夏の京都で桃のデザート

お友だちと会うために京都へ行ってきました。
約一年ぶりです。
学生時代に仲が良かったと言っても、結婚して住むところも離れてしまえば、なかなか会えませんよね。
久しぶりに会って、ついでにケーキ屋さんにも付き合ってもらいました。

e0033713_19373846.jpgTAWAWAの“まるごと桃のジュレ”
京都には独特の京野菜というのがありますよね。
それを専門に扱う京野菜のかね正さんが出しているレストランとフルーツケーキのお店。
烏丸御池の新風館という商業施設の中にあります。

京野菜などのサラダバイキングがついたランチを頼むと、デザートにケーキを食べられます。
ショーウィンドゥから選びたい時は若干の追加料金^^;

どうですか。
桃だよ、桃っ!! おいしそうじゃあーりませんか!!
e0033713_195314.jpg


ん?
皮はどうするんだ??

わははは・・
するするって剥けちゃうんだなこれが。
みずみずしくって、甘くって、
もう・・・たまりませんっ!!

ん???
って、ウマイのは桃? シェフは何をしたの??

いやいや、ゼリーも、もちろんのおいしさでしたよ。
桃はおいしいけど、皮を剥く時に手がかゆくなるし、大きい種が邪魔だし、種の周りの部分が歯にはさまるし・・・
とか文句タラタラの私には、なんてうってつけのデザートなんでしょ。
[PR]
Commented by ゆーらっぷ at 2006-08-16 21:47 x
相変わらず おいしそうなものばかりアップされていて よだれが・・・・
特に今日のこのデザートはなんですかぁ!!
ものすごい迫力ですね、ももーーー!!って 大主張。
ただでさえ ももって 高価で自分で買うにはなかなか思い切りがいるけど これは お値段高そう!でも食べてみたいぃ!


「赤い指」 私もただいま読書中。
初めの様子から 一転 思いがけぬ展開にびっくりしている最中です。
Commented by pinko_okusama at 2006-08-18 16:00
タイトルからしてお洒落やん。
お洒落なデザートは食べるときに少々困難は付き物なのかなぁ~
だからこそまたとっても美味でもございますわよね。
やっほぉーほぉー☆おくさまでございます。
とってもご無沙汰しちゃって・・・申し訳ないです。
姐さんはとってもお元気ですね。
↓のもうひとつ↓のマロンパイのパイの実をスーパーで見つけたとき、
思わず、姐さんの名前を呼んじゃいました「こちるさぁ~ん」って(笑)

「赤い指」、加賀刑事さんシリーズなのですよね。
おくさまもなんとかして読みたいです。
Commented by marine_32 at 2006-08-18 16:24
もも~~~♪食べたいですw
まだお高くて。。。って言ってる間に時期を過ぎちゃうのかも
あれれ。。。

来週こそ!買ってこよ@桃
湖知流さんのせいだからね。桃を食べたくなったのは(笑)
Commented by michirudesu at 2006-08-18 22:45
ゆーらっぷさんへ
主張も主張、ももですよぉぉぉぉっ!!って感じ。
お味もばっちり。
でもね、お値段はそんなに高くないですよぉ。ランチと一緒に頼むと割安なのです。^^

「赤い指」・・腹立つ息子(孫)がでてきたわあ。
Commented by michirudesu at 2006-08-18 23:03
おくさまへ
いらっしゃああい。
お待ちしておりましたわよ~~っ。^^
私もあいかわらずお仕事バタバタ、スーパーうろうろ(栗を求めて)、ケーキをパクパク(一時自粛したんだけどねー、歯痛とおなか周り問題で・・)、の毎日です。
おくさまには、遠く離れたスーパーで思い出してもらえてうれしいです。
そういえば、誰かに呼ばれた気がしたんだよなあ・・(嘘)

なにやらご新居の周りにはパワフルなおばあチャンたちがいっぱいおられるようですねー。ご新居が観光スポットと化した一件を逐一読ませていただきました。
まあ無事にエレベーターのお披露目も済んだことですし、これからゆっくりとお盆のお疲れを癒してくださいませ。
Commented by michirudesu at 2006-08-18 23:06
まりんさんへ
私も、いつも食べたい食べたいと思いながら時期を逃してしまうくちです。
でもこれはおいしかったです。
ただ、桃を普通に食べてるのとどう違うのか、悩むデザートではありました(笑)
by michirudesu | 2006-08-16 20:05 | 京都な日常 | Comments(6)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30