今年の読書



今年もあと少しですね。

少し早いですが、今月の読書をまとめてみました。


e0033713_17342151.jpg



e0033713_17344431.jpg



 
  シチュエーションパズルの攻防(竹内真)
  古道具屋皆塵堂(輪渡颯介)
  殺人源氏物語(斉藤栄)
  怪談 24の恐怖(三浦正雄編)
  COLORS(藤田宜永ほか)
  風を見にいく(椎名誠)
  いい奴じゃん(清水義範)
  密室殺人ゲーム・マニアック(歌野晶午)
  本棚探偵の生還(喜田雅彦)
  花の鎖(湊かなえ)
  用もないのに(奥田英朗)
  百鬼夜行殺人事件(赤川次郎)
  ばんば憑き(宮部みゆき)




e0033713_183619.jpg










さて、今年2011年に読んだ本の総数は166冊でした。


前半で印象に残ったのは・・



神の手上・下(久坂部羊)

    安楽死についていろいろと考えました。   

    感想は こちら



悪の教典上・下(貴志佑介)

     さすがのサスペンスです。

     感想は こちら



蒲生邸事件 (宮部みゆき)

      歴史小説かと思いきや、壮大なミステリー。

      感想は こちら


四畳半王国見聞録 (森見登見彦)  

      出た、森見ワールド!!
 
      感想は こちら




e0033713_18361151.jpg





後半は・・




ジェノサイド (高野和明)

    人類が滅亡する原因となるものとしていくつかの可能性が考えられるが、
    そのひとつとして人類の進化があげられる???

    感想は こちら




偉大なる、しゅららぼん (万城目学)

     びわ湖のお話ですから。。

     感想は こちら




1Q84Book1~3 (村上春樹)

    とっつきにくくて読まず嫌いだったけれど読んでみたら意外に面白く、意外につまらな・・・・

    感想は こちら





虚言少年 (京極夏彦)

    この語り口が妙におかしいのです。

    感想は こちら





e0033713_18475867.jpg


e0033713_18482296.jpg





記憶力に衰えを特に感じる今日この頃、
一年たっても内容を克明に覚えてる本って意外に少ないです。。。。





例によってこれ見よがしに挟まっている写真は、上から、


岐阜県 養老軒さん のくりきんとん大福

   フルーツ大福が有名なお店ですけど、これもとってもおいしい。



嵯峨野の イクスカフェさん の京黒ロールくろまる

    めっちゃ落ち着けるカフェです。

    真っ黒のロールケーキ“くろまる”もしっとり。



京都左京区 ZACOさん のケーキセット。

    万城目学さんの『鴨川ホルモー』にも出てくるお店ですよ。








ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2011-12-29 19:02 | 読書な日常 | Comments(0)