4月の読書

     狼の寓話(近藤史恵)
     永遠の仔(天童荒太)
     鹿男あをによし(万城目学)
     黄泉路の犬(近藤史恵)
     サマータイム(佐藤多佳子)
     九月の雨(佐藤多佳子)
     こころげそう(畠中恵)
     殺意は必ず三度ある(東川篤哉)
     うそうそ(畠中恵)
     ラットマン(道夫秀介)
     香菜里屋を知っていますか(北森鴻)


                           感想はこちら



今月は少なめ。

こんな漫画を読んでいたからでしょうか・・・


e0033713_104323100.jpg



おっもぉい~ぃ こんだ~ぁら、巨人のほーし~ぃを~・・・




e0033713_10505973.jpg

“さあ、こい!星クン!! 大リーグボールは僕が必ず打ってみせる”

・・・

そうです。あの花形くんです。
花形モータース御曹司という、あの彼の目から見た、例の野球のお話というわけです。

うーん・・
かつての美形は、今こんなお姿に・・・

ちなみに5巻の右に少し見えるのが、その星クンであります。



6巻でまだ、甲子園までもいかなかった。
先は長そう・・・





  
[PR]
by michirudesu | 2008-05-02 11:00 | 読書な日常 | Comments(0)