詩仙堂と蓮華寺に石川丈山のお庭を訪ねたけれど、侘びの世界はチョー満員。。


狸のお山から下りてきた後は、
あの紅葉の名所へ行ってみました。


e0033713_17292828.jpg



詩仙堂(しせんどう)丈山寺。


実はここの前の道をどんどん登っていくと狸谷不動院に行けるんですよ。
ほとんどだーれも行かないけど。。。







e0033713_17325343.jpg




徳川家康のお気に入りだった石川丈山(いしかわじょうざん)が隠居のために建てた山荘です。

正式名は凹凸窠(おうとつか)。
でこぼこした土地に建てた住居という意味だそうです。





また詩仙堂は、
「ししおどし」といわれるあの仕掛け、
添水(そうず)発祥の地でもあるようですよ。




e0033713_17474373.jpg










家康に好かれているを幸い、
武勇よりも侘び寂びに生きたいというわがままをかなえさせた丈山が
その趣味のすべてを注ぎ込んだであろうここは、
建物も庭もすべてがまさに侘び寂びの極致。





e0033713_17390957.jpg








e0033713_17424578.jpg








e0033713_17431134.jpg







・・ていうか、
右を向いても左を見ても、
あっちもこっちも、あれもあれも、
侘び寂び、侘び寂び、侘び寂び・・・



お前にこの侘びがわかるか?わかるか?わかるか???
と、問われまくっているようで、
もう・・・ほんま、大変です。。。。






e0033713_17490905.jpg









e0033713_17491666.jpg









ま、でも・・・


現実は凡人たちでこの大さわぎ・・



e0033713_17520417.jpg






この季節、
風雅な世界に浸るのは無理なようです。






e0033713_17515714.jpg



















石川丈山といえば、
こちらのお寺の庭も丈山と狩野探幽が一緒に作ったといわれています。






e0033713_18075779.jpg





左京区にある蓮華寺(れんげじ)。


紅葉がことのほか美しい。



e0033713_18163665.jpg








e0033713_18342503.jpg








e0033713_18262904.jpg











ここの燈籠は『蓮華寺型燈籠』と呼ばれます。


e0033713_18182578.jpg








この季節はもう何も言うことはありません。

あとはお写真のみをどうぞ。。。





e0033713_18175046.jpg










e0033713_18283060.jpg










e0033713_18285349.jpg










e0033713_18284228.jpg











e0033713_18351348.jpg

[PR]
Commented by lila_23 at 2013-12-08 13:03
詩仙堂、先週おじゃましましたが、もう終わりかけだったこともあるのか
平日だったせいもあるのか、空いていました。
その上にある野仏庵でお抹茶頂いたり、ゆったりした時間を楽しみました。
京都は見どころがたくさんでよいですねー。
いつかは桜の時期にもお邪魔したいと思いました♪
Commented by michirudesu at 2013-12-13 20:10
lila_23さんへ
lila_23さんも詩仙堂へ行かれたんですね。
空いてたんですって?、いいなあ。
私なんかもう、ほんと、大さわぎですよ。。。

私も野仏庵にも行ってみたかったんですが、公開日じゃなくて残念でした。
ああいうところでゆったりした時間を過ごすって、最高の贅沢って気がします。
京都は何回行っても、また行きたくなりますね。
by michirudesu | 2013-12-03 18:39 | 京都な日常 | Comments(2)