金閣寺 VS 銀閣寺

連休が終わりましたね。

皆さんはどんな休日だったでしょうか。

私は、とってもベタですが・・・・・






金閣寺。



e0033713_1842997.jpg





と・・・・





銀閣寺。



e0033713_18441267.jpg







まるで絵葉書のようですな。


・・ていうか、さんざん京都を訪れていながらなんで今さら??とか、
よりによって一番混雑しそうな連休になんで??とか、
なんだかいろんな突込みどころがありそうですが、
それだからこそ、行くなら・・・

今でしょ!! 




というわけで、金閣寺と銀閣寺です。(意味不明)



e0033713_18543736.jpg





e0033713_18532515.jpg







金閣寺、銀閣寺は、正式名をそれぞれ鹿苑寺(ろくおんじ)、慈照寺(じしょうじ)といい、
ふたつとも烏丸今出川にある相国寺の山外塔頭です。


で、いつも写真で見るあの建物が本堂だと思っている方が多いでしょうが・・



実は俗に言う金閣は中に仏舎利が治められた舎利殿、
銀閣は観音さまがおられる観音殿。


それぞれのご本尊はこちらにおられます。




金閣寺の方丈。


e0033713_1985016.jpg




銀閣寺の方丈。


e0033713_19105643.jpg







金閣寺は足利三代将軍義満が北山に建てた山荘。

彼の死後遺言によってお寺となりました。



きんきらきんの金閣から・・・



e0033713_19292898.jpg





眺める池にある島の名前は葦原島(あしはらじま)。



e0033713_19322080.jpg








さらに、方丈庭にある巨大な松の木の名前は陸舟の松(りくしゅうのまつ)



e0033713_19325714.jpg




陸上の船と名付けられた松の木の舳先には当然あの金閣が。


e0033713_19344693.jpg





葦原の国といえばそう、日本のこと。

金閣は日本の国を見下ろす場所であり、
船が目指す先の極楽浄土・・・

まさに義満さんの理想郷なのでありました。











対して、銀閣をつくった八代将軍義政のころには足利幕府の力が衰え始めており、
豪華絢爛、贅を尽くすというわけにはいかなくなっておりました。



けれども、逆に幸いなことに彼はたぐいまれなる美意識を持っており、

銀閣と同時に阿弥陀殿として作られた東求堂(とうぐどう)や・・・



e0033713_19452917.jpg






その中にある茶室、同仁斎(どうじんさい)は精神世界を追求したわびさびの極致。

e0033713_19454174.jpg





e0033713_19454972.jpg







のちの時代につけたされた砂の造形、向月台(こうげつだい)や銀沙檀(ぎんさだん)とともに、
人の心に何かを問いかける深く落ち着いた風格をかもしだしておりました。


e0033713_1950256.jpg







e0033713_19541088.jpg









金閣と銀閣。

きんきらきんと侘び寂び。


両極端ではありますが、両方とも日本人の大好きなものなのですよね。





こちらは金閣寺の茶室、夕佳亭(せきかてい)


e0033713_2044656.jpg





ほかにも、金閣寺垣と・・


e0033713_205216.jpg





銀閣寺垣とか・・・


e0033713_2064664.jpg





京都市の東と西の端を行き来して見比べてみるのも一興であります。











最後にあまり目にしない角度からのお写真を載せておきましょう。



裏銀閣と裏金閣・・



e0033713_2002259.jpg





e0033713_20104049.jpg







e0033713_20101965.jpg






e0033713_2074872.jpg







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-05-06 20:13 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30