2009年 06月 23日 ( 1 )

その名も・・・・

    
これはなんでしょう???


e0033713_932134.jpg




中国の醤油さしだとか、インドの壺だとか言っているアナタ、


ちがいます。。。




古くは奈良時代、遣唐使によって我が国にもたらされたというお菓子であります。

京都 亀屋清永さんが、
なんと1000年の歴史を昔の姿そのままに作っておられるものなのだ。



その名も


清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)

 




各寺社総本山御用達の由緒あるお菓子なのだよ、皆のモノ・・・





頭(ず)が高い!!!









と、威張ってみたものの、ありがたがってばかりはいられない。
当然壊して中味を見たくなるのが人情というもの。


e0033713_9192582.jpg




百檀、桂皮、竜脳など仏教で言う「清め」の意味がある七種の香を入れた皮で包み
上質の胡麻油で揚げています。
八つの結びは八重の蓮華をあらわし、形は金袋になぞらえています。
                             (亀屋清永さんのパンフレットより)








一口食べてみると、

むむむ・・

抹香くさい・・あわわわ・・じゃなくて、
お寺の匂いというかなんというか・・・
仏壇に一日あげてあったお供えを食べた匂いと言いましょうか・・・・
(どんどん墓穴を掘っていく気もする)







とにかく、
ふんぞり返って調子に乗った気持ちも
しずしずと静まる高貴なお味であることは確かでした。




ゆっくりと心静かにいただきたいものです。。。





                                       一個 525円 (バラ売り可)








にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2009-06-23 09:37 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(8)


好きなことしかしないっっ!!