日本一長い天神橋筋商店街を端から端まで歩いてみる。

天神橋筋商店街・・・

ウィキによると、南北2、6キロメートル、店舗の数約600店で、
そこは日本一長い商店街だという。



e0033713_09453502.jpg



そんなに長いんなら、いっぺん歩いてみたろ・・
と、出かけてみましたよ。


あ、商店街の長さもさることながら、
この記事も長いよぉ~~。。。
お覚悟あれ・・・・(全長約5メートル・・)










・・というわけで、まずはこちらにお参り。



e0033713_09463721.jpg


ほぼ商店街の出発地点にある大阪天満宮

ご存知、浪速のエネルギーのシンボルともいえるあの、
『天神祭』がとりおこなわれる神社ですよね。




こちらがご本殿。


e0033713_09564972.jpg


天神さんだから、ご祭神は当然菅原道真公です。




菅原道真公は政敵の藤原時平の策略で九州の大宰府に左遷されそこでその生涯をとじましたが、
その約50年後、道真が九州に行く途中で立ち寄ったという大将軍社の前に
突然七本の松が生え、毎夜金色に光ったといわれます。
この出来事を聞いた村上天皇の勅命でここに道真が祀られることになりました。




・・・という話などが説明されたところ・・


e0033713_10054517.jpg





こちらが摂社の大将軍社。



e0033713_10065416.jpg






テレビなどで見る天神祭の様子はものすごくパワフルな感じですが、
平日の天満宮はのどかな佇まいでしたよ。



e0033713_10091224.jpg




e0033713_10093587.jpg





天満宮のお隣は、上方落語の定席 繁盛亭



e0033713_10140837.jpg










・・・さて、いよいよ商店街に行ってみることにしましょう。



ここから出発!


e0033713_10162183.jpg


天神橋筋商店街は1丁目から7丁目まであって、「○丁目商店街」のように分類されています。
1丁目商店街なら天1(てんいち)、3丁目商店街なら天3(てんさん)っていう風に呼ぶんだって。

ほとんどアーケード内だけれど、最初と最後の一部はこうやってアーケードがない部分もありました。



ちなみに、全部を通しての商店街連合組合はなくて、HPとかも別々だった。。。。







あ、そうそうまず最初にこれをもらっとかないと・・・・


e0033713_10284864.jpg

はじめに1丁目か7丁目の決められたお店でこれをもらって、
最後にもう一方のお店に持っていくと・・・
(どうなるかは最後のおたのしみ・・・)








とか言うてるうちにいつのまにか2丁目に・・・



e0033713_10371485.jpg






どひゃあ・・・


e0033713_10333223.jpg

暮らしの衣料「なみき洋品店」

な、なんか、安ぅ~~~~!


この際、ひょう柄の服とか買おうかと思ったけれど、それはそれなりのお値段だった。
うーむ・・・、値段の基準がよぉわんらん。。。。。







つづいて、商店街といえば・・・の、コロッケ食べ歩き。


e0033713_10451858.jpg


中村屋 コロッケ(70円)。


テレビでダウンタウンの浜ちゃんが絶賛してたヤツだそうで、休日には行列だとか。


よく知ってるお肉屋さんのコロッケとは違う。
かなり甘め。
・・ていうか、お肉がないっ!!



でも、カリッ!としてて、風味も良くって、
なによりアッツアツだから、とっても旨かった。







大きな道を横断してもまだ2丁目・・



e0033713_10562233.jpg



お人形さんの部分アップ!



e0033713_10564387.jpg




次はパン屋さん。



e0033713_11033617.jpg




e0033713_11045772.jpg


 


ニッシンベーカリー の 昔ながらのメロンパン(上 140円くらい)と玉子パン(下 50円くらい)。

両方とも、なんだか子どものころを思いだす様な、懐かしいお味だった。









とここで、ん?


e0033713_11103901.jpg


モンブランっていうお店発見!!
喫茶モンブラン。


これはもう、入らいでか、入らいでか・・・






おおっ!
モンブランケーキがちゃんとあったぁ!!!(飲み物とセットで700円)



e0033713_11104965.jpg



ていうか、ケーキセットのケーキは何ですか?って聞いたら、
「はい、サンプルをお持ちしますね。」・・って、
高級スイーツ店のように、銀のお盆に乗せたケーキたちを見せてくれた。


この店構えからは想像してなかった(失礼!)その対応に、なんだか感動!!





e0033713_11105231.jpg



栗クリームはすこーしチョコの風味もあるような感じで、
あと、ナッツの香ばしさもあっておいしいです。

甘さも控えめでとっても食べやすい。





紅茶のカップもなんだかレトロっぽくて可愛いなあ・・



e0033713_11200865.jpg


・・・と思って裏を見てみたら、『YURIE NITANI』って書いてあった。

あの人???












3丁目商店街は上に鳥居が・・・



e0033713_11320296.jpg




しかも鳥居の色がいろいろ・・・・。



e0033713_11331177.jpg





ここでは老舗っぽい和菓子屋さんに寄ってみた。




e0033713_11342694.jpg



薫々堂(くんくんどう)。



e0033713_11371676.jpg


約120年前に誕生したというこのお菓子『浪花津』は、
大阪府に『大阪産(おおさかもん)』として認定されてます。(8束入り840円)


生姜、味噌、柚と三つの味でひとくくりになったおせんべい。
素朴なお味でおいしいです。









なんか、3丁目には古本屋さんがけっこうあるなあ。



e0033713_11432354.jpg



矢野書房。

本が並んでいると、どうしてもチェックせずにはいられない。。。



ここは『このミス大賞』の作家さんの本がなぜだかたくさんあって、
おもわず一冊お買い上げ。



e0033713_11451408.jpg


すごくきれいな古本(200円)。










つづいてまたまた商店街といえば・・・の 鯛焼き食べ歩き。




e0033713_11481766.jpg



e0033713_11483257.jpg





鳴門鯛焼本舗 鯛焼き(150円)。




あちちち・・・・、というくらいアッツアツやもん、
おいしいにきまってるって!

