京都の北から西から真ん中から・・、スイーツあれこれ

e0033713_825414.jpg




こないだ雨が降ってから、ようやく涼しくなって過ごしやすくなりましたね。

あんまり暑いからお菓子だけでも涼しそうなものをご紹介しようと思ったけれど、
もたもたしているうちに季節の方が先にすすんでしまったようです。



写真は京都、鞍馬口にある幸楽屋さんの和菓子。
金魚鉢っていうお名前です。




お味はというと、想像通りというかなんというか、
昔懐かしい少し甘めのゼリーのお味。
冷たくして食べるといい感じです。



                       
                               幸楽屋 金魚鉢 220円


幸楽屋さんの店先。


e0033713_8291111.jpg










さて、ついでなので京都で食べてきた他のスイーツも書いてしまいましょう。



e0033713_8302371.jpg




京町家を利用したフレンチレストラン AO のケーキ。



レストランだけれど、店の奥にある蔵を利用した建物の中でケーキを売っておられて
お店でも食べられます。


e0033713_832327.jpg




ケーキのお名前は、ドーム・クレメ・ダンジュ。(← いちいちメモを見ないと思いだせない。。。)


チーズクリームの中にベリーがたっぷり。
このほどよい酸っぱさがたまりませんわ。
チーズの風味のよく合うんだねー。

ベリーが入っているケーキはいっぱい食べたけれど、
他の素材とのバランスはこれが一番かもしれない。



         
                パティスリー AO   ドーム・クレメ・ダンジュ  480円









続いて今流行のパンケーキ。


e0033713_8371929.jpg



カフェ ラインベック のモーニング  ソーセージ&コーン。

ここラインベックも京町家を改装したカフェですね。



e0033713_8375489.jpg




パンケーキはふわふわのもっちもち。

ケーキっていうからもっと甘みの強いものを想像していましたが、
これはケーキというより、どちらかというと卵焼きの方が近いのでは・・。
卵感がたぁぁぁーっぷり!

モチモチしてるんだけれど、そのもちもち感は重たく感じる前のギリギリのところで抑えて、
ふわっとした感じをわずかに勝たせてある。
でも単にふわふわしてるんじゃなくて、ちゃんとモチモチした食べごたえもある。

なんだかややこしい感想ですが、
そんな絶妙な食感の中にたっぷりとした卵の味わい。

うーむ・・・

今までパンケーキを
『どうせチャラチャラしたバカ女が食べる食べ物だろ!』
なんて馬鹿にしててごめんなさい。。。。





お皿の底からはかわいいマークが・・


e0033713_849961.jpg




こんな可愛さもオバチャンの誤解を招くもとなんだよな(・・と、責任転嫁。)

でもパンケーキって、この味わいからいくと、
甘いクリームやフルーツを添えない方がいいんじゃないかなあ。。。。



   

                     カフェ ラインベック モーニング(ソーセージ&コーン)  
                                  飲み物もセットで735円













さらに、あんぱんなんぞを食してみませう。


e0033713_8551643.jpg





e0033713_8554822.jpg





京都ホテル オークラが経営するカフェ。
一之舟入 un cafe(いちのふないり あんカフェ) ル・プティ・スエトミ  



ここは老舗京菓子司「末富」の秘伝のあんを使ったオリジナルの甘味が食べられます。

写真はイートイン限定の揚げあんぱん。



e0033713_915989.jpg





揚げてあるから外側がパリッとしているのだけれど、
それはいっちばん外のごく薄い部分だけにしてあって、
その中はもちっとしてる。

あっつあつで、パリッ、モチッ!!
それからあんこは甘いけど甘くない、まさにちょうどいいほんのりとした甘さ。

ホント、おいしいです。

      だけど、ちっこいんだよなあ。もっと食べたいよ。。。。





                          ル・プティ・スエトミ  揚げあんパン 367円
                             飲んだのは一保堂さんのほうじ茶  735円










和菓子続きで次は桂の老舗和菓子屋さん 中村軒 から


e0033713_9133856.jpg




すだち氷。



ものすごく酸っぱいのかと思ったら、ふわっと甘い。
それもそのはず、ハチミツたっぷりの白蜜がかけてある。

つけたし用にスダチのシロップもたっぷりもらえるので、
疲れ果てて休憩にかけこんだ最初は甘めの氷、
落ちついたらスダチの爽やかさで暑さを和らげ・・
なんて、甘さと酸っぱさを自分で好きなように調節しながら食べていけます。


それにしてもスダチの香りのなんて爽やかなこと!!
まさに癒しの味でありました。







中村軒を代表するお菓子は麦代餅(むぎてもち)。



e0033713_9202021.jpg





農繁期、農家の間食用にこれを田んぼまで直接届け、
繁忙期が済んでからお代としてお金の代わりに麦をいただく。
麦と交換だから麦代餅。

・・だそうですよ。



e0033713_9225220.jpg





まさに、お餅ですっ!!って感じでどっしりそのもの。
あんこの味は今風に甘さが抑え目ですが、食べごたえは抜群。
素朴で実質的なお菓子です。




                                中村軒 すだち氷  750円
                                      麦代餅   290円
  









最後は mumokutekiカフェ の シャーベットくりーむ 小松菜とマンゴー


e0033713_9275963.jpg




意外に青臭くない。
マンゴーの爽やかさで小松菜がおいしくいただけます。

シャーベットの中に小松菜の繊維がまだ残ってるけれど、
それがかえって身体にいいものを食べてるって感じです。





                   mumokutekiカフェ シャーベットくりーむ(小松菜とマンゴー)  480円








いや、二日間にわたって京都をうろうろしたので、
立ち寄ったお店も京都の北から西から真ん中から・・・
あちこちバラバラになってしまいました。



なに、モンブランがない?
それにスイーツばかりでご飯がない????







それはまた後日。









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-08-29 09:37 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30