京都太秦、映画と古代の不思議の町を歩く・・・。


太秦広隆寺のすぐそばに、大酒神社という小さな神社があります。


e0033713_8535616.jpg



祭神は秦始皇帝、弓月王(ゆづきのきみ)、秦酒公(はたのさけのきみ)
それぞれ平安京以前からこのあたりに土着していた秦氏の祖先とされます。
酒公は弓月王の孫。


雄略天皇の時代に酒公が絹や綾錦などの織物をものすごくたくさん織りだして朝廷に献上したところ、
その献上布が山のように積み上がったので、天皇は喜んで、
酒公に“うずたかく積む”の意をもつ『禹豆麻佐』(うずまさ)の姓を贈った
って。




e0033713_914781.jpg




大酒・・・・、
大酒呑みの人のための神社かいな・・なんて言ってるアナタ、
そんなことはありません。


「酒」の字は「避」を使われることもあり、
かの柳田国男先生は、サケ(避・裂・辟)は、サカ(坂・境)・サコ・セコ(迫)・サキ(崎・尖・岬)・ソコ(底・塞)などと同根の語で、
いずれも“隔絶”という意味だと言われています。

“オオサケの神”は辺境の神、境界にいる神。
外から悪霊や疫病が入ってくるのから守る神様らしいですよ。




もとは広隆寺の桂宮院の中にあったそうで、
広隆寺の鎮守社でもあります。















さて、この大酒神社から再び広隆寺の方に戻って楼門前を通り過ぎた街中、
ヒジョーにわかりにくいところにこんな井戸があります。


e0033713_9111826.jpg







『いさら井』って書いてあるんだけれど、見えるかなあ。


e0033713_91417100.jpg





先の大酒神社の「大酒」を「大辟」であらわし、
“だいびゃく”と読んで、それはダビデを意味するとか、


e0033713_9271296.jpg
ここからほど近い場所にある蚕ノ社(木島神社)には三本脚の鳥居もあり、(こちら
これはユダヤの「ダビデの星」を模したものだとか、
キリスト教の三位一体を表したものだとか・・。



そもそも太秦とはイエスを意味するヘブライ語「イシュ・マシャ」から来たものだとか、


だから、いさら井も「イスラエルの井戸」のことだとか・・・。











真偽のほどはいっさい知りません。。。












まあ、そんな話もあるということで、私は太秦の商店街へ・・・


e0033713_932899.jpg




さすが映画の町、街灯もこんなの。


e0033713_932416.jpg






商店街の真ん中には、三吉稲荷(さんきちいなり)と呼ばれる小さな神社がありました。


e0033713_9352341.jpg




昭和のはじめ太秦辺り一帯は竹やぶだったそうで、
この地に日活撮影所ができたときに一斉にその竹やぶが取り払われてしまいました。
そのため住処を追われて行き場を失ったキツネやタヌキなどの小動物が逃げ惑う姿が見られ、
可哀想に思った日活関係者が、
竹薮の中にあった三吉稲荷大名神と中里八幡大菩薩の二つの祠をまとめて
一つの神社として、現在の神社を創ったそうな。




神社は作っても動物の行き場は戻らへんし、
映画の人たち、優しいんやら、そうでないんやら・・・




中には日本最初の職業的映画監督、「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三さんの碑もありました。


e0033713_9423939.jpg




牧野省三さんは長門裕之・津川雅彦兄弟のおじいさんだって。






そうそう、太秦ときたら映画村に撮影所。

俳優さんたち、行きつけのお店だってあるよねぇ・・・。


e0033713_948616.jpg




・・・ということで、美濃屋さんの肉うどんです。


誰のご贔屓かというと、あの藤田まことさん。


京都風のおだしを利かせたおつゆの中に、甘辛のお肉。
おねぎとおうどん、お肉がとってもよく合っていました。











太秦の地は平安京以前から開けていたと言いましたが、
平安京以前どころか、なんと古墳もあるのです。


e0033713_9554423.jpg


蛇塚古墳。

7世紀につくられた前方後円墳です。

床の部分の面積で比較すると日本で第4位の規模だそう。



古墳の形に添ってまあるく建てられた住宅街。

e0033713_9575531.jpg





写真を撮ってたら、おばあちゃんが出てきて、
「寒いですねぇ・・・。」って。

「よぉ来てくれはりました、気ぃつけておいきやす。」って。





e0033713_1031442.jpg



このあたりの地名は『面影町(おもかげちょう)』っていうんですよ。

地名もおばあちゃんもなんだかいい感じ。









どうでしょう、太秦。

映画だけじゃなくて、なんだか古代の不思議とロマンに満ちた町じゃありませんか。

映画村で遊んだ後はゆっくり街を散歩してみてはいかがでしょう・・・










でもおまけはやっぱり映画関係。


e0033713_1061450.jpg




あれも食べたい、これも食べたいと言う俳優さんのわがままからできたという

穂久彩さん の ロケ弁当



e0033713_1073751.jpg



お魚もフライドチキンもお煮しめも卵焼きもうなぎまで!
ホントにいろいろ入ったお弁当、980円なり~~^^










にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-02-12 10:23 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30