銀座のモンブラン

翌日、東京近郊の電車の写真を撮りに出かけたへっくんと分かれて、銀座へ。
今日は1日モンブランを食べるのだぁ。。。

e0033713_19214592.jpg


まずは銀座ぶどうの木

モンブラン・キャラメル・サレ

デジカメをへっくんが持っていってしまったので携帯のカメラで撮影。
11時開店を待って入ったため、お客は私ひとり。
携帯のカメラは、撮影時にいちいち“パシャッ!!”と大きな音がするし、恥ずかしいッたらありゃしない。
撮りなおすのもはばかられ、見にくい写真なのが残念です。

e0033713_19302493.jpg


メレンゲの中はキャラメルのクリームとベリー系のクリーム。
そして栗クリーム、生クリーム。
そしてチョコ。

もうなんて言ったらいいか、ホントに絶品です。

甘いメレンゲが口に入ったかと思うと、ラズベリーのすっぱさがチラッと存在感を示し、それから栗の香り、生クリームのミルクの香り、
そして上にのった細いチョコは意外なことにしょっぱいのです。

あまい、苦い、しょっぱい、すっぱい・・・
全ての絶妙な取り合わせ・・・

これはひとつの完成したお料理だなと思いました。

ケーキ屋さんの店頭のモンブランじゃなく、お店で食べるモンブランとしてはピカイチと言えるでしよう。
まさに感動物の逸品です。


お店はこげ茶を基調で暗めで静かな雰囲気。
ぶどう色のいすのカバー、カップのお花模様も渋くて落ち着いていました。


                                              1260円




e0033713_19374078.jpg


つづいて銀座和光へ。

和光ティーサロン ケーキセットのモンブラン。

先ほどの味の芸術ともいえるモンブランと違い、こちらはなんてかわいいことでしょう。

ところが!

土台部分のおいしいことったら!!

どうなってるだろう。
わざと焦がして香ばしさをつけた、これはナンの味??
はちみつ??

その香ばしい甘さが栗の味を引き立てて、引き立てて・・・

うーん・・・恐るべし。

e0033713_1944358.jpg


中の栗、周りのクリーム、計算されつくされた量のバランスがとてもうれしい。

ここのティーサロンはピンク中心のクロスと食器でとっても明るい雰囲気。
お客は良家のお嬢様とマダムって感じ・・・
明るい中にゆっくりと時間が流れていました。



                                      セットで1575円



銀座といえば・・・

e0033713_20201847.jpg


資生堂パーラー

サロン・ド・カフェのモンブランパフェ。

真ん中に栗が丸ごと1個。
そして周りに半分に切った栗が3個。

全部で2個半ね・・・
と喜んでいたら、パフェの中からも栗が登場。

アイスもクリームもとっても親しみ深いおいしさ。


このお店、1階で店員さんにうやうやしく出迎えられ、直通エレベーターに送り込んでくれるというものものしさにもかかわらず、カフェの店員さんはとっても元気。

はーい、これがパフェです。おいしいですよぉ^^

ホントにそう言ったわけじゃないけど、いかにも「おいしいから食べてねぇ・・」と言わんばかりににこにこと持ってきてくださる。
“楽しい時間を過ごしてね。”と、心から思ってる感じ。

おかげでどのお客さんもリラックスしてお話が弾んでいます。
わたしもすっかりうれしくなって、パフェをこころゆくまで味わったのでした。





                  1680円     1万円札を出したおつりは全部新札だった・・




e0033713_20211151.jpg

                 
最後は千疋屋総本店のその名も究極のモンブラン。

e0033713_20184469.jpg


“究極”と豪語するだけあって、上から下まで栗のクリーム。
この奥に丸ごと繰りもしっかり入っていて、栗を心ゆくまで味わえるつくりです。

周りに添えられたフルーツのおいしさも印象的でした。



                                        セットで1700円




前日は半分へっくんに食べてもらったからよかったけれど、この日はひとりで食べた私。
この日食べたのは4個なり。
さすがにこれだけ食べると体からクリームの香りが漂うような気がしたのでありました。。。
[PR]
Commented by れいち at 2007-10-22 21:44 x
え~っと・・・
正直、尊敬いたします。
と同時にあいた口がふさがりませんです、はい。
降参しました。
Commented by michirudesu at 2007-10-22 22:18
いやあ、それほどでも。
・・って、褒めてないって^^;

じつはねぇ・・・・・・
・・・・
まだあるんだよぉ・・・・
・・・・
Commented by ゆら at 2007-10-23 10:57 x
すごーーーい!これだけモンブランを食べ続けるとは!
途中のお食事(あったのかな?)も知りたい!
今 銀座 有楽町は 最新注目スポットですよね。
私も 今度東京行ったら あの辺廻ろう。
Commented by mone at 2007-10-23 20:56 x
すごいのひとことでございます、湖知流さま。
ここまで道を究めると、すでに研究と称してもいいのでは?
「マロンの道」の出版をおすすめします。
以後、マロンさまとお呼びしてもよろしいでしょうか?

ところで、これ全部一人で周って一人で食べたの?
Commented by pinko_okusama at 2007-10-24 16:01
こんにちは。
湖知流さん、花のお江戸へ行かれてたのかぁ~いいなぁ~。
銀座やて・・・かっこいい。
なんか大人の女がマロロンできるお洒落な街ですよね(意味不明・・・
やっぱでも銀座だね。お値段にはびっくし・。・
そっか、銀座だとお釣りのお札はピン札なんだ。すごい!って・・・

へっくんも貴重な体験も出来たご様子でいい旅でしたね。
おふたりで行かれたの?
Commented by michirudesu at 2007-10-26 09:30
ゆらさんへ
途中の食事・・・
さすがに食べられませんってば^^;
最後の千疋屋なんて、ちょっと涙目。
“なんでこんな目に・・”って思ったりして・・。
オイオイ、自分が好きでやってるんヤロ・・と自己ツッコミ。

有楽町イトシアはじめ話題の施設には目もくれず・・
今度はゆっくりとまわってみたいなあ。。

Commented by michirudesu at 2007-10-26 09:33
moneさんへ
まだまだアナタ、このくらいではマロン道のほんの入り口でございます。
でも、もちろんひとりで食べたのだよ。
ごはんは抜きだけれど。
もう、ここまで食べるとさすがに当分モンブランは見たくないか・・と思いきや、今ではまたマロン製品を探している自分が怖い。。。
Commented by michirudesu at 2007-10-26 09:45
おくさまへ
花のお江戸でマロロン、マロロン♪
でもホントお値段がちょっとお高いねぇ。

たくさん食べて、とってもおいしくて充実の旅でしたが、ヤワヤワした京都の雰囲気や大阪の気安さもやっぱりいいなあと思ったのでありました。。。

もちろん、旅はへっくんと二人。
お留守番の旦那は、おみやげも当然モンブランなので、その大部分を強制的に私に譲らされる破目になったのは言うまでもありません。
by michirudesu | 2007-10-22 20:31 | マロンな日常 | Comments(8)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30