1月~4月の読書



桜を追い求め桜しか目に入ってなかった日々の中、
ふと気が付いてみたらば、山々の緑がなんと美しいことか。


いつの間にこんなみずみずしい着物にお着替えしたのでしょうか。
ほんと、季節は知らないうちにどんどんめぐっていきます。




e0033713_17441671.jpg








e0033713_17452565.jpg






さて、もう5月なのに今年はまだこれだけしか本を読んでいないのですわ。

  

  捏造のロジック  喜多喜久
  名探偵はもういない  霧者巧
  鬼姫人情事件帖  鯨統一郎
  風のベーコンサンド  柴田よしき
  沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち  七尾与史
  獏の檻  道尾秀介
  スタフ staph  道尾秀介
  月読見  高田祟史
  シャルロットの憂鬱  近藤史恵
  杉下右京の多忙な休日  碇右人
  ハーメルンの誘拐魔  中山七里
  バベル九朔  万城目学
  帰ってきた腕貫探偵  西澤保彦
  クロノス神永学
  確率捜査官御子柴岳人 ゲームマスター  神永学
  ノッキンオンロックドドア  青崎有吾
  月輪先生の犯罪捜査学教室  岡田秀文
  虚実妖怪百物語 序・破・急  京極夏彦

  



e0033713_18190812.jpg





ハーメルンの誘拐魔  中山七里
   子宮頸がんの予防接種で副反応に苦しむ被害者たちが会見を行う。
   それが終わった直後、被害者たちが全員誘拐される・・・



  予防接種というのは本来、
  ひとりくらいは副作用で死ぬかもしれないけど、1万人がそれで助かるならそれでよし。
  というもの。(極端な話だけどね。)
  でもだーれも自分がその1万分の1の役になるとは思ってもいないところが怖いんだよなあ。。







虚実妖怪百物語 序・破・急  京極夏彦
   日本のあちこちで突然妖怪たちが目撃されるようになる。
   人々は妖怪を異常に嫌い、排除したがり、
   妖怪に関係する話を書いている作者、出版関係者らを迫害しはじめ。
   そして挙句の果てにあらゆる妖怪関係を抹殺した極度な真面目社会をめざすようになる・・・
   


 本から漫画、イラスト、ミステリ、映画などなど・・・
 ありとあらゆる妖怪関係の固有名詞が山ほど出てくるんだけれど、
 そのほとんどが『ああ、あれ!』ってわかったワタシって、
 もしかしたらけっこうなオタクなのかもしれない。。。。







e0033713_18014629.jpg




ほかにメモし忘れた本が2、3冊あるかもしれないけど、
4か月でこれだけとは我ながらなんと少ない。


いったい何をしていたんだろう。。。。



          詳しい感想は こちら 





間の写真は連休にドライブに出かけた鈴鹿スカイラインから・・

    上は蔵王ダム、下は野洲川ダム。











おまけ・・・



鈴鹿スカイラインを滋賀から三重に抜けたところにある道の駅菰野(こもの)で買ったまこもドーナツと・・




e0033713_18122323.jpg







別の日に行った道の駅関宿  前田屋製菓 志ら玉

  
e0033713_18121853.jpg






[PR]
by michirudesu | 2017-05-06 18:22 | 読書な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30