98153.jpg




桂月堂さん 栗のケーキ


ここはなんと明治13年の創業だそうですよ。


「異人の食べ物を食べるなんてとんでもない!!」
の時代の欧風菓子店として苦労されたようです。
       詳しくは京都新聞の こちら をご覧ください。




e0033713_9164616.jpg

(写真 京都新聞)

本当に和菓子店のような店先。

普通ケーキ屋さんのケーキには、なんとかショコラだとか、クレームなんとか・・だとか、
カッコイイ名前が付いているものですが、
ここのショーケースに並ぶケーキに名前はありません。

ただ、値札があるだけ!





ケーキはバタークリームが使ってあるので、
ほぼ半日持ち歩いたのに形がほとんど崩れていません。
(保冷剤とガードの仕切りを入れて箱に詰め・・なんていうことは一切ありません。
そのまま紙袋にポン!)


バタークリームってどうなんだろう・・と思いましたが、
どうしてどうして。
とっても爽やかな感じです。

クリームに少し珈琲か何かの苦みを効かせてあるので全然くどくない。

横にアーモンドが張り付いているところも
ああ、昔のケーキはこんなだったな・・と思いだしましたが、
それがなんとクリームに合っていることか!!

昔懐かしい感じが漂うのに、なぜかめっちゃ斬新!!
そんな風なケーキでした。








ここはブランデーケーキもおいしいらしいので、それもお買い上げ。

こんな風に1個ずつ包まれています。


e0033713_9303390.jpg





中はめっちゃしっとり。


e0033713_9314232.jpg



下の方はぐっしょりしてくるほどブランデーを効かせたシロップがたっぷり。

なんか、贅沢な気分になるケーキです。








それからこんなお菓子もありました。


e0033713_933262.jpg



記念ってあるので、何の記念か思ったら、
昭和天皇の即位の記念だとか。



e0033713_9341483.jpg




ロールケーキにシュー生地を巻き込んであるようです。

スポンジ部分のふわふわ感とシューの部分のフワパリ感、
そして甘さとほんの少しのしょっぱさがたまりません。



・・ていうか、
今でこそシュー皮を外側に巻いたロールケーキはよく見かけますが、
昭和の初めにこれですか!!


なんという新しさでしょう。


伝統の上にあぐらをかくのではなく、
それでいて現代に媚びるのではなく・・・

私はすっかりファンになってしまいました。





            桂月堂     栗のケーキ ブランデーケーキ 各250円
                    瑞宝 180円
















e0033713_94165.jpg



さて、古風なケーキとはうって変わって、
こちらは、めっちゃ現代風。



レーブドゥドゥさん の ドゥっていうケーキです。



ここは以前、京大付属病院の近くにあった時にお店を探しまわり、
そちらは閉店されていてがっかりしたという経験のあるお店。

出町柳にあたらしくオープンされたようです。






e0033713_9451876.jpg



このケーキ、チョコで覆われた中にチョコクリーム。

結構濃厚で、ワタシ的には大満足なところへもってきて、
さらにお餅が出てくるという意外な驚き。


それからクッキーとチョコクリームの間に、
爽やか感のあるクリームが少し挟まっているのだけれど、
それがめっちゃいいアクセント!!


甘くて涼やかなこのクリーム、何のクリームなんだろ?
ものすごーーーく親近感があるお味なんだけれど、
どーしても思いだせない・・

よぉーく知ってる味なのにぃ・・・

・・と呻吟したあげく、

あっ、バナナだ!!





なんていう一幕もありましたが、
部分部分がおいしい、組み合わせて食べてもまたおいしい、

見た目のかわいさでお子ちゃま向きか?・・とあなどっているととんでもない!!
そんな意外性も含めて
いろんな意味で意外性たっぷりのケーキでありました。






                 レーブドゥドゥ Duex(ドゥー)  520円














最後は、京都大学近くの 関西日仏学館 っていうところの中にあるカフェです。




こちらがその関西日仏学館 の建物。
なんだかステキ。


e0033713_100428.jpg




カフェの名前は、そのまんま。  ル・カフェ







e0033713_10386.jpg




洋ナシのベルエレーヌ と 紅茶。


そう、ここではあのマリアージュフレールの紅茶がいただけるんです。


河原町通りのお店では、紅茶のフレーバーについて立て板に水のごとく説明してもらえましたが、
こちら 参照)
ここの店員さんは、
「どんなフレーバーかと言われましても、説明しにくくて・・・」
って言って、実物の葉っぱをいろいろと持ってきてくれました。



で、いただいたのは『カブキ』という名前のお茶。
さすが、日仏の交流を目的に・・という場所ですわ。




めっちゃいい香り。
胸の奥まで吸い込みたくなってしまいます。

紅茶を飲む前に香りだけで十分においしい。




洋なしの方も、チョコはいらないんじゃ?と一瞬思うものの、
アイスと一緒に食べるとホントに爽やか。

癒し系の香り高い紅茶とみずみずしい果物で、
身体の中まで洗われていくようでした。





                


                 ル・カフェ  洋なしのベルエレーヌ 500円
                        フレーバーティ カブキ 500円
















さて、森見登見彦さんの小説ゆかりの地をまわるという
ヒマとしか言いようのない旅をしていた今回ですが、
こうやって見てみるとやたら食べてたような気もします。

実際、30分に1回くらいお茶してたかも。。。







でも訪れたところは梅雨の合間ということもあって緑がまぶしいよう。

下鴨神社の糺の森などは、怖いくらいの緑でありました。



おしまいにそんな糺の森の写真をどうぞ。



e0033713_10271768.jpg






e0033713_10272831.jpg






e0033713_10291025.jpg















あ、そうそう、
四畳半神話の地を巡って京大近くまで行っているのに吉田神社がないと思われたアナタ、

吉田神社といえば・・



吉田神社といえば、合格祈願すれば必ず落ちるといわれるほどに霊験あらたかな神社である。
毎年多くの高校生大学生が誤って合格祈願をしては浪人留年の憂き目に遭い、
およそ琵琶湖半杯分の苦い涙を流してきたという。
(四畳半神話体系 四畳半自虐的代理代理戦争)



の場所。




ワタシはお姉ちゃんの受験の時から近づかないようにしているのだよ。

息子が無事卒業するまでは、くわばら、くわばら・・・・







にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
Commented by marine_32 at 2011-06-20 15:39
ご無沙汰しております(・ω・;A)フキフキ
京都巡礼。いいですね。
しかも小説やアニメの現場巡りでしょう?
京都は見どころも多いし、ドラマも、小説にもアニメにも使われることが多いですもんね。

私はやっぱり韓流ドラマのロケ地巡りがしたいです(苦笑)
先月行った神戸。あちらもロケ地になってたりで、ちょっとうれしかったなぁ。
とにかく韓流にどっぷりなんで(苦笑)

この時間に湖知流さんのところでケーキ見ちゃうもんだから食べたくなったわ^^;
Commented by michirudesu at 2011-07-04 09:59
marine_32さん
こちらこそご無沙汰ばかりですみません。
韓国、いいですよねぇ。。
ドラマにはまるとそれのゆかりの地をめぐりたくなりません??
なんども韓国にいかれるまりんさんのことだから、
いずれ韓流ドラマを巡る旅・・なんていうのも期待していますよ^^
by michirudesu | 2011-06-20 10:38 | マロンな日常 | Comments(2)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30