(なんか、感想が雑になってきた気がしないでもない。。。)










ここから4丁目(4番街)。


e0033713_15200311.jpg




まだ半分も歩いてないやん。。。。


ただまっすぐ歩くだけならたいしたことないけど、
あっちへふらふら、こっちへふらふら、
気になる店があるたびに探検したりするから、疲れたぁ~~。。。。。



休憩。




e0033713_15245113.jpg



e0033713_15245585.jpg



西洋茶館 アイスレモンティ(518円)。


お店の外においしそうなケーキも並んでいたけど、
さすがにお腹がふくれてきていたので、ここではお茶だけ。

外観といい、中の感じといい、なんとなくアンティークな雰囲気が漂うお店で
ゆっくりひと休みすることができました。











4丁目はまだまだ続きます。


e0033713_15451243.jpg


天神橋4丁目の北がわ、天4なので『てんしきた』商店街かぁ・・・・









・・と、この写真を撮ったところの目の前のお店で、
お腹がふくれているとかいいながら・・・



e0033713_15372838.jpg



キャベツ焼き天満店 の キャベツ焼き。

お店の横の道端の置いてある椅子で即いただきまーす。



キャベツたっぷりだし、
干しエビや天かすでパリパリとした食感もあって香ばしいし、
生地はもっちりだし、おいしいーーーー^^


それに何より、これって1枚、たった140円なんだよ!




e0033713_15423804.jpg



1枚に1個ずつ玉子がちゃんと入っているのに、
信じられないくらい安いこのお値段!


すごい!!!


10枚くらいまとめて買っていかれる方も多かった。
(しかし、そんなにいっぱい誰が食べるんやろ???)










天五に入ると、道幅がちょっと狭めになる。



e0033713_15533219.jpg





店と店の間にパチンコ屋さんが何件もあったりして、
そのパチンコ屋の自動ドアの開いたときだけいきなり、
“ざあーーーっ!!!”っていう、あの玉が流れ落ちるような音が聞こえます。
で、自動ドアが閉まると急に存在感がなくなって普通の商店街の顔に・・・

なんか、おもしろい。





心なしかお店も濃い(?)お店が多いような・・・








・・・て、虎がぁぁぁっ!!!




e0033713_15595157.jpg


トクヤ洋品店の店先。



ああ、びっくりした。。。。

扱う商品は、もちろんアニマル柄^^;










驚きも冷めやらぬまま、6丁目に・・・




e0033713_16020731.jpg







ここの住まい情報センタービルの8階には、大阪くらしの今昔館 というのがあります。



e0033713_16031127.jpg




中は・・・




e0033713_16065498.jpg




e0033713_16095345.jpg



これ、ビルの中ですよ。

江戸時代の大阪の街並みがみごとに忠実に再現してありますね。
見学者の皆さんさえ、まるで展示の一部のよう。


ちなみに浴衣姿の皆さんは、和服体験中の中国からの観光客の方々です。






ほかにも近世から現代の町の様子を再現したパノラマもたくさん。



e0033713_16133016.jpg




e0033713_16134458.jpg




文人や画人が愛した淀川の様子に焦点を当てた
『「淀川舟游」~若冲・応挙・蕪村も愛した~』
という企画展も開催されていて、とっても見ごたえがある展示館でした。









大阪くらしの今昔館を出たら、このお店。




e0033713_16201461.jpg



“飽きがくるほどアゲガデカイ!”の看板の裏側は・・




e0033713_16210411.jpg


“下品なくらいダシが濃い!”








これがその“飽きがくるし、下品な” けつねうどんだよ。


天六うどん けつねうどん(330円)。


e0033713_16222160.jpg



ほんまにおあげさんがデカイ!!


おつゆのお味はちょっと京都のとちがうなあ。

ほんわかとした甘みがある京都のおうどんとくらべて、
ここのはもう少しお出汁のパンチが効いてる感じ。

ああ、それでダシの濃さが下品だと・・・あわわわわ・・


おあげのお味は思った通りの甘辛ーい、あのお味でした。









さて、おうどんを食べたところで・・・



e0033713_16421983.jpg




天七の商店街はアーケードの外でした。

ようやくここで、天神橋筋商店街はおしまいです。





濃いなあ・・

おもろいなあ・・・

なんでもありやなあ・・・



でもなんか、緊張しないですむというか、
息がしやすいていうか、

ホンマ、元気な商店街でしたわ。







しかし、洋品店はどこもめっちゃ安かった。

その上、置いてある洋服たちは、
アニマル柄はともかく、ふりふりとかキラキラとか、
花だらけとかびらびら(?)とか・・・

ものすごい柄や形態ばっか。




いったい誰が着るネン??・・・って思ってたんだけど、
大阪駅に戻って阪神百貨店の中、エレベーターの前で休憩してたら、
エレベーターのドアが開くたびに降りてくるオバチャンの服がみんな・・・






着てる人、いてたぁぁ!!


(なるほどぉ、売れてるわあ・・・)












あ、そうそう・・・


天神橋商店街を1丁目から7丁目までぜーんぶ歩くと、こんなん、もらえるんですよ。





満歩状。

e0033713_16485292.jpg










にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2015-09-01 17:16 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30