お不動さんがいるのは狸の谷?、それとも山??


京都は京都でも奥の方ばかり行ってるような気がするこの頃、
今回訪ねたのもまた、上り坂を随分上がったところにありました。



ここが入り口。


e0033713_12164818.jpg




ここから登り始めて、最初にあるのは、
車のお祓いをしていただける自動車祈祷殿。


e0033713_13003591.jpg




そういえば、京都市内を走ってる車って、
ここのステッカーを貼ってるのが多いですよね。


e0033713_13043495.jpg



おやっ??
狸谷山って書いてますねー。



そう・・・


今回訪れたのは厄除け、がん封じ、そして交通安全、自動車祈祷の総本山、








坂道の次は階段をのぼる。



e0033713_13364787.jpg








階段の登り口の横にはこんなものもありましたよ。



e0033713_13140745.jpg


小林投手、
お百度参拝記念って、
ここの階段でうさぎ跳びでもしたのかしらん・・
巨人の星みたいだわ。。。
(いや、阪神タイガース・・・)









少しのぼると鳥居が・・

e0033713_13081885.jpg











白竜弁財天様へ続く、ズラリと並んだ鳥居の横を通りすぎてまだまだ登ります。



e0033713_13212090.jpg




階段は全部で250段あるそうですよ。

え~~・・、そんなに沢山。。。。なんて心配しなくても大丈夫。

階段の途中、途中で狸さんが励ましくれます。



e0033713_13243826.jpg




そういえばここは全山、犬お断り。

e0033713_13250284.jpg


やっぱ、狸さんのお山だからかなあ。。。


・・・て、ホントは都から見て鬼門であるここから入り込む
悪鬼を叱ることを『咤怒鬼(たぬき)』といい、
その咤怒鬼不動明王としてお祀りされているからだと思う。









お迎え大師にお出迎えしてもらって・・・


e0033713_13394025.jpg







光明殿(大師堂)に到着。


e0033713_13412983.jpg



ここで半分くらいかなあ。


大師堂の周りには、四国88か所のお砂を固めた石板を並べてあって、
それを一つずつ踏んで行けば88か所の霊場をすべてまわったことになるという。。。

なんて便利なシステム。



e0033713_13422887.jpg





そのお砂踏み霊場の周りにはたくさんの仏様たちが・・


e0033713_13454812.jpg

便利な上にありがたい。。。










・・てなことを言ってないで、先に進みましょう。。



e0033713_13475726.jpg







どんどん上がるとやっとご本殿が見えてきますよ。



e0033713_13493684.jpg





やっと到着です。



e0033713_13500422.jpg




e0033713_13501390.jpg






上から見る市内。



e0033713_13545500.jpg






本殿横に回って市内を眺めていたら、
まるで模型のようなレールの上を
ひとりでに上がってくるものが・・・


e0033713_13561437.jpg


郵便物などをこれで上げているそうです。

いやはや、なんとも。。。。











こちらは宮本武蔵が修行をしたという滝。


e0033713_13591236.jpg






静かな境内と山の上の澄んだ空気、
それにたくさんの仏様・・・

時間がゆっくりと流れていく場所でした。


e0033713_14000961.jpg







e0033713_14001570.jpg










それでは最後に写真をいくつかどうぞ。。





e0033713_14110821.jpg









e0033713_14141919.jpg










e0033713_14123648.jpg










e0033713_14133981.jpg











e0033713_14130461.jpg









[PR]
by michirudesu | 2013-12-01 14:25 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30