京都(偽)道案内 江戸時代編 

    

注)この記事内容は史実と何の関係もありません。つまり私の口から出まかせです。
   (・・て、そもそも内容をホントだと思う人は誰もいないでしょうが。。。)






京都 1702年。


1000年も昔、
桓武天皇はんがここ京都に都をひらかはーったというお話やけど、
お公家はんの街やったここ京も
いまではお武家ハンのお屋敷がぎょうさん建ち並ぶようになってしもうたんどす。




へぇ、妙心寺はんの通りを歩いただけでも、


通りに沿おて・・



e0033713_19573230.jpg




お奉行さんの遠山はんのお屋敷や



e0033713_19302257.jpg



同じくお奉行さんの大岡はんのお屋敷。



e0033713_19452667.jpg









通りを曲がった先には、


e0033713_1932687.jpg






中村主水はんのお屋敷もおます。


e0033713_19384250.jpg









また、ちょっと離れたとこどすが、別の通りの奥には、



e0033713_19415144.jpg







水戸さまが大きなお屋敷をおつくりやした。



e0033713_1941814.jpg










通りを反対に曲がって、


e0033713_19522688.jpg




坂を上った先にある、


e0033713_19464283.jpg





盗賊検め役の長谷川はんのお屋敷は、


e0033713_19515947.jpg





お庭も立派やということで評判どす。



e0033713_19531913.jpg











街はずれの方では、


e0033713_1928063.jpg





銭形はんもお住まいやそうどす。


e0033713_19435767.jpg







お公家ハンの街やった京の街も、
今ではすっかりお武家ハンのモンやけど、
このキレイな通りは、いつまでもずっと残してほしと、思ておます。



e0033713_19242215.jpg









いや~~、内容は大ウソでおますが、

でも京都の通りを歩いていると、なんだかお侍さんが歩いていそう・・、
ていうか、時代劇に出てきそうなところだなあという場所がたくさんあるんですよねぇ。




    文中の説明が 青字のところは、妙心寺の境内およびその塔頭寺院
           緑字のところは、東本願寺の飛地境内地 渉成園
           オレンジ字のところは石清水八幡宮境内

        の、お写真です。   (失礼しました。。。。)






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-04-27 20:11 | 京都な日常 | Comments(0)