嵐山、法輪寺へ行ってみる。

  
嵐山のつづき・・・


こちらは法輪寺。



e0033713_18173360.jpg


ご本尊は虚空蔵菩薩。
嵯峨の虚空蔵さん(さがのこくうぞうさん)と呼ばれて親しまれているお寺ですね。


数え年13歳になった子どもたちが幸福・健康などを祈ってお参りする
十三参り(じゅうさんまいり)でも知られています。



丑寅(うしとら)年生まれの守り本尊でもあるので、
狛犬(?)も虎と牛。



e0033713_18223569.jpg




ご本堂はこちら。




e0033713_18230781.jpg



京都の女の子は十三参りの時に初めて本裁ちの振り袖を着たりするので、
春、秋のその季節には着飾った子どもたちを連れた人々でにぎわいますが、
今はとっても静か。


紅葉直前の木々の緑が美しい。




e0033713_18324584.jpg



e0033713_18325387.jpg




e0033713_18325712.jpg




法輪寺は十三参りの他にも針供養をされることでも有名です。
毎年12月に大きなこんにゃくに日頃使ってきた針を刺して供養をして針仕事の上達をお願いします。




こちらが供養された針を治める塔。




e0033713_18390595.jpg




平安時代に清和天皇が針供養のお堂をここに建立されたことが由来らしく、
法輪寺では毎年皇室から下賜された針を治める塔もあります。




e0033713_18442439.jpg


こっちは上の方にあるのだなあ。。。。





さて、ここ法輪寺。
実はなぜか一部、ある種の方々にも有名なお寺なのですが・・・


それがここ・・・


e0033713_18480630.jpg


電電宮(でんでんぐう)。

電気と電波の神様です。



もとは雷の神様、電電明神を祀るものとして住民たちに信仰されていたところへ、
昭和31年、当時の近畿電波監理局長・平林金之助が、
今後電波の利用がきっと多くなるとして、
この電電明神を電気電波の祖神として祀ることを提唱。
これに賛同した関西の電気電波関係者によって焼失していた明星社が再興されたもの。

大阪万博を記念して社殿が再建され、電電宮に改称。
今日では、電気・電波だけでなくコンピュータ関係者や電気通信事業者からも信仰を集めている。

             青字 WIKIより抜粋





これが社殿。

e0033713_18564268.jpg







お寺の門の横には電気電波関係者の霊を顕彰する電電塔もあります。


e0033713_18581449.jpg




電電塔のうしろの銅製の肖像は、
電気研究者の代表としてエジソンさんと電波研究者の代表としてヘルツさんですよ。


というわけで、ここはいわばアキバ系の聖地?!

ネット住人の皆さんも、ゆめゆめ疎かにしてはいけない場所なのですよ。。。



それにちなんでか法輪寺さん、
電気自動車およびハイブリッドカーの電気システム安全祈願を受け付けているそうで、
なんともはや、なかなかやるぅ・・・って感じです。





さらにお守りも、さすがって感じ^^

e0033713_19035344.jpg










帰りはうらの道から・・・



e0033713_19213157.jpg



e0033713_19260006.jpg




e0033713_19262149.jpg




そういえば、十三参りで法輪寺にお参りしたあとは
虚空蔵さんにいただいた智恵がなくなってしまうから、
渡月橋を渡りきるまで振り返っちゃいけないって。

なのに写真を撮るために振り返りまくり・・・・・









うーん・・・・

だから智恵の方はどこかに落としちゃって本能のみ。
食べることにしか興味が向かないのか。。。。



e0033713_19144880.jpg



京福の嵐山駅に戻って、
ロールケーキ専門店 ありんこ で  和栗のモンブラン。




e0033713_19161558.jpg


外側のロールケーキ部分がしっとり、もちもち。(494円)
 










にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2014-10-06 19:32 | マロンな日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31