ヨーロッパの陶器は国王御用達

京都に帰る娘にくっついて、一緒に京都へでかけた5日。
おりしも、京都国立博物館では『憧れのヨーロッパ陶器展』がこの日から幕開け。

e0033713_102410100.jpg



ブルーの地に白くうきあがるウェッジウッドの模様
マイセンの色鮮やかさ
セーブルの繊細さ

美しい・・・

思わず、コーナーごとに
『こん中のを一個だけあげる』
と言われたら、貰うのはこれやな・・と品定め。
(ンなこと、誰がゆうか!!)

うーん、こんな食器ばかりに囲まれて暮らしてみたいですわ。



ま、そうは言うものの
“いったいいくらナンヤロ??”
なんてことが気にかかる庶民には、目の保養だけってことで・・・
[PR]
by michirudesu | 2008-01-10 10:26 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(0)