カテゴリ:京都な日常( 195 )

夏の京都といえば・・・

 
暑いですね。
・・て、毎日それしか言ってない気がするけど、
京都では祇園祭がもう始まっていて、
本番の山鉾巡行にむけての様々な行事、神事が着々と進行しています。


いまさらですが、先日7月5日に行われたこの行事もその一つ。

7月に入ると各山鉾町では、祭の無事を祈願し神事の打ち合わせをする「吉符入(きっぷいり)」が行われます。
長刀鉾ではそのあと保存会所の2階大きく開かれた窓から
今年のお稚児さんによる「太平の舞」と呼ばれる舞の披露が行われます。





e0033713_17543711.jpg


炎天下で待っていた観光客をはじめ、写真愛好家の皆さんが一斉にカメラを向ける中、
のんびりと優雅に舞われる「太平の舞」。









この舞は巡行の際に鉾上からの太平の舞によって道中を清め、疫病の退散を祈るという大事なもの。

しかし雅というか、典雅というか、公家的というか、浮世離れしてるというか・・・
京都ならではの雰囲気どすなあ。。。




これから祇園祭はいよいよ佳境に入ってきます。









さて、いくら雅やかな舞を見ても暑いものは暑い。

今年6月1日に関西初の路面店を出したというこのお店へ行って ソフトクリームを食べましょう。




チーズタルトの BAKE



e0033713_18072817.jpg

極上牛乳ソフト。


まあ濃いったらありゃしない。
スプーンを入れるのにグッと力がいるくらいですわ。

しかしながら真夏日を思わせる京都の路上。
暑さで溶けるわ溶けるわ。
食べるかぽたぽた垂れるか・・の競争状態で
せっかくの極上のお味をゆっくり味わえない。。。。

もうちょっと涼しくなってから落ち着いてもう一回食べたい。






もちろんチーズケーキも食べましたよ。


e0033713_18184520.jpg


チーズが濃いのにくどくなくて美味しいっす。








 にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   

[PR]
by michirudesu | 2016-07-12 18:20 | 京都な日常 | Comments(0)

  
梅雨明けはまだだというのに暑いっす。

まさにカンカン照り!


そんな中、こんな時期に桔梗が咲くというお寺に出かけてみましたよ。



e0033713_19371156.jpg



京都 東福寺の塔頭のひとつ、天得院 です 。

毎年、桔梗の時期と秋だけの限定公開。




e0033713_20002282.jpg



ここの住坊であった文英清韓(ぶんえいせいかん)長老は、
あの徳川家康がイチャモンをつけた方広寺の鐘の銘『国家安康君臣豊楽』を考えた人であります。

おかげでその時の天得院は取り壊しの憂き目にあっています。


堂宇は、その後、天明9年(1789年)に再建されました。




しかし秋ならまだしも、このキツーイ日差しの中で桔梗が咲く様子は、
なんだか不思議な感じさえしましたよ。



e0033713_19405738.jpg











さて、せっかく東福寺に出かけたので、
同じく塔頭の一つ、芬陀院(ふんだいん)にも立ち寄ってみました。



e0033713_20052846.jpg



ここのお庭の作庭はあの雪舟。
・・・ということで、ここは雪舟寺とも呼ばれています。
(ただし現在のお庭は重森三玲による復元)



e0033713_20063643.jpg



鶴亀の庭。
木々の濃い緑と苔が大変に美しいお庭です。


しかも、だあーーーーーれもいない!!


e0033713_20111725.jpg




一条昭良(あきよし)ゆかりの茶室、図南亭(となんてい)も独り占め。



e0033713_20165793.jpg



秋の行楽シーズンには考えられないことです。

なんて贅沢な時間なんでしょ。


ゆっくりゆっくりと過ぎていく時間・・・。
しばし暑さを忘れさせていただきました。





e0033713_20194846.jpg










・・・とか言っちゃっても、やっぱり暑かった。。。



なので、こんなのも食べてしまいました。



e0033713_20222662.jpg



東山区の ページワン のかき氷。生搾りいちご!!


なんと、入れ物まで氷です。



e0033713_20245875.jpg


氷自体が美味しいんですよねぇ。

それに上にかかってるつぶしたイチゴの部分が最高でした。







  にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-07-08 20:28 | 京都な日常 | Comments(0)

   
京都市伏見区 藤森神社


e0033713_23410100.jpg



こちらが拝殿とご本殿。



e0033713_23412049.jpg



e0033713_23413020.jpg









訪れた時はちょうどあじさい祭りの真っ最中で、献花・献茶奉納の神事が行われていました。


e0033713_23441869.jpg





そう、ここは紫陽花の宮として有名なのです。

六月のこの頃がちょうど花の盛り。
梅雨の合間を縫って、その紫陽花を見学させていただくことにしましょう。




紫陽花苑は第一と・・



e0033713_23474230.jpg




第二の・・・



e0033713_23482609.jpg



二か所に分かれていました。

全部でだいたい3500株の紫陽花があるそうですよ。








・・・というわけで、それでは色とりどり、種類様々の紫陽花をどうぞ・・・・




e0033713_23531650.jpg







e0033713_23544581.jpg







e0033713_23535448.jpg







e0033713_23552251.jpg





e0033713_23542648.jpg





e0033713_23560826.jpg




e0033713_23561502.jpg




e0033713_23561234.jpg












おまけ・・・・


ハート型のもみつけちゃった。。。



e0033713_00014422.jpg






 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-06-20 00:02 | 京都な日常 | Comments(0)

