11月の読書

e0033713_18202852.jpg




な、なんじゃ~??? このデカイ写真は!!



記事を書いてる最中にプレビューで見てびっくりしたけど、
ええい、このままにしといたれ!




e0033713_18221391.jpg








てなわけで、11月に読んだ本です。


  仔羊の巣 (坂木司)
  「ABC殺人事件」(有栖川有栖ほか)
  しあわせ食堂(武内ヒロクニ+毎日新聞夕刊編集部)
  念写探偵加賀美鏡介(楠木誠一郎)
  NOVA5(大森望編)
  カンナ 出雲の顕在(高田崇史)
  君は素知らぬ顔で(飛鳥井千砂)
  キョウダイ(嶋戸悠祐)
  消された竜馬(楠木誠一郎)
  虚言少年(京極夏彦)
  ある少女にまつわる殺人の告白(佐藤青南)
  あなたに、大切な香りの記憶はありますか?(阿川佐和子ほか)
  京都呪い寺殺人事件(木谷恭介)
  名短編ほりだしもの(北村薫 宮部みゆき編)








e0033713_1829454.jpg






11月は紅葉周りに忙しかったのか、短編集のようなものばかりでしたね。

それとも歳とともに気力が続かなくなったのか・・・・・







e0033713_18344387.jpg







虚言少年(京極夏彦)

  ちょうど昭和30年代から40年代くらいにくらす少年が語っているという形式なのだけれど、
  この少年の語り口といい、面白がることの内容といい、
  なぜかジイサンのようで面白いんだなあ。

  アンタがなんで平成の時代の道具や風俗を知っとんネン!!
  ・・ていうつっこみはナシにしとくと笑えるよ。。





ある少女にまつわる殺人の告白(佐藤青南)

   あの様々な人のインタビューでつづるという形式の話は、
   どうしても、湊かなえさんの『告白』を思い出さずにはいられないし、
   そして迫力負けを感じずにはいられない。
   でも、児童相談所の実態や最後のうすら寒さはものすごく印象的だ。






 詳しい感想は こちら です。







e0033713_18392737.jpg






写真は アイスまんじゅう と パックンチョ マロン



両方とも、ものすごい栗感!とはいかないまでも、
いつものと違った感じが楽しめていいですよ。



その間のパフェは 珈琲館の『秋味シンフォニー』
    秋の味覚には欠かせない栗と柿がのっていて柿がとっても甘ーい。 
    下のコーヒーゼリーもすっきりとしたお味









ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-12-04 18:47 | 読書な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30