京のカフェ巡り、今回はほっとするお店を・・


喫茶店、カフェ天国京都・・・

若い女の子でいっぱいのオサレなカフェから、
江戸時代からやってるのか??と思えるような古びた茶店、
はたまた文豪が通ったといわれる名店などなど・・・
いろんな喫茶店がほんとにたくさんある京都の町。



今回もちょっと雰囲気のあるお店を訪ねてみました。


まずはこちら・・


e0033713_17381127.jpg


京都市役所のすぐ近くにある、エイト珈琲店。

緑の屋根のお店です。




アサイチで入ったら、地元の方らしきオジサンが新聞を大きく広げて座っておられた。

メニューを見て、「トーストサンドを・・・」とお願いしたら、
「お急ぎですか???」と。



いえいえ、まーーーーったく急いでおりません。



e0033713_17454124.jpg

出てくるのが遅いっちゃあ遅いけれど、
別にそんなに遅いっ!!というわけでもない。

むしろゆったりとした時間が流れる感じが好ましい。


厚く焼かれた卵とゴマの風味の野菜と細切りの人参と・・。
薄めの味付けだけれど、

おおっ!そうだった!!
昔の喫茶店ってサンドイッチを頼むとお塩の容器を一緒に付けてくれたよね。

パラパラっとそのお塩をすこーしだけふって食べるとめっちゃいい具合です。
パンもちょうどいい焼け具合!


朝から健康的なご飯を食べたなあ・・・と思って、
ちょっといい気分になれました。


e0033713_17460319.jpg
もちろんコーヒーもおいしい。

ノリタケのカップがステキだなあ・・・。(ピンボケだけど。。。。。)










つづいて・・・




名前の雰囲気からしてなんとなくレトロな感じじゃないですか。



e0033713_18011215.jpg
写真を撮り忘れたのでお店のサイトから少し拝借。
雰囲気をご想像ください。





そんなお店で食べるのはやっぱりどことなくレトロな食べ物にしたい。




e0033713_18030683.jpg



e0033713_17550091.jpg



このお店、その名前から勝手に大正期から続いているような古びた喫茶店を想像していたのですが、
実は光がさしこむ明るいカフェ。
内装もレトロそうでいて、意外に新しい。


そんな印象に合わせるかのようにオムライスもなんだかオシャレな感じ。
添えてあるトマトソースも今どきのお味でした。


古さを演出しながら新しいってとこが若い人にもいいんじゃないでしょうか。

クリームソーダのナプキンの折り方もそんな演出かなあ。。








さてこちらはどこかのおうちにお邪魔をしたよう・・・


e0033713_18140161.jpg







よくある町家カフェといえば、そうだけど、
“どうだ、京都だろ、いい雰囲気だろ!!”って言わんばかりの町家オシャレカフェと違って、
ここはほっこり町家だな。


生活感が漂う感じすらして、思わず足を延ばしてくつろいでしまいそうであります。




e0033713_18191854.jpg
京のあさごはん




ホントにこれぞ朝ごはんっ!!

米もうまい!

はんなりと薄味に仕上げられたおかずに体が喜んでるような気がしました。









さて最後は annee(アネ)

ここは以前に三条通り近辺のブックカフェをまわったとき(こちら)に行った
カフェ コチ の2号店です。



e0033713_18241778.jpg
アイスコーヒー






本好きにとって、ブックカフェは癒しの場所ですよねぇ。

さきほどのろじうさぎも本がいっぱい置いてあるカフェでしたが、
ここanneeもそう。

お店によって置いてる本に違いがあって、それもまた楽しいものです。


今回はお腹がいっぱいだったからコーヒーだけでしたが、
ここにはいつかまたパンも食べに来たい。









  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2015-05-11 18:35 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31