スイーツ イン 京都

台風は通り過ぎたけれども滋賀県北部はなんだかはっきりしないお天気です。

でもエアコンが要らない。    
長袖じゃないと寒いくらい。

どうやら台風さんが本格的な秋を連れてきたようです。





さて、先日京都へ行っていたのは、
レトロな小学校を見学するためでもありましたが、
午前中はこのため・・


e0033713_15292144.jpg




そう、会期終了間近の京都市美術館 フェルメールからのラブレター展


美しい青い色はラピスラズリの色だそうで、
その色が修復によって鮮やかによみがえってから初のお目見え。


夏休みも終わった平日だったせいか、
人が少なめで、ゆっくりと心ゆくまで見ることができました。
(それでも観終わって出てきたらば、入場を待つ行列ができてたけどね。。)










さて、美しい絵とレトロな建物で目と心をいやした後は、
当然お腹も癒さないといけません。



・・・というわけで・・


e0033713_15341234.jpg



e0033713_15343022.jpg




京都市右京区は西院の  菓子職人さん から
フランス栗のモンブラン(上) と 和栗のモンブラン(下)





二つとも小ぶりですが・・


e0033713_1537224.jpg



フランス栗の方は一口、口に入れたとたんに ブワッ!!と栗の香り。

もう・・
栗、栗、栗なのよっ! 栗っだって言ってんでしょっっっ!!!

と、なぜか小指を立ててオカマさん風に言いたくなるほどの栗度の高さ。

でもって真ん中の黒い部分のなんだかわからないお味(おい!)が
栗味にアクセントを添えています。

栗好きにはたまらないモンブラン・・
・・ていうか、ああ、秋になって嬉しいなあ・・と心から思わせるモンブランでありました。








で、和栗の方はというと・・


e0033713_1543851.jpg



こっちも、なんて言ったらいいのか、
とにかく、何もかもが濃ぉーーーい感じ。

普通は栗クリームの中に白い生クリームがあるものだけれど、
これは白い部分なし!

中は栗のムース、
とにかくぜーんぶ、栗!っていうのがいいじゃないですか!!
こっちも栗度高し!です。

でもって、食べていると、
なんだか遠くの方でベリー系の味を感じたんだけれど、違うかなあ・・



二つとも小ぶりなのにその実力はとっても大物なモンブランでした。




                                  菓子職人  フランス栗のモンブラン
                                          和栗のモンブラン   両方とも380円










ところで、このケーキ屋さん、菓子職人さんがある京都のこの辺りは、
西院と書いて、『さい』と読みます。


さい・・・

『賽ノ河原(さいのかわら)』って聞いたことがありませんか。

三途の川の河原のことで、
親より先に死んだ子どもがその親不幸のために止め置かれるところ。

親への供養のために石を積んで塔を作るのだけれど、
出来上がりそうになると鬼がやってきてそれを壊してしまうという。


日本全国にここが賽ノ河原だという場所は多くあるそうですが、
京都のこの場所もその一つです。



ま、現代では何の変哲もない街中なんですがネ・・


e0033713_1753486.jpg














話を戻して・・・


e0033713_1548857.jpg




つづいて、京都市中京区 アトリエミトンさん から 和三盆のモンブラン



e0033713_15523221.jpg



和三盆・・というだけあって、甘さが涼やか。

メレンゲ土台の正統派モンブランだけれど、
下にこっそりとチョコが敷いてあるところといい、
べたつかないクリームといい、
丁寧に作られていて、
お店の誠意のようなものを感じるモンブランだなあ・・・と思いました。




                           アトリエミトン  和三盆のモンブラン  400円











さて、モンブランだけじゃなくて・・


e0033713_16175065.jpg




パフェもいただきました。


こちら、京都市中京区 然花抄院さん の パフェ  
お名前は 焙じ和栗丸くん



下の方に焙じ茶の寒天が入っているんだけれど、
それが本当にいい香り。

甘さは全然なくて、焙じ茶の味だけを純粋に味わわそうという代物。

同じく焙じ茶味のアイスとともに、
飲むのではなくて、食べることでもお茶が味わえるのですねぇ・

とってもよくできたパフェでした。




                             然花抄院 焙じ和栗丸  840円









e0033713_16324472.jpg




e0033713_1632576.jpg





同じく然花抄院のこちらは、栗カステラ 天。


ふんわり、栗の香りがとっても高いカステラです。

食べごこち、口当たりがとってもいい。
しっとり、もっちり、贅沢なカステラでありました。






                                然花抄院 栗カステラ天  1000円









実はもう一個モンブランを持ち帰ったのですが、
長時間持ち歩き過ぎたせいか、形が崩れてしまっていました。

なので、それはまた後日にリベンジ。


代わりと言ってはナンですが・・・



e0033713_16394871.jpg



別の日にたべた、ファミリーマートの モンブランプリンをどうぞ。


e0033713_16431759.jpg




プリン部分は甘さは控えめとろっとろ!

上の部分の栗クリームの甘さとこのプリンとを一緒に食べると、
とってもいい感じです。

そこに下の方からは苦みがあるカラメルが出てきて、
三重奏って感じです。

最近のコンビニスイーツって、ホントにすばらしいですね。




                          ファミリーマート モンブランプリン 230円












最後におまけ。


e0033713_16533756.jpg




京都市中京区  グラン・ヴァニーユさん  キャラメルオーランジュ



キャラメル・・というよりオレンジの方が勝っている感じかな。

さっぱりと爽やかなケーキでした。






                      グラン・ヴァニーユ  キャラメルオーランジュ  550円











たくさん食べたように見えますが、(まあ実際、食べてるけど。。)

今回はお店で食べられるところが少なく持ち帰りもたくさんでしたので、
1日にこれだけ・・じゃなくて、2日間で食べた分ですわよ。
ほほほ・・・
                     





食べても食べても、次々に買ってくるので家から甘いものが減りゃしない。

これがホントの賽の河原・・

なあんちゃって・・・




にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
Commented by marine_32 at 2011-09-24 15:56
フェルメール・・・昨日行こうかどうしようか迷った挙句に神戸行きでした。
やっぱり日曜、祝日は激コミなんですね。。。
観に行きたいけど・・・あまり日にちもないし。でも行きたい^^

いよいよマロンの季節ですね。
ツイートしましたが、タリーズも見逃せませんよ^^v
ぜひ!
by michirudesu | 2011-09-22 17:08 | マロンな日常 | Comments(1)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30