京のさくら・・


日本列島を北上する桜前線が、京都、滋賀に向かって駆け足でやってきて、
そして駆け足で走り去ろうとしています。



今年は先週の木曜日はお天気が大荒れだったけれど、
他は桜の期間に雨が少なめで結構楽しめたのではないでしょうか。





あちこちの桜を↓にまとめてみました。

なんだかYoutubeにあげると画像が汚くなるけど、
よかったら全画面にしてご覧になってください。
  (音が出るのでパソコンの音量にご注意を・・)
  (10分近くかかります。お時間があるときにどうぞ。)











動画の中にも出てきますが、
今年は『松ヶ崎疏水(まつがさきそすい)』を歩いてみましたよ。


明治の時代に、琵琶湖の湖水を京都市へ流すために作られた水路、びわ湖疏水。

その分線の南禅寺辺りから銀閣寺辺りまでは『哲学の道』(地図の黄色いところ)と呼ばれて有名ですが、
当然その先も疏水分線は続いています。





e0033713_20091357.jpg






去年は哲学の道の続きを高野川まであるきましたが、(記事はこちら
その部分は白川疏水(地図の赤い線)と呼ばれています。


今年はその続きにあたる『松ヶ崎疏水』を歩いたというわけです。(地図の青い線)



青い線の左端、賀茂川から出発・・




e0033713_19223897.jpg




賀茂川にでる少し手前から地面の下に入るので、
疏水と賀茂川が繋がってるところは見られません。




e0033713_19264430.jpg






ではここから疏水を逆にたどっていくことにいたしましょう。




おっ、ちゃんと『疏水分線』って書いてある。。



e0033713_19293646.jpg




それにしても桜がきれいです。




e0033713_19231897.jpg



住宅地をずーーーっと桜並木が続いていきます。




e0033713_19304939.jpg



しずかだなあ・・・。



e0033713_19333917.jpg





e0033713_19335166.jpg





e0033713_19373493.jpg






どうですか、この美しさ。



e0033713_19341390.jpg



この美しさに通りかかった人はみんな写真を撮りたくなるようで・・・




e0033713_19354158.jpg





立ち止まって携帯を向ける人はたくさんいるけれど、
観光客はほとんどいない。









おやっ、この辺って『桜木町』っていうんですね。

名前もきれいだなあ。。。




e0033713_19405979.jpg




・・・と、もうすぐ高野川っていうところまで歩いてきたら見えるのがここ。




e0033713_19430541.jpg



そう、松ヶ崎浄水場



e0033713_19455925.jpg







・・・で、ここで赤い線(白川疏水)と青い線(松ヶ崎疏水)が繋がるというわけですね。



e0033713_19494253.jpg




賀茂川から高野川までだいたい一時間くらいで歩くことができます。

美しい散歩道。


できればだれも来てほしくないなあ・・・。
   (・・と、自分だけは例外扱い。。。。。)







 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-04-11 19:59 | 京都な日常 | Comments(0)



並ぶのぼり。



e0033713_22433601.jpg



屋台も賑やか・・



e0033713_22461688.jpg





とうとう本格的な桜シーズンが到来です。

今までずっと満開を待ちかねていたそんなある日出かけたのは、
京都は京都でも京都市じゃなくてその少し南にある向日市(むこうし)。



ちょうど桜まつりの真っ最中の向日神社に行ってきましたよ。







桜の参道。



e0033713_22580991.jpg



こちらがご本殿。




e0033713_22511272.jpg







ホント、満開ですねぇ・・・。




e0033713_22503123.jpg





e0033713_22583629.jpg




e0033713_22540042.jpg





この向日市というところは特に桜を愛しておられるようで、市民の木も桜。

住宅地はどの角をまがってもずらーっと桜並木なのですわ。





e0033713_23061400.jpg






e0033713_23095009.jpg




桜って咲いてる時はほんとに美しいけど、
はなびらが山ほど散ったり、すぐに虫がついたりするでしょ。

これだけの並木を維持していく住民の方たちは大変だと思いますよ。


京都市の並木でも思うのだけれど、
自分の家の前に散った葉っぱを毎朝それぞれの家の人たちが黙って掃いておられますよね。
(落ち葉が嫌だから街路樹は植えるな!とか、木を切れ!とか言ってるどこかの市とは大違い!!)


