5月の読書

 
e0033713_08494725.jpg



  京都祇園遁走曲(玉木正之)                  
  新月譚(貫井徳郎)
  怪しい店(有栖川有栖)                    
  魔法使いと刑事たちの夏(東川篤哉)
  ファントムペイン(神永学)              
  殺人の四重奏(藤本ひとみ)
  火星に住むつもりかい?(伊坂幸太郎)              
  田舎の刑事の好敵手(滝田務雄)
  ホテル・コンシェルジュ(門井慶喜)                 
  何が困るかって(坂木司)
  かまえ!ぼくたち剣士会(向井湘吾)          
  有頂天家族 二代目の帰朝(森見登美彦)
  純喫茶「一服堂」の四季(東川篤哉)               
  謎解きはディナーのあとで 風祭警部の事件簿(東川篤哉)






e0033713_08524196.jpg





e0033713_08525528.jpg









火星に住むつもりかい?(伊坂幸太郎)

  ギロチンによる公開処刑が行われている国。
  日本によーーく似たその国では毎年まわりもちで「安全地区」が指定され、
  そこでは密告によって「平和警察」が危険人物を捕え、ギロチンにかける。
  今回の安全地区は仙台・・・・。


  眉をひそめながらも公開処刑に熱狂する人々。
  一度処刑が実行されると格段に密告数が増えるという事実。
  始めに処刑ありきで行われる平和警察の取り調べという名の拷問・・。
  ホントにどこかの国がかつてやってきたことか、
  はたまたこれから行く道か・・・。
  成立させた瞬間から一人歩きをし始め、やがて暴走し誰にも止められなくなる、
  そんな種類の法律が確かにあるのだけれど・・・
  



  


有頂天家族 二代目の帰朝(森見登美彦)


  天狗とタヌキと人間、その三つ巴の歯車がこの世をぐるぐる回している。
  下鴨神社の森に住むタヌキ一家の三男坊は、
  “阿呆の血のしからしむるところ”によって、今日も京都の町に騒ぎを起こす・・。


  あの『有頂天家族』は三部作だったのか。これはその二作目。
  曰く、“面白きことは良きことなり。”
  曰く、“食は万里を超え、愛は論理を超える。”・・・・







謎解きはディナーのあとで 風祭警部の事件簿(東川篤哉) 


  なぜか世界大会で優勝し、世界一のポリスだということになった風祭警部。
  慰労のために熟年メイドとでかけた温泉で起こった殺人事件に・・・


  「お嬢様はバカでいらっしゃいますか?」のあの毒舌執事、影山とは正反対、
  風祭家には褒めて褒めて、褒めまくる熟年メイドの光山が・・。
  ヤなヤツだとばかり思ってた風祭警部も意外にやるジャン。







     そのほか、詳しい感想は こちら  








e0033713_09225036.jpg






5月はいいお天気の日が多かったですね。
連休もあったし・・・

ということで、フラフラ出かけて不摂生したツケがお腹周りにたまり、
それをなんとか改善しようとこんにゃくや寒天ばかり食べておりました。





その割にこの写真はナンだ???・・と、つっこまないように。。。。

  上・・京都御苑の近く、虎屋菓寮  宇治金時

          美しい緑ですねー。
          もう抹茶のお味が最高ですわ。

  中・・近江八幡市にたねやが作った新店舗 ラ・コリーナ 生どら焼き(チョコバナナ)。

          確かに美味しいけれど、食べにくいのが難点か・・。


  下・・岐阜県大垣市 フランボワーズ のカフェから シェフのお気に入り三点盛り。

          お得感満載!!








    
おまけ・・・



e0033713_09405680.jpg
     


京都祇園 いづ重 のお寿司たち(鯖寿司、上箱寿司、巻き寿司)。


   お味は最高!接客のお姉さん(?)もめっちゃ感じがいい。







と・・・・


e0033713_09433825.jpg


岐阜県各務原市のイオンモールにいたジバニャン!!





ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2015-06-01 09:45 | 読書な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31