鞍馬山をめぐって貴船へ降りてみる。 その1

鞍馬寺です。

e0033713_14414026.jpg




鞍馬山はご存知天狗の山。
牛若丸が修行をしたともいわれていますね。

その鞍馬山一帯を修行の場とする鞍馬寺は、以前までは天台宗のお寺でしたが、
1949年から独立して鞍馬弘教の総本山となっています。




e0033713_1447619.jpg



e0033713_14465637.jpg




狛犬ならぬ阿吽の虎に迎えられて先ほどの仁王門をくぐっていくと、
そこはケーブルカーの乗り場でもある普明殿(ふみょうでん)。


e0033713_14541988.jpg



中には毘沙門天がまつられていました。


で、こちらがケーブルカー、牛若号Ⅲ。

e0033713_14531522.jpg



Ⅲっていっても一台が行ったり来たりしてるだけだから、これは三代めってことかなあ。。


ケーブルカーで登った先にあるのは・・・・


e0033713_1459382.jpg



多宝塔。

そして、多宝塔を建立したときに草むらからでてきたという毘沙門天をまつったお堂。


e0033713_152991.jpg




ここにはその二つがあるだけで、他には何もありません。

この先をご本堂である金殿の方に歩いて登っていくこともできますが、
それでは途中にあるお堂や由岐神社を経由することができません。





なのでもう一度ケーブルカーで下に降りて、一から歩きなおし。


e0033713_1574859.jpg




今日は本腰を入れて、一日かかって鞍馬から貴船へ抜けるつもりです。



山道が結構大変って聞いてるから大丈夫かなあ・・・。
でも、だんだんと足腰に自信がなくなってきてるし、
これからもっとあとになったらもう登れないかもしれない。

もう行くなら今しかない・・

いつ行くの?! 今でしょ!!   ・・・てね。




吉鞍稲荷、

e0033713_1511076.jpg




魔王の滝、

e0033713_15173833.jpg




牛若丸の武芸の師だったという鬼一法眼(きいちほうげん)の社を過ぎていくと・・


e0033713_16301976.jpg








鞍馬の火祭りで有名な由岐神社に行くことができます。


e0033713_15191110.jpg




鳥居奥のこの立派な建物。


e0033713_1525301.jpg



こちらから見ると門のようですが、階段を上った先から見ると拝殿であることが分かります。


ご本殿はこちら。


e0033713_15263387.jpg





ご神木の杉は神々しいばかり。


e0033713_15271626.jpg




鞍馬の火祭りは10月22日。
一度は見に行きたいものです。





さて由岐神社を出て、
牛若丸の守り本尊であるという川上地蔵堂、


e0033713_15322283.jpg





義経の供養塔、

e0033713_15331051.jpg





鞍馬弘教の教えのシンボル、いのちの塔を通り過ぎ、

e0033713_15352199.jpg





その辺りから清少納言も『枕草子』で

「近うて遠きもの、くらまのつづらおりといふ道」

と言った九十九折れの参道が続きます。




写真もボケボケのよれよれ・・

e0033713_1538512.jpg






やれやれ、やっと中門(ちゅうもん)です。


e0033713_15432059.jpg



もとは仁王門の横にあって勅使が通った門だそうですよ。






ここを通り過ぎてしばらく行くと、やっと本殿金堂のある広場にたどり着くことができました。


e0033713_15514573.jpg






疲れた身体に風が優しい。

遠くの山ですら、なんだか神秘的。


e0033713_15523550.jpg





金堂前の金剛床(こんごうしょう)と呼ばれる場所。


e0033713_15592056.jpg




そこの中心に立つ私。


e0033713_1614778.jpg




宇宙と一体化できる場所だそうですが、
   ムニャムニャ・・・・






金堂の前にも阿吽の虎。

e0033713_1635338.jpg
e0033713_1644954.jpg








金堂の隣には竹伐り会式の由来ともなった閼伽井護法善神社(あかいごほうぜんじんしゃ)と
護法魔王尊をまつる光明心殿(こうみょうしんでん)があり、


e0033713_169394.jpg







横には小さなお庭が。


e0033713_16121363.jpg




e0033713_16122892.jpg




このお庭は650万年前に人類救済の使命を帯びた護法魔王尊が
金星から降りたった様子を表しているそうですが、
   その辺の教えについてはムニャムニャ・・・・







さて、鐘楼や霊宝館、与謝野鉄幹、晶子の歌碑、


e0033713_16214022.jpg




e0033713_16195646.jpg




e0033713_1626378.jpg





与謝野晶子の書斎『冬柏亭(とうはくてい)』(東京から移築)を見学した後は、


e0033713_16222064.jpg







いよいよ奥の院へ向かいますが・・・



e0033713_1623727.jpg






長くなったので続きは次回です。



   いや、いいとこは次にとっておくもんだって・・・・

 続きは こちら




にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
Commented by kako at 2013-07-01 21:25 x
今回は食レポがないけど・・・次回まわし?
Commented by michirudesu at 2013-07-02 14:24
kakoさん
何食べたかって??
それはあとのお楽しみ^^
by michirudesu | 2013-07-01 16:27 | 京都な日常 | Comments(2)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30