節分お出かけのご飯・・


さて、2日間も京都にいたのに食べたものが少ないなあ・・と思ってるみなさん、

安心してください。
履いて
食べてますから。





・・・というわけでまずは初日の朝ごはん。



e0033713_19422608.jpg


コーヒーハウスマキ の モーニングセット(650円)。

なんだかいろんな雑誌で食パンの耳の囲いの中にサラダが入ってるここのお店のモーニングを見かけるから、
一度行ってみたかったのだけれど、なにせ場所が京都駅からはかなり遠い。

・・ていうか、下鴨神社の近くまで行かないといけないから、
わざわざ朝ごはんを食べるためだけに行くことがなかなかできなかったんですよねぇ。

それにお店の入り口が、間口が狭くてなんとなく入りづらい雰囲気で・・・


でも今回、“わざわざ”でかけて思い切って入ってみたらば、
お店の中は明るくて広ーい。

店員さんも丁寧で、今まで行かずにいて損してたなあって感じ。




めっちゃ居心地がよかったからパンの部分のアップものせちゃうよぉ。

e0033713_19475360.jpg

野菜も新鮮でおいしかった。


でもこの容器代わりのパンの耳、食べていいんだかどうだか迷うんだよなあ。。。
(見たところ、ほとんどの人がちゃあんと残さず食べていました^^)








お昼ごはんは・・・



e0033713_19542270.jpg


京都の冬の風物詩、

蒸し寿司を食べるのだぁ!!



e0033713_19545332.jpg


新京極にある 乙羽寿司の蒸し寿司(1400円)。

あちちちち・・・ってなるくらい、あっつあつ!

温めてあってもお酢が全然つーんとこなくて、優しいお味なのだよ。
具のしいたけもデカイ!!




お吸い物もたのんじゃった(340円)。


e0033713_20192543.jpg

このはんなり薄味がお寿司と合うったら!








夜はホテルで食べようと、かつくら 四条寺町店からお持ち帰り。


e0033713_20224456.jpg


ヒレかつサンド(1000円)。


結構混雑してたけど、持ち帰りの注文にも快く応じてくださる。
それどころか、待ってる間にお茶も出してくださる。
それどころか、しばらくすると“お茶のお代わりはどうですか??”とまで言ってくださる。

ホント、ありがたいお店でした。


出来立てアツアツのカツサンドを包装してくれたから、
パンが湯気でベチャってならないか心配だったけど、
全く大丈夫だった。

パンはふんわりさくさく、
カツはしっとり柔らかあくておいしかったです。







さて翌日の朝ごはんは既述のとおり。

モーニングを二軒はしごして、
そのあと神泉苑で大根を食べて、
そんなこんなで結構お腹がいっぱいだというのに、
お昼は洋食屋さんへ・・・





グリル葵 の 日替わりランチ。


e0033713_20321144.jpg


あの有名なミシュランガイドに“ビブグルマン”っていうのがあるでしょ。

星は付かないけれど、コストパフォーマンスが高くて調査員がおすすめのレストランだという・・。

ここは2016京都のビブグルマンに選ばれたお店なのです。





この日の日替わりランチはエビフライとクリームコロッケとハンバーグ。

私の好きなものばっかりだなあ。
なんていうか、とんがったところが少しもない癒しのお味。

正しいご飯を食べてるなあって感じがします。


それにこれ、お値段が1000円!
ホントにコストパフォーマンスが高いです。




e0033713_20365062.jpg




しかし、カウンターなのにこんなに居心地がいいお店もめずらしい。
奥には常連さんらしいおばあちゃんが食後のコーヒーまで済ませてもまだゆったりと座っておられる。


80歳はとうに越しておられると思えるそのおばあちゃん、
めっちゃゆっくりな口調でカウンターの中の若シェフに話しかけるのを聞いてたら、

「あのなあ・・・・、このまえなあ・・・」

「はいはい、なんですか??」

「私の家のむかいの人がわたしになあ・・・」

「はいはい」
「あっ、いらっしゃいませぇ!」

・・とここで中断となってしまった。



でも、新しく入ってきたお客さんにおしぼりを出したり、メニューの説明をしたり・・
・・・と一連の動作がすんでからシェフがあらためて、

「それで、お向かいの人がどうされたんですか??」
なんて聞いてあげて、また再開。


「あのなあ、向かいの人が私になあ・・・」
って言ってから、
うふふふ・・っておばあちゃん笑って間をおかれ、

「わたしになあ・・・・70歳ですか?やって!」と。

そして・・・





「わたし・・・・、存外うれしかってん!!」ですって。





「うれしかったんですか?」っていうシェフに、

「そうや、存外うれしかってん!!」って繰り返しておられましたよ。



わたしゃ、日常会話の中で『存外』なんていう言葉を使う人に、
初めてお目にかかりましたわ。




それにしても、なんちゅうのんびりとした会話!
聞くともなく聞いてたお客さんたちもみんな頬をゆるめてましたよ。


この店は流れる時間がゆったりしてました。






・・てな具合で、今回は当たりのお店が多かったですね。


では後日、スイーツ関係につづきます・・

        (やっぱり!って聞こえてきそう。。。。)






 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-02-07 21:19 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31