県立近代美術館にダリ展を見に行く。




e0033713_17493669.jpg


滋賀県大津市にあります。


しかし、なんですねぇ・・、
美術館といい、博物館といい、びわこホールといい・・、文化施設は全部、
滋賀県の南の端っこである大津市や草津市にあるのはどういうわけなんだい??

北部には文化なんか必要ないとでも??(怒!)

おかげで湖北に住む私たちは美術館訪問も1日仕事なんだから。。。。
ったく、嘉田知事さんにも何とか考えてほしいものであります。




e0033713_17543075.jpg



・・・と、文句をタラタラいいながら、
ダリ展 です。



でも、ダリ展・・ていうのにこのパンフの写真はどう見たってルノワールのよう。
ダリってこんな絵も描いたんだっけ??
・・とか思って感心してたら、この絵はやっぱりルノワール作じゃないか!

こんなところが滋賀県の美術館の滋賀県たるゆえんのようで、なんかかわいい。




  まあ、今回の企画展の正式名は、
  『幻想の画家ダリとフランス近代絵画の巨匠たち〜諸橋近代美術館コレクションより〜』
  だから、これでいいんですけどね。






それはともかく、
展覧会は面白かったです。

ダリの他に、ピサロ、セザンヌ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ、マティス、シャガール・・・
印象派からエコール・ド・パリからシュルレアリスムまでの絵をたくさんみられて、
とっても充実した内容でしたよ。


人がチョー少ないのも、ホントにゆっくり好きなだけ絵を見ていられてグッドです。





e0033713_18022329.jpg




ダリっていったら、上のような、曲がった時計の絵が思い浮かぶけれど、
あれって、彼が食卓の上で柔らかくなったカマンベルチーズを見て思いついたんだって。

・・なんていうトリビアも仕入れてしまいましたわ。



でも時計の絵はあんまりなかった。

ダリらしいのはこんな絵の他、数点だったかな。



e0033713_18073986.jpg
       お土産の絵ハガキを撮影。




会場の終わりにはこんな面白い展示もありましたよ。



e0033713_18155749.jpg


シカゴ美術館所蔵のダリの作品
『シュルレアリスム的アパートメントとして使用可能なメイ・ウェストの顔』
    ・・・なんちゅう長い題や。。
を立体的に再現したコーナー。


リップソファに座って写真とかを撮ってもOKです。


ダリの世界に自分も参加してるみたいでおもしろかったですよー。


e0033713_18180019.jpg










  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2014-02-26 18:27 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30