秋のモンブラン特集  後編

さて、後編とまいりましょう。


・・て、1日の内に前後編に分けて投稿するかなあ・・
しかも、間隔が2時間ほどって・・


あ、晩ごはん作ってたのね。。。。










後編の方も、いきなり横綱級にご登場願いました。


e0033713_16543562.jpg




京都は宇治市、 パティシェ 山川 絞りたて和栗のモンブラン です。


宇治といえばお茶の里。

茶そばに抹茶だんごに抹茶パフェ・・。

どちらかというと“和”の世界が中心な中で、あえて“洋”のこのお店。


e0033713_16575373.jpg



はっきりいって絶品ですっ!! 

濃ーーい栗の味がする栗クリームの中には、
まるで茹でたてを食べてるように風味高いツブツブの栗。


栗の香が強いケーキの中には、
あまりにも香りが強くて、これって人工香料??ってなケーキもありますが、
ここのは絶対に自然だと思う。

なのに何!この栗の強さ!!

まさに栗を食べてますっ!!て感じで、
口の中は栗がいっぱい、栗天国です。


さらにさらに、周りのバニラリソースやチョコのソースと一緒に食べると、
また味が変わってもう・・・・


ああ・・・
書いてるだけでまた食べたくなってきてしまうぅぅ。。

と、そんな逸品でありました。








絞りたて・・の方はお店でいただく専用ですが、こちらはお持ち帰り可能。



e0033713_1721953.jpg




同じく パティシエ山川  和栗のモンブラン




e0033713_1733959.jpg



あくまで、栗の香りを前面にだした“絞りたて・・”と違って、
こちらは、ほんのりと洋酒の香りも感じられます。





甘さは控えめ。
こっちも負けずとおいしいです。
栗がしっかりした感じのする、まさに秋を感じるモンブランでした。




                        

                             パティシエ山川  絞りたて和栗のモンブラン  800円
                                         和栗のモンブラン  480円











さて、京都市内からもう二つ。




e0033713_1772191.jpg



e0033713_177491.jpg





ちょっと形が崩れてしまってすみません。


五条大橋の近くにある パティスリー ファミーユ ドゥチエ から、

京のモンブラン(上)と、西洋のモンブラン(下)





e0033713_17105732.jpg




双子のように中味がそっくりなこのモンブランたち。

京のモンブランの方は、栗クリームに栗きんとん使用、
西洋のモンブランの方はフランス栗使用だそうです。


どちらも素直なお味。

中に入っている栗も味が濃くて、とってもおいしかったです。




               パティスリー ファミーユ ドゥチエ  京のモンブランと西洋のモンブラン  各380円











やあれやれ。

ちょっと油断してると、すーぐ食べたモンブランが溜まっちゃって・・・


これから11月。
あとどれだけ溜まることやら・・・




あ、そうそう・・

ついでだから、こんなのものせときましょう。


e0033713_17261160.jpg



e0033713_17263659.jpg






森永製菓  おいしいモンブランもなか



アイスの中にモンブランクリームもいっぱい!
なかなかうれしいアイスです。


                                   写真にある通り 137円だよー。







 



にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2011-11-04 17:22 | マロンな日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30