さくらを気にしつつ、伊豆の旅行を振り返る。



せっかく咲いたのに・・・



e0033713_18583329.jpg
賀茂川上流 半木(なからぎ)の道






あ~っ・・・、今にも散りそう。。。。。。



e0033713_18535203.jpg
上品蓮台(じょうぼんれんだい)寺





これからしばらく雨の日がつづくらしい。。。。。

今年のさくらは花が楽しめる時期が短いかも。



e0033713_19024799.jpg
賀茂川上流









・・・と、目の前の桜の便りが気になりすぎて、
もはや伊豆のことなど遠い昔のように思えるこの頃ですが・・・




気を取り直して、
修善寺の街の様子をどうぞ。


e0033713_19075931.jpg




e0033713_19054429.jpg




e0033713_19080291.jpg


こじんまりしたいい温泉地でした。







ここ修善寺は、鎌倉幕府の二代め将軍、源頼家が
北条家との政争に敗れて幽閉されたところ。



結局頼家は北条氏の手によって暗殺されてしまいますが・・・



これが頼家のお墓。
e0033713_19111242.jpg




のちに母である北条政子は、供養のために指月殿という経堂を建てています。


e0033713_19172784.jpg


て、わが子を暗殺しといてあとから供養って・・・・









そしてこちらが修禅寺。


e0033713_19240445.jpg



地名は修寺だけど、お寺は修寺。

ウィキには字は違うけど読み方は両方とも「しゅぜんじ」って書いてあったけれど、
地元の方であるホテルの仲居さんは、
「わたしたちはお寺はしゅうぜんじって言っていますね。」
と、おっしゃっていました。





ご本堂。


e0033713_19275747.jpg



一時間もあったらすっかり散歩で来てしまうような街ですが、
温泉を楽しみながらぶらぶらするのにもってこい。

のんびりとした雰囲気が漂ういい街でした。









続いてこちらは富士の麓、青木ヶ原の樹海。


e0033713_19304183.jpg



入り込んだら戻れないだとか、
磁石も役に立たないだとか、
自殺者が続出だとか、
なにやらおどろおどろしい話ばかり耳にする場所ではありますが、
そんなところに、富岳風穴、鳴沢氷穴 という洞窟?があるのです。




e0033713_19361890.jpg



e0033713_19364256.jpg
富岳風穴





これらは、富士山噴火の時、
もとからあった古い火山の間を灼熱に焼けた溶岩流が流れ下ってトンネルのようになったもの。





e0033713_19395211.jpg




e0033713_19395567.jpg
鳴沢氷穴





寒ーくて、せまーくて、斜面が急で、足場が悪ーい、
まさに洞窟探検の気分になるところでありました。


  ここで川口探検隊とか思いだした私たちにうなづくアナタは●●才以上確定。








・・・と、先月末の旅行はこんな感じでした。



それにしても、ご近所、同僚、サークル仲間、
会う人会う人みなに、

「夫婦で旅行? なんてめずらしい!!




って言わるのはなぜ???!!!










おまけ・・



帰りの中央高速 諏訪湖SAの 味噌ソフトと、


e0033713_19454423.jpg




恵那峡SAの ハヤシカツめし。

e0033713_19454835.jpg




味噌をソフトクリームに??と思うけど、意外に合う!!
しょっぱいと甘いのコラボ^^


ハヤシカツめしはボリューム満点!








さて、4月。

どれだけ桜が見られるかなあ・・・


あ、雨の日は花が若干下を向くので、
お花と目(?)が合いやすいのだそうですよ・・・




e0033713_19544884.jpg







e0033713_19595645.jpg






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2015-04-03 20:01 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30