紅葉もえる京都

三連休の中日。


連休を前に既にあちこち出かけたおした私は、
世間がお休みの間は写真の整理です。


行った先は相変わらず京都ですが、
今回は息子のところに泊まって二日がかりですわ。。



まずは鷹峰 源光庵


e0033713_19211849.jpg



「復古禅林」の額の通り、
ここを再興した卍山道白(まんざんどうはく)禅師が
曹洞宗の開祖・道元禅師が伝えた旧来の慣習に戻そうと提唱したところです。




有名な『迷いの窓』、『悟りの窓』を前に・・・


e0033713_19265752.jpg






迷ったり、

e0033713_19275260.jpg






悟ったり、

e0033713_19314540.jpg






迷ったり、


e0033713_19321426.jpg






悟ったり、


e0033713_19281670.jpg











人生の意味や宇宙の真理などを考えさせられるような窓ではありますが、
実際はこの大騒ぎ。。。


e0033713_1934351.jpg







ま、紅葉の盛りですからね。

お寺の方が気を利かせて口添えしてくださった『血天井』なんて、
気がつく方なぞ、いやしない。


e0033713_1937115.jpg



かつて家康が上杉を攻める際、
伏見城が留守になるのを石田光成が狙っているのを知った上で、
鳥居元忠に落城覚悟でここを守らせます。

そして、三成に討たれた鳥居元忠や自刃した家臣たちの供養のために
彼らの血痕の残る床板が各地の寺の天井に貼られましたが、
ここもその一つだったのですね。



いや、足跡がくっきり。。。







でもそんな血なまぐさい話をよそに寄り添うおじいちゃんとおばあちゃん。


e0033713_19434757.jpg









鷹峰は京都のかなり北部にあたり、
普段は訪れる人はあまりいない静かなところですが、
紅葉の時期ばかりはそうもいかないようです。


でも、次々に訪れて騒々しさだけを残して帰っていく観光客を前にしても、
お寺の人がものすごく親切なのが印象的でした。


e0033713_1949624.jpg







つづいて常照寺、光悦寺、
さらに二日目は大徳寺の塔頭をいろいろと訪問しましたが、

あとは、デジブックにまとめてみましたので、よかったらご覧ください。



こちらからどうぞ。


注意)●音がでます。パソコンの音量を事前に調節してください。
    ●けっこう時間がかかります。お時間があるときにでもどうぞ。
    ●全画面でのご覧をお勧めします。

          公開期間  12月25日まで
    









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2012-11-24 20:09 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31