9月の読書


e0033713_955521.jpg




   蝿の帝国(帚木蓬生)                       
   遠野物語remix(京極夏彦×柳田國男)
   確率捜査官御子柴岳人(神永学)                
   地層捜査(佐々木譲)
   変若水(吉田恭教)                         
   届け物はまだ手の中に(石持浅海)
   怖いこわい京都、教えます(入江敦彦)             
   奇譚を売る店(芦辺拓)
   ローウェル骨董店の事件簿(椹野道流)            
   ベスト本格ミステリ2013(本格ミステリ作家クラブ編)
   桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活(奥泉光)      
   淳それから(土師守・本田信一郎)
   わたしたちが少女と呼ばれていた頃(石持浅海)       
   たまさか人形堂物語(津原泰水)
   ベスト本格ミステリ2012(本格ミステリ作家クラブ編)    
   TOKAGE(今野敏)
   京都のススメ(仲村清司+京都そぞろ歩き隊)        
   考え過ぎた人(清水義範)
   保津峡殺人事件(津村秀介)                   
   殺人現場はその手の中に(柄刀一)
   カワイイ地獄(ヒキタクニオ)                    
   ごっくん青空 (椎名誠)  





e0033713_9584272.jpg





蝿の帝国(帚木蓬生)

  第二次大戦中に軍医として徴兵された若者たちからみた戦争。
  限りなく命が軽んじられる戦場で、その命を助けることが使命である医者たちの思いは・・





怖いこわい京都、教えます(入江敦彦) 

  夜の京都。
  人通りの多い四条通りや烏丸通りでも一本中の細い道に入ると、
  暗くてだーれも歩いていない・・なんていうことがあります。
  そんな時、なんだかちょっとぞっとする。
  京都の町にはそんな怖さが潜んでいますよね。






e0033713_9585184.jpg





淳それから(土師守・本田信一郎)

  いつまでたっても忘れられない、それほど衝撃が強かったあの事件ですが、
  犯人だった少年はもう保護処分を終えて一般人としての生活に。
  本当に罪を償うというのはどういうことなのか・・
  あの時から、そのことをいつまでも考え続けている。





カワイイ地獄(ヒキタクニオ)
 
  かわいい!!
  どんな物にでも、どんな状態にでも、どんな人物にでも突然発せられるその言葉。
  いったい何をかわいいって言うんだかわからないけれど、
  その『かわいい』ということを人生最大の命題として生きる少女たちの末路・・・




e0033713_959993.jpg






9月は22冊ですか。

読んだ本の数は多いけれど、印象に残るような本が少なかったような・・・


詳しい感想は こちら です。






e0033713_9592068.jpg






これから本を読むのにいい季節を迎えますねー。
楽しみなことです。


面白い本を読むと、
“早く読み終わってしまうのがもったいない。”という思いが無意識に働くのか、
読みながら何かを食べたくなって困ります。


読書がすすむと食もすすむ。。。


読書の秋が怖い・・・











ちなみに写真は上から

  京丹後市 とり松さん の ばら寿司。

            まさにお寿司のケーキだよ。
            ちょっと甘めの酢飯といろんな味の具とハーモニーがたまらない!


  京都市河原町 タナカコーヒさん の ハンバーグサンド。

            ぶっといハンバーグが最高!


  京都の庶民派パン屋さん 進々堂さん の オニオンカイザー

            このうっすいハムがまた、いいんですわ。
            薄くなくっちゃいけないの!







ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2013-10-03 11:40 | 読書な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31