バレンタイン間近でもやっぱりモンブランを探し求める・・・

京都をうろうろしたらば、スイーツがイッコもないなんてありえません。


まずはこれからご紹介しましょうかねー。


e0033713_925159.jpg





外箱かいっ!!


・・・て、よくご覧ください。

そう、 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ ですわよ。

フランスと東京にしかお店がないのに、
今回は京都伊勢丹の『サロン・ドゥ・ショコラ』にご出店。


しかも・・・・








e0033713_9285393.jpg



モンブランッ!!!


バレンタイン特設会場の中、
数えきれないほどのチョコレートがあふれかえる中、
会場に来ている女子全員がチョコレートを探しているというその中・・・・



たったひとつ異彩を放つ モンブラン!!






e0033713_933888.jpg




いやあ、誰が買わなくってもワタシが買いますわよ、そのモンブラン!!



お名前は、モンブラン抹茶あずき。



抹茶本物ッ!!
あずき、本物ッ!!!って感じ。

冷蔵保存を考えてか硬めに作ってある栗クリームの栗度は低めですが、
京都で売るのですから、抹茶とあずきに手を抜くことは許されません。

両方とも香りがものすごく高かったです。

甘さは控えめ。
「和」をものすごく意識したモンブランでした。




                                 パティスリーサダハル・アオキ・パリ
                                    モンブラン抹茶あずき  700円












つづいて太秦広隆寺の近くにある マレーヌ洋菓子さん のモンブラン。


e0033713_9213793.jpg




こちらはうって変わって、グッッッと庶民派。


カステラしっとり、黄色いクリームしっとり、
懐かしい感じのモンブランです。

子どものころによく食べたあの感じ・・・。




                          マレーヌ洋菓子  モンブラン  270円
















さて次はこんなのを・・・


e0033713_9443921.jpg




アンテノールの ガトーモンブラン。


ケーキじゃなくて焼き菓子ですが・・・



モンブランを食べ歩くにあたって私が『モンブラン』と定義するのは、
   ・お店の人が“これはモンブランだ。”と認識していること。
   ・材料にたとえわずかでも栗がつかってあること。
だと、いつか言いましたよね。


・・・ということは、これだって立派にその範囲に入るじゃないですか。



e0033713_948797.jpg





一口食べただけでブワッ!!!と栗の香り。

しっとりしてるのに歯ごたえもあって、
食べ応えがあるのに、全然ぱさぱさ感はなくて、
めっちゃいい感じでした。




                    アンテノール  ガトーモンブラン  240円












次はモンブランじゃないけど・・・・


e0033713_9544851.jpg




四条烏丸から少し街中に入ったところにある プチ・ジャポネ の タルト・ノルマンド




行ったときには残念ながらモンブランが置いてなかった。。。。


サクサクと歯ごたえが残る程度に硬さを残したリンゴは、
甘すぎず、酸っぱすぎず。

素材を生かして飾らないケーキは、なんだか癒されますね。




              プチ・ジャポネ  タルト・ノルマンド 500円














さて、最後は今回ではありません。
以前に岩倉で食べたモンブランです。



e0033713_1012098.jpg




コーヒーレストラン ドルフ の モンブラン



これもまた懐かしい感じ。

あっさりとした甘さで全体的にふんわりとした印象の、
とても食べやすいモンブランでした。





                       コーヒーレストラン ドルフ  お値段は・・忘れちゃった。。。













おまけ・・・・



e0033713_1061414.jpg


  

e0033713_106237.jpg




まるき製パン所の海老カツロールとハムロール。


細めのロールパンがしっとりもっちり。
ちょっと癖になる噛み心地。



朝からこの人気でした・・・


e0033713_10112329.jpg







にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
Commented by pinko_okusama at 2013-02-13 15:24
こんにちは。
京都のグルメ編、待ってました^^
モンブランが抹茶やあずきと結ばれちゃったんですね~
夢のような絡み合いですね。素晴らしいモンブランですね。
おいしそうすぎます。外箱がとても清楚で美しいですし、さすがは
パティスリーサダハル・アオキ・パリですね。って、はじめて知りました^^;

アンテノールさんもさすがですね。
そう来たかって感じのモンブランの焼き菓子ですね。これもまた美味し
そうですね。

懐かしさを感じられるモンブランってカステラのところが美味しいんですよねぇ~

パンも美味しそう。おかずの入っているパンって好きです。
このパンはコッペパンみたいだけど違うのかな。
昔の懐かしい昭和っぽさを感じます。パンもだけど、お店の雰囲気も。
海老カツとかハムとかの洋風っぽさが昔ながらのパンに挟まれていると
とてもレトロな感じがしますね。
Commented by michirudesu at 2013-02-14 11:30
pinko_okusamaさま
モンブランはモンブラン、
抹茶やあんこを挟むなんて・・・
と、思っていましたが、どうしてどうして、
これはとってもおいしかったです。
アンテノールさんもなかなかヤルッ!って感じ。
カステラがふーんわり・・じゃなくて、モクモクした感じっていうか、
しっかりどっしりしたケーキも好きです。
ま、要は私にとったらなんでもおいしいんですけどね^^;

まるき製パン所は近所のおばちゃんたちがみんなでやってるって感じのパン屋さんなんです。
店先になくなると、「ちょっとまってて・・」って感じで
チャッチャッと作ってくれるような、
店先でかぶりついても笑って見ててくれるような、
そんな感じ。
そうそう、昭和な感じがとってもあったかいんですよ。
朝はよ~からやってるから、京都にお泊まりした日の朝ごはんにもぴったり^^
Commented by lasthi at 2013-02-19 12:25 x
こんにちは~お久しぶりです~
≪モンブラン≫
私も大好き~♡
そう言えば、最近、食べてないです・・・(涙)
今度、どこかのお店に入ったら、注文しようと思います。
京都は、鬼の撮影で、廬山寺へ行きましたが、すごい人でしたよ~
あまり良いポジションでなかったので、難しかったです~(泣)
どこか、オススメの場所があれば、教えて下さいね~
Commented by michirudesu at 2013-02-19 19:41
lasthiさん
御無沙汰してます。
廬山寺へ行かれたんですね。
見せていただきましたよー。
さすがに迫力がある。
私は平安神宮の方に行っていましたが、来年はぜひそちらに行きたいと思いました。
しかし、どこもすごいカメラマンの数^^;
みなさん格好の被写体は見逃されませんねー。

京都はこれから花の季節。
桜の便りとのにらめっこが始まります^^
またどこかへ行かれる時は教えてくださいねー。
by michirudesu | 2013-02-13 10:14 | マロンな日常 | Comments(4)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31