八幡市は松花堂弁当の発祥の地


 真言宗の僧侶、松花堂昭乗(しょうかどう しょうじょう)ってご存知ですか??

 もともと石清水八幡宮というのは神仏混合の宮寺。
 だから神社なのに僧もいる。

 江戸時代、
 石清水八幡宮で出家して密教を学び
 その後、阿闍梨(あじゃり)の位にまで上がったのがこの松花堂昭乗さんです。

 書道、絵画、茶道に堪能で、特に能書家としては大変有名だった方ですが、
 晩年はいまの八幡市の一隅に小さい坊をたてて、
 そこを松花堂と称して住まわれていました。



 その草庵茶室は現在の 松花堂庭園・美術館  の中に残っています。



e0033713_18554837.jpg






 折しも、松花堂庭園・美術館では椿展が開催されており、
 庭園にはあちこちに椿の花が・・





 しだれ桜と椿・・


e0033713_19060851.jpg






 椿の散歩道・・


e0033713_19055964.jpg




e0033713_19064703.jpg






 展示室の中にも椿が・・。

 これ、一本ずつ全部違う種類の椿です。
 いったい何種類あるのやら・・・



e0033713_19074181.jpg







 ・・・そんなわけで、背割堤の桜を見に行ったついでに八幡市を散策。
 
 松花堂庭園・美術館でしばしの椿観賞とあいなったわけですが・・・





 e0033713_19112638.jpg





























e0033713_19113170.jpg





















 












 松花堂昭乗は知らなくても、松花堂弁当なら知っている!!
 
 
 何でも風流人の松花堂昭乗さんは、
 農民が種入れとして使っていた中を十字に四つに区切った四角い入れ物を
 絵具入れや煙草盆として使われていたそうで、
 それを見た吉兆の創始者がお弁当の器として取り入れたのだとか。


 だからここ、松花堂庭園・美術館には恐れ多くも 京都吉兆  の 松花堂店 がある。


 せっかく来たからには、これが食べずにいられよかっ!!
 



 ・・と、意気込んで行ったのに、

 お昼と夜の営業時間の谷間。。。。。
 

 お店が閉まってる!(泣)







 なにせ吉兆ですからぁ、
 朝から大枚をはたく覚悟を決めて出かけたのに(・・んな大層な・・)空振り。

 でも気分はすっかり和食になってしまっていたので、
 しかたなく先月新装オープンした KEIHAN樟葉モール でご飯にしたのでありました。



 
 
e0033713_22021665.jpg



 うおまん  の 鯛飯つき うおまん御膳。

 ま、これも十字にくぎってるし、松花堂といえなくもない・・・・こともない。。

 おまけに 高級料亭吉兆じゃないから、他にも色々ついてくるし・・・


 
e0033713_22051373.jpg





 

 


















e0033713_22053078.jpg





e0033713_22053491.jpg
























 デザートだって。。



e0033713_22053786.jpg






 あっさりとした味の鯛飯がおいしくて、
 十分に満足できるご飯でしたよ。




      



    


 おまけに樟葉モールの京阪百貨店でこんなのまで食べてしまったよ。。。



 
e0033713_22095557.jpg



 フルーツJ  の イチゴパフェだよ。

 フルーツ店のパフェがおいしくないわけがないっ!!

 いちごがいっぱい!!





[PR]
by michirudesu | 2014-04-09 22:17 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31