6月の読書・・・とモンブラン

e0033713_17403859.jpg



三谷幸喜のありふれた生活9 さらば友よ(三谷幸喜)
ばらばら死体の夜(桜庭 一樹)
許されざる花嫁(赤川 次郎)
いとま申して―『童話』の人びと(北村薫)
天狗小僧魔境異聞(坂東 眞砂子)
おかえり。5ねんぶりの生協の白石さん(白石昌則)
密室に向かって撃て!(東川 篤哉)
京都四条通り殺人事件(木谷 恭介)
六条御息所 源氏がたり 一、光の章(林 真理子)
六条御息所 源氏がたり 二、華の章( 〃 )
三姉妹と忘れじの面影 三姉妹探偵団22(赤川次郎)
京都五芒星殺人物語(秋月 達郎)





最近月日のたつのが大変に早く、
6月初旬に読んだ本などは、なんだか遠い昔の話のようで記憶のかなたでございます。


そんなわけで印象に残ったといえば、



六条御息所 源氏がたり(林 真理子)くらいでしょうか。

  源氏物語は読むたびにややこしすぎて投げだすこと3回(漫画を!)。
  やっと話の内容が少し頭に入ったところでこの本を読んでみました。
  いろんな解釈を読むたびに印象がかわって、
  それもまた面白いです。




その他の本の感想は こちら





e0033713_17574082.jpg





コミックはこれだけ。



魔探偵ロキ5~7(木下 さくら)
桜蘭高校ホスト部16、17(葉鳥 ビスコ)
光とともに―自閉症児を抱えて13~15(戸部 けいこ)
3月のライオン5(羽海野 チカ)
大奥1~3(よしなが ふみ)





大奥(よしなが ふみ)  
  江戸時代初期、男子だけが罹るという悪性の流行り病で男の人数だけが激減。
  世の中のすべては女が動かすこととなり・・・。
  将軍様も女。
  なら当然大奥は、美形の男が将軍の寵愛を競う世界なのだぁ・・・







e0033713_1759432.jpg





本の話なのに合間合間になにゆえモンブランの写真かって???


いや、これもまたずいぶん前に食べたままほおっておいたもので・・






上 滋賀県草津市 コンディトライアキヤマ のモンブラン

真ん中と下 京都市伏見区 山崎屋パイ&カステーラ のモンブラン栗餡糸山のタルト




アキヤマ

  チョコのスポンジにほんのり苦みがあって、
  それが栗のクリームととってもよく合っていました。
  ムースになっていて甘さ控えめなので大人のモンブランって感じでした。





                           モンブラン  315円






山崎屋

  ここのケーキはどれも海のようなソースに使っています。
  以前に四角いモンブランをいただきましたね。(こちら

  アーモンド風味のソースとミルク風味のソース
  ほんのりとした甘さが好ましいです。
  カステラの中にツブツブを感じる時があり、
  ソースと組み合わせていろいろな味や食感が楽しめるモンブランでした。



                         モンブラン栗餡糸山のタルト  680円







にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2011-07-02 18:16 | マロンな日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31