7月の読書


e0033713_09143114.jpg



e0033713_09163762.jpg





 死亡フラグが立つ前に(七尾与史)                       
 営繕かるかや怪異譚(小野不由美)
 ぐつぐつお鍋(河出書房新社編)          
 ロートレック荘事件(筒井康隆)
 増山超能力師事務所(誉田哲也)                 
 ナオミとカナコ(奥田英朗)
 暗闇・キッス・それだけで(森博嗣)     
 The Mind Quencher(森博嗣)
 図書館奇譚(村上春樹)              
 バリ3探偵圏内ちゃん(七尾与史)
 真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ(大沼紀子)    
 The Fog Hider(森博嗣)





e0033713_09273366.jpg




ナオミとカナコ(奥田英朗)

 デパートの外商部に勤め前線でバリバリ働く直美と家庭で主婦業をまっとうする加奈子。
 性格も正反対のような二人が加奈子を夫の暴力から守るために協力し・・・


  いや、やっちゃいけないんだよ、殺人なんて・・。
  ダメだってば・・・・、とか思いながら、
  なぜか彼女らを無事に逃したくてハラハラしてしまうのが不思議。





バリ3探偵圏内ちゃん(七尾与史)

 その調査能力からネットの世界で『圏内ちゃん』とあがめられている人物は、
 電波のアンテナが3本ばっちり立つ圏内じゃないと生きていけない・・・


  過去の投稿内容や写真のごく一部から実名や住所、
  その他何から何までつきとめられてさらされる・・・・
  あるよねぇ・・。
  圏内ちゃん、その能力は犯人特定だけに使ってください。。。。




 
真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ(大沼紀子) 

 真夜中だけ開店するパン屋さん。
 いわくありげな男性二人がきりもりしているそこは、やってくるお客もまた訳ありで・・


   どうせまた、ほのぼの系でお涙ちょうだいなんじゃ??
   ・・とか思って読むといい意味で裏切られます。




The Mind Quencher(森博嗣)
The Fog Hider(〃)
 

 剣豪小説、『ゼン』のシリーズの第5弾と4弾。
 読むのが逆になっちゃったけど、ゼンの考え方の透明さが好き。





e0033713_09551155.jpg



e0033713_09581702.jpg





いや、暑いっす。。。。

家ではエアコンの温度を極力あげておりますが、
スーパーやコンビニなど、エアコンを効かせているお店から外に出たときの、
あの“もわっ!!”とした感じがたまりません。

中と外との温度差がめっちゃ身体にこたえます。


本を読んでいても、なんだか根気が続かない。。。




詳しい感想は こちら 







写真・・


   上ふたつ・・京都岡崎の路地にあるヒジョーにちっこいお菓子屋さん 
         千茜(ちせん)の シトロン(450円)とビスキュイ(250円)。

         おいしいんだけど、ちと高いなあ。。。


   真ん中・・・錦のお寿司屋さん 伊豫又 のはもの押し寿司(840円)。

         京都の夏は、はもどす。。。


   下ふたつ・・河原町今出川に新しくできたパン屋さん Artisan'Halles(アルチザナル)の
         スモークベーコンチーズ(240円)とソーセージ(230円)。

         お店の名前も読めないくらい、めっちゃオシャレなパン屋さん。。。












ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2015-08-02 10:07 | 読書な日常 | Comments(0)