5月の緑の中で泉仙の精進鉄鉢料理をいただく。


緑が美しい季節ですねぇ。 

お天気がいい日のこの時期は本当に素晴らしい。


そんなときには・・・






緑の路地の奥へ・・・

e0033713_19055684.jpg





そしてまた奥の・・・





e0033713_19063738.jpg




さらに奥・・・・  




e0033713_19071566.jpg









こーんな座席でランチをいただいちゃうもんねー。



e0033713_19082430.jpg






ここは、精進料理や割烹、そして仕出しで有名な 泉仙(いずせん)の 大慈院店
なんと、京都大徳寺の塔頭、大慈院(だいじいん)の中にあるのです。


ここでいただけるのは精進鉄鉢料理。

もちろんお店の中でもいただけますが、
爽やかに晴れた日、緑の中でいただくお料理はまた格別。







まずでてくるのはお抹茶とお菓子。


e0033713_19185735.jpg




つづいて・・・
向付けや何やかや(・・てよくわかっていない。。。)



e0033713_19193274.jpg




さらにごま豆腐や炊き合わせや天ぷら・・




e0033713_19224923.jpg



それからご飯(しょうがのご飯だった)やお吸い物・・



e0033713_19235274.jpg




お店の人が気どらない感じで持ってきてくれるので、
ゆっくりと好きなように味わうことができました。

薄味だけど内容が変化に富んでいるので全然物足りなくない。

お肉系がないけど、なんだか身体の中がきれいになっていく気がするなあ。
輝くようなみどりの若葉の下でいただいているので、余計に清々しい。






そしてこのお料理をすべていただくと・・・・





e0033713_19274403.jpg


こうやって、全部の器がちゃんと納まるってわけ。
なあんて、よくできているのでしょう。





鉄鉢というのは、托鉢に出た僧が食物を受けるために用いた鉄製のまるい鉢のこと。

仏の教えによって肉類魚介類を使わず、また食材も余すところなく使い切るという精進料理。

そんなお料理をいただいて、少しは心身が清められたでしょうか。。。。








ついでなので(バチ当たり!)
特別公開されている大徳寺の他の塔頭を見学させてもらいましょう。




e0033713_19334447.jpg


こちらは玉林院(ぎょくりんいん)。

江戸時代に大坂の豪商・鴻池了瑛(4代目鴻池善右衛門)が、
先祖の山中鹿之助の位牌堂として建立したお堂があります。







e0033713_19385688.jpg

大仙院(だいせんいん)。

ここは国の特別名勝史跡である枯山水のお庭が大変有名なのですが、
残念ながら写真撮影禁止。

方丈は国宝。







しかしホント、どこへ行っても緑が輝いていますね。

自然の息吹に癒されるこの頃なのでありました。






 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-05-16 19:48 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31