京大構内の建物探訪


京都大学といえば、時計台ばかりが有名ですが・・・


e0033713_1041544.jpg


    実はこれ、入学式のときの写真。
     卒業式の時もおんなじスーツ!!
     だから別のを家に取りに帰ってこいって言ったのにぃぃぃ。。。。










あたりを見まわしてみれば、さすがに歴史的建造物の宝庫であります。




旧石油化学教室本館(1898(明治31)年築・1922(大正11)年増築)

e0033713_10445639.jpg









保健診療所(1925(大正14)年築・1931(昭和6)年・1936(昭和11)年増築)

e0033713_10511520.jpg








工学部土木工学教室本館 (1917(大正6)年築)

e0033713_10482430.jpg





など、レンガ造りの建物も素敵だけれど、
こんな感じのも、またステキ。


埋蔵文化財研究センター資料館(尊攘堂) (1903(明治36)年築)

e0033713_10563324.jpg







京都大学・文学部陳列館 (1914(大正3)年築)

e0033713_1059029.jpg





建築様式だとか素材だとか、私には全然わかりませんが、
それぞれ裏とか側面とかに回ってみるとまた感じが違ってますし、
細部もなんだかいいんですよねぇ。




e0033713_1141828.jpg







e0033713_1143128.jpg









e0033713_1144552.jpg







e0033713_115043.jpg







それぞれの建物に学生たちが普通に出入りしているのがなんだかスゴイですよねぇ。

美しい建物が数々ある中で、
私のお気に入り、ベスト2は次のふたつですよ。







まず、第2位!!



農学部・旧演習林本部事務室(1931(昭和6)年築) 

e0033713_1195215.jpg







農学部の構内にあるこちらは、校舎というよりどこかの別荘のような感じ。



e0033713_111810100.jpg







e0033713_11144365.jpg






大学の構内にいるのを忘れそうです。



e0033713_11204960.jpg







構内じゃないみたいといえば、
ここは農学部ですから、温室や畑や農園も・・・


e0033713_11271398.jpg




もー・・、どんだけ広いんだかっ!!






・・・て、疲れてる場合じゃない。

いよいよ第一位の発表です。
  誰も待ってないと思うけど。。。。。





第一位っ!!





京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター(1930(昭和5)年築)

e0033713_1129239.jpg





ここは飛び地というか、農学部キャンパスを出てほんの少し東に行ったあたりの場所に
別に立っている建物です。


正確には構内とは言えないかもしれませんが、
でも、ねっ、いいでしょ、いいしでしょ!
この趣!!





e0033713_1136291.jpg






e0033713_11365967.jpg







e0033713_11371171.jpg






e0033713_1139353.jpg






ここには図書館もあるので、いつもは普通に出入りできるそうですが、
中をのぞいてみたらば、日通のおにいさんたちと段ボールの山!

お引っ越しかなあ・・。



今度機会があったら、中もゆっくり拝見したいです。










いかがでしたか???

キャンパスはあまりに広いので、
自分の学部以外の場所へはほとんど行くことがないという息子に、
「こーんなところがあるんだよぉ~~。」
と、ちょっと自慢ができたのでありました。








歩き疲れたので白川疎水沿いのカフェ しずくさん で休憩。



e0033713_11532566.jpg



疏水を眺めながら、まったりと落ちつけるカフェです。


こちらはお持ち帰りしたタルト。


e0033713_11542479.jpg





見ての通り、ナッツがこれでもかっ!とぎっしり!!







あと、おみやげの京大チョコレート。。。



e0033713_11552087.jpg




e0033713_11553521.jpg





京大ゴーフルとか京大八つ橋とかいろいろあるけど、
これがいちばんおススメです^^






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-03-28 11:58 | 京都な日常 | Comments(0)