新人の駅員さんの試練

連休初日、秋晴れの今日。
私たちの地方では、ほとんどの小学校が運動会をやってます。

小学校とは縁がなくなってから久しい私は、来月出かける旅行のための切符を買いに行くことにしました。

電車オタクのへっくんがいるため、パック旅行の観光地に用はない。
新幹線で一気に目的地に着けばよいものを、途中で降りてなんとか線だのなんとか号だのに乗らなきゃいけないので、切符の買い方がややこしい。
でもって、行先はなぜか大宮というマイナーなところ。
大宮って、神奈川県だっけ?埼玉県だっけ??

関東の方、すみません。関西人はこんなもんです。
え?
んなもんがわからんのはお前だけやって??
ほんなら、アンタは滋賀県と三重県とどのあたりか区別つくか??
・・・
地元を貶めるような墓穴を掘ってしまったよ。


ま、ともかく、旅費をちょっとでも安くあげたい・・

その強い意志の元、各旅行会社のパンフ、ネット予約、金券ショップ、学割、JR各社のサービス・・・・・・
ありとあらゆるサービスを調べ上げ、
   (この熱意がなにか別のことに生かされていたらさぞかしリッパな人間に・・・)

みみっちく練り上げたプランを実現させるべく、駅の緑の窓口に直接出向いたのでした。



さて、某駅の緑の窓口。

e0033713_1541158.jpg


指定席が取れる窓口は一個しかなかった。
そこのお兄さんが新人さんなのか、
学割での乗車はどこまでだとか、行きは1人分だけど、帰りは二人分の乗車券をくれだとか、新幹線の乗車区間が1人ずつ違うだとかいうややこしい注文に
「・・・はい、・・・はい・・」
と答えるものの、ホントにわかったのか大変に心配。


一生懸命にパソコンをたたいてくれるけれど、なかなか発券ができない。
後ろにもお客さんが並んでるよ~・・

湘南スカイライナーとかいうヤツは普通列車なのに自由席グリーン券があるんだと。
・・・
んな切符をココで買う人などいないわなあ。。。。

新人の駅員さん、時刻表を出して悪戦苦闘。
ベテランのおねえさん駅員さんの助言をもらって、やっと切符がいただけました。


申し訳ないから、途中で後ろの人の発券を先にしてもらったのだけれど、
その時聞こえてきた、
「えっ?もうこのひかりは出てしまったんですか!?次は1時間後!!」
という悲壮な声が気にかかる。
「しかたない、じゃあ、のぞみの切符を・・・」
と買っていかれましたが、私たちが遅かったせい????


ごめんなさい・・・

e0033713_1559392.jpg


       謝ってるのかと思ったら、エビフライを食べてたひこにゃん・・
[PR]
Commented by れいち at 2007-09-22 23:50 x
前に宝塚のチケットとりに某駅に行ったときのこと。
そこの駅員さんはキーボードを叩くのがすごく早くて、ほかの駅より確実にたくさん取ってくれると聞いたので、朝早くから並びました。
販売開始1分くらい前から時報の音量を上げて、開始と同時にキーボードを叩く叩く、早い早い・・・。結局第2希望しか取れませんでしたが、「チカラ及ばずすみませんでした」って言われたとき、こちらこそ申し訳なくてうるっときました。

いろんな苦労をしていっちょ前になっていくんですね。
自分のこどもも、社会に出る前に教えておかなければならないことがいっぱいあり、また社会人になって周りの人の教えを素直に聞けるかとても心配です。

がんばれ、新米さん。
あっ、今夜新米食べた、みずみずしくておいしかった。
Commented by michirudesu at 2007-09-25 18:35
れいちさんへ
この辺りでは、琵琶湖線、東海道線などをのりついで、一度通った所は二度と通らずに一筆書きのように一周すると一駅分の料金で回れることをご存知ですか。
前に一度、電車オタク息子の計画で奈良から和歌山、そして尼崎をまわって帰って帰ろうとしたとき(それでも190円だったか・・)、ウチの近くのもうひとつの駅の駅員さんが鬼のようにババババッとパソコンをたたいて切符を出してくれました。
おまけに、
「途中で駅から出ると別料金になってしまいますよ。」
と、しっかり注意も。
やっぱ、プロはいるんだな、と思いました。

ひこにゃん駅の駅員さんもいつかプロになれるよう応援してます♡

新米・・・・
もう、じいちゃんちが田んぼ作るのやめちゃったから貰えないよ~・・
by michirudesu | 2007-09-22 16:03 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(2)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30