京の三尾をめぐる。

    
京都には『三つの尾』があるという。
栂尾(とがのお)、槇尾(まきのお)、そして高雄(たかお)の三つ。

それぞれに有名なお寺がありますね。

栂尾山 高山寺
槇尾山 西明寺
高雄山 神護寺



先日訪ねた高山寺は、泣く子も黙る世界遺産指定のお寺でありますが、
あとふたつのお寺の方もそれぞれに歴史と貴重な国宝、文化財を持つお寺。


それに紅葉の名所でもあります。


三つはご近所なので、同じ日に行ってみました。




まずは西明寺。


e0033713_859496.jpg




紅葉に彩られた清滝川にかかったきれいな橋を渡って行くのですが、
お写真はありません。
(だからSDカードが破損して・・・泣)



e0033713_8504418.jpg




こじんまりとしたお寺ですが、
ぽかぽかとした日差しの中、お庭を眺めながらいつまでも座っていたくなる・・
そんなお寺でした。








続いて神護寺。
(えっ?もう!!・・・・て、だからSDカードが・・・   泣×2)



e0033713_8553434.jpg




こちらは300段ほどの石段をえっちらおっちらと登っていかないといけない。

でも、どんな山奥の寺かっ!と思ってたどりつくと、
ひろびろ~っとした境内が広がっていて、びっくりします。




その境内を通って、さらにこの紅葉で有名な石段を上った先にあるのが・・


e0033713_8572398.jpg






金堂(ご本堂)。



e0033713_903237.jpg





数ある伽藍は応仁の乱でほとんど焼けて、
その後の再建だそうですが、

金堂は、なんとなく平安の香りが漂う・・というか、
中国のお寺の中というか(知らないけど)、

ものすごーく広くて、中に立って天井や柱を見上げていると、
変な話、“宇宙”を感じるような気がいたしました。





e0033713_8574539.jpg





e0033713_944616.jpg







弘法大師と最澄が出会った神護寺。

二人の間でいかなる話がかわされたのでしょうか・・・。






こちらは楼門の外にある本坊。


e0033713_991617.jpg








いや、三尾を一日出回るというのは、ちょっと大変でした。

でも考えようによっちゃあ、
まだ体力がある今のうちに行ってよかったといえるでしょう。



高山寺にしても神護寺にしても、
観光バスで到着したはいいけど、
石段や山道を前にして行くのを諦める方もたくさん見かけました。



ここまで来てもったいない!!

と思うけれど、無理をして旅行を台無しにしてしまわれたら困りますしね。



e0033713_9154285.jpg





その時、その時の出会いを大事にしたいものです・・・
   (いつになく神妙なのは撮ってきた写真をほとんどなくしたからか・・・)











だからSDカードがあっっっ!!






              今回もスマホの写真からおおくりしました。。。。。












おまけ・・



食べ物が出てこないと思っているアナタ!

唯一この写真だけ残っておりましたとさ。



e0033713_9252936.jpg




高雄だんご。

ヨモギのお餅です。

あっつあつ^^







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
Commented by sskinako at 2012-11-16 11:54
スマホで撮っといてよかったな。
クリの方も撮っといたか?だんごしか無いけど・・・。

どうでもいいんやが、この黒のスキンちゅうんかいな?背景。
うちのパソコンの汚れやほこりが目立ってしゃあない。
ま、如何に私がパソコンをぞんざいに扱ってるかってことなんやけども・・・。
Commented by michirudesu at 2012-11-18 20:25
sskinakoさん
まずは、パソコンの掃除をしてください(笑)。

今回写真が多数ダメになってしまいましたが、
幸いというか、なんというか、
高雄の方はなにせ山奥(失礼!)なので、
ケーキ屋さんなどという代物はございません。
なので、栗関係は食べられずでした。。。
300個めのモンブランはいつになることやら・・・・
by michirudesu | 2012-11-16 09:26 | 京都な日常 | Comments(2)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31