お正月に食べたスイーツたち

どーですか、この店内!!


e0033713_1074283.jpg




上のカフェから見下ろしたところ。


e0033713_1074932.jpg



昨年日本に、それも京都に初出店された、パリの人気店

パティスリー デ・レーヴさんです。


めっちゃオシャレ!!
    ンとにもう、ケーキ屋さんなんだか宇宙船の中なんだか・・・

外は京町屋を改装されたデザインなので、
ぱっと見、お店とは思えません。
小さいお店なので気をつけていないと通り過ぎてしまいそうです。

京都、高台寺の近く、ねねの道あたりにあります。





カフェのメニューは1890円のケーキセットのみ。

10席ほどしかないので、ここでも約30分待ち。
待ってばっかりだよ、今回は。。。。。



もちろんモンブランをチョイスです。

e0033713_108120.jpg




ひゃ~~~ッ!!!

おいしい!!



e0033713_10195563.jpg




土台のすぐ上に何かのベリーがのせてあるので、
一口食べると甘酸っぱい味がふわっと口の中に広がります。
めっちゃさわやか!!

で、どんどん食べていくと、
真ん中あたりでまた違うさわやかさを感じて驚くことになります。
今度はシトロン系かなあ。


生クリームは甘さをグーンと抑えてミルキーさ協調。
逆に栗クリームは少し甘め。

これは、上から下までザクッと一気にいただくに限りますわ。
そうするといろんな味がお互いを引き立てあってもう・・・

絶品!!





ケーキセットに付けてくれるレモン風味のマドレーヌも最高です。


e0033713_10244924.jpg


                           パティスリー デ・レーヴ  モンブラン  単品だと確か730円







ところて゛・・・


確かに栗クリーム部分は甘いのだけれど、
「え~っ、あまーい・・・・、ワタシにはむりィ♡」
なんて言ってた隣の席の女、

あまくな~~い!がほめ言葉だと思ってるヤツは
フランスのスイーツを食うなッ!!


と言いたい。


だいたい“スイーツ”って言うくらいだから、そもそもケーキは甘いもの。
くどいほど甘い・・というのを別にしたら、
ある程度の甘さは必要だと思うんですよね。

日本では『甘くない』っていうのがもてはやされる傾向にありますが、
“甘さを抑える”のと“味が薄い”のとは違うのだッ!!


なんでもかんでも「あまくな~い♡」てゆぅな!!(怒)
そのくせお刺身とか大根には「あま~い♡」って言うんだから(ブツブツ・・・)











e0033713_10484333.jpg



いや、ついアツクなってしまいましたが、気を取り直してこちらは、

バイカルさん の モンブランです。



e0033713_10494240.jpg



こっちは庶民のお味。

洋酒風味の栗クリームが印象的。
でも決して嫌味な感じじゃなくて、とっても食べやすいモンブランでしたよ。




                                 バイカル  モンブラン  420円









そしてこちらは桂に息子を車で送った日に食べたモンブラン。


e0033713_10554081.jpg



パティスリー ローシェさん の モンブラン



e0033713_10572675.jpg



桂というところは市内からは外れた印象があるし、
そんな場所にある“町のケーキ屋さん”って感じのお店なので、
はっきり言って、あんまり期待していなかったのですが、
これがいい意味で予想外。

やるじゃん!


栗クリームがめっちゃしっかり栗!!
中の生クリームとのバランスもぱっちりです。

真ん中に入ってるでっかい栗も程よい甘さと硬さでおいしいです。


来年から大学は工学部が桂キャンパスに引っ越しだそうで、
息子は卒論の今から桂に通うために引っ越しました。

こんなケーキ屋さんがあるなら、
桂に通う楽しみも増えたというものです。

    (息子から、“そんなにしょっちゅう来るな!”という声が聞こえたような・・・    ・・・・無視!)




                           パティスリー ローシェ  モンブラン  440円









さて、お正月に食べたケーキはこれだけでしたが、
京都ではお正月に必ず(・・・じゃないかもしれないけど)食べられる和菓子があります。



はなびらもち

e0033713_1111308.jpg



いろんな和菓子屋さんが扱っておられますが、写真は亀屋良長さん。

宮中や神社、公家などの正月行事に使われた菱葩 (ひしはなびら)に由来するようです。
今は裏千家の初釜の際にも使われます。



e0033713_11172915.jpg


白みその餡に挟んであるのは甘く煮た牛蒡。


とっても上品な甘さです。
柔らかーいおもちの中にコリッとした牛蒡の歯ごたえが快感!

美しい縁起物の和菓子。
これぞ『はんなり』っていうヤツですな。




                              亀屋良長  はなびらもち  420円









・・・というわけで、ごちそう三昧、スイーツ三昧のお正月が終わりました。

その後のつけが恐ろしい。。。。。。。





にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2013-01-08 11:24 | マロンな日常 | Comments(0)