和菓子ざんまい!


奈良県大和郡山市本店 菊屋さん


e0033713_153675.jpg






滋賀県大津市本店  叶匠寿庵さん

e0033713_15373063.jpg







暑いですね。
いきなり和菓子のオンパレードですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか??



私はこの暑さですから、家に閉じこもって和菓子三昧です。

・・・て、全部いただきものなんですがね。
昨日、娘が帰ってきたもんだから、
その時にもらったんですよ^^





菊屋さんのお菓子は娘の旦那様のご両親から。


e0033713_15362723.jpg




左・・菊の寿  右・・栗まん

日頃の私の栗偏愛ぶりがしっかり伝わっているようで、
嬉し恥ずかしでございます(汗)




菊の寿は黄身餡。
はんなりという言葉が似合う優しいお味です。
卵の香りもちゃんと残ってる。

栗まんはしっとり、ほっくり。
甘さはちゃんとあるけれど、ぜんぜんしつこくはありません。

栗まんじゅうって、周りの皮の部分とあんこの間に空洞があってがっかりすることが少なからずありますが、
これはぎっしり!!

中も外もしっとりとしていて上品な味わいでありました。





e0033713_15473565.jpg




ところで、お菓子の右斜め上に白いものが入ったコップが写りこんでいるのにお気づきでしょうか?

ワタクシ、栗饅頭とか黄身餡のお菓子を見ると、
どうしてか牛乳と一緒に食べたくなるのでございます。
(普通のあんこのときはそうはならない。)


黄身餡や栗餡のどことなくレトロというか、和とも洋ともいえるような味わいが牛乳に合うのでしょうか。

それより何より、子ども時代を思い出すというのがその理由のような気もしますが、
なんだかすごく郷愁を誘うのですよねぇ。


お子ちゃま味覚と言われそうで今まで内緒にしてまいりましたが、
この菊屋さんのお菓子の説明書きに、
『お客様から、コーヒーや牛乳ともよく合うよ、とお声掛けをいただきます。』
と書いてあったのを見て、俄然自信を持ったわけであります。



ホント、一度牛乳と一緒におためしあれ。
(ただし、若い方々はダメ。多分このレトロな感じがわからないと思うから。。。)











続いて叶匠寿庵のお菓子は娘たちから。


e0033713_15374539.jpg




上・・ 標野(しめの)
左・・一壺天(いっこてん)
右・・閼伽井(あかい)



閼伽井は香ばしいきな粉のお味とぷるぷるとした牛皮の食感が楽しいお菓子。
それに対して紀州梅をつかった標野は、すっきりさっぱりとしたお菓子。

どちらも冷たくしてもおいしくて暑さを和らげてくれると思うけれど、
閼伽井の方はふわっと優しい涼しさ、
標野はきっぱりと冷たい涼しさでしょうかね。






大のお気に入りの一壺天だけアップ。


e0033713_16234745.jpg



あんこの香り・・というか、あずきの香りがとってもいいんですよね。
甘さもちょうどいい感じ。

真ん中にでかい栗が丸ごと入っているのも泣かせます。




ところでこのたくさんの和菓子たち、
まさか一度に食べたんじゃないだろうなって??


全部一度にいただきましたが、なにか???








まだたくさんあるので当分楽しめそうです。





詰め合わせでいただいた中からこの一壺天と栗まんじゅうだけ
残りの分もダンナに気付かれないところにこっそりと仕舞い込んだとうのは内緒。。。。。








にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2013-08-12 16:36 | マロンな日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30