ある程度『民度』が高くないと美しい町の景観は作れないなあ・・と。。。。。












住宅地の真ん中の噴水のまわりでおしゃべりするおばあちゃんたち。




e0033713_23070402.jpg



ホントに静かで美しい町でありました。








さて・・・

次は京都市に戻って電車に乗りに行きましょう。



京福電気鉄道 が営業する嵐電(らんでん) 沿線も桜がまっさかり。

桜のトンネルになってるのです。



車窓から見ると・・・




e0033713_23243465.jpg





e0033713_23245969.jpg


ありゃあ・・・

電車のスピードが速すぎてうまく撮れへんわぁ・・・。



ええいっ!動画ならどうだ!!








なんか、隣でごちゃごちゃ言ってるオッチャンは知らない“鉄”の方です。
気になる方は音を消してご覧ください。










この桜のトンネルは夜になるとライトアップされて、徐行運転もしてもらえるんですよ。
(ライトアップは4月1日~3日まで)




e0033713_23322182.jpg





・・・て、あちゃ~!!

何が何やらわからへんわ。。。。。


こうなったら夜も動画を・・・

・・・と、再度乗り込んだものの(いったいこの日何往復したことやら。。。。)
動画の撮影にも失敗!


仕方がないので、代わりに昼間に撮った外からのお写真をどうぞ。。。





e0033713_23345137.jpg





ここで待ち構えてェ・・・・・





e0033713_23352917.jpg





わあっ!来たっ!!!!





e0033713_23362472.jpg


この日いったいどれだけの労力を嵐電に費やしたことでしょう。

いや、撮り鉄ってホント大変。。。。。







嵐電撮影、昼の部と夜の部の間に少し時間があったから嵐山にも行ってみましたよ。




e0033713_23411330.jpg



いやもう・・・・、
ものすごい人だった。。。。。


普段も人が多いけれど、桜の京都は並はずれてるわ。。。。。








おしまいは夕暮れの渡月橋・・・


e0033713_23420830.jpg






[PR]
by michirudesu | 2016-04-03 23:54 | 京都な日常 | Comments(0)

本満寺のしだれ桜。


青葉のころはこうだったのが・・・・



e0033713_09361045.jpg




満開!!




e0033713_09364025.jpg




ここは、京都市上京区にある日蓮宗のお寺、本満寺。


ご本堂はこちらです。



e0033713_09415773.jpg




けれどもこちらにはだーれもいなくて、
ていうか、ほとんどの人が本堂には立ち寄りもしないで、
桜の木にばかり注目するのもいかがなものかとは思うのですが、
まあ、それにしても立派なしだれ桜なので、どうしても引き寄せられてしまいます。






e0033713_09484400.jpg








去年の6月に来た時には、
あのこんもりとした木の下に入って花が咲いたらどんな風だろうと思ったものですが・・・




e0033713_09462566.jpg




こうなります!



e0033713_09465099.jpg



四方八方桜に囲まれて、包み込まれているよう・・・。




e0033713_09552559.jpg




まるで空からお花が降ってくるようですわ。




e0033713_09482161.jpg






e0033713_09441694.jpg




いよいよ4月ですね。

しだれ桜を追いかけるように、
ソメイヨシノも各地でどんどんと咲きだしていることでしょう。

いろんな場所に桜を訪ねるのも忙しいことです。


ほんま・・


   世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし


やわあ。。。。。








 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-04-01 10:07 | 京都な日常 | Comments(0)


伏見 長建寺。



e0033713_19211662.jpg




ご本尊は8本の腕を持った弁財天、八臂弁財天(はぴべんざいてん)。
秘仏で、御開帳は毎年元旦から15日間のみだそうです。






e0033713_19260153.jpg




ここは早咲きの糸桜があることで有名なので、どんな具合かなと訪れてみれば・・





e0033713_19271376.jpg



満開!!




e0033713_19280945.jpg




写真を撮っているとちょうどご住職が出てこられました。

ご住職によると・・

ここの桜は京都で一番早く咲くことで有名でNHKもよく撮影に来るんやで。

とのこと。


それでも早いといっても毎年は開花は26日ごろ。
今年は昨日あたりから急に咲きだして一気に満開やわ!
こんなに早いのは初めてや! 

・・と、驚いておられました。




ん?

じゃあ、こないだ行った出町柳の長徳寺の桜の方が早いんじゃ??
あちらの方が京都で一番早咲き???

・・とか思ったけど、もちろんそんなことは黙っときました。。。。



だってこんなにきれいなんだもの。

どっちが早いなんてどうでもいいじゃんねぇ・・・。




e0033713_19421816.jpg




e0033713_19442555.jpg





e0033713_19444981.jpg









早咲きといえば、桜の種類の中でも河津桜(かわづざくら)は、
早咲きの品種として知られてますよね。


同じく伏見の淀競馬場の近くにある水路には、
この河津桜がずらーっと植わっていると聞いたのでそちらにも行ってみました。




e0033713_19484269.jpg





e0033713_19490917.jpg




でもこちらは残念ながら、早くも終わりかけ。

ほとんど葉桜でした。。。。



でも青い空にピンクの河津桜はホント似合うなあ。






e0033713_19504873.jpg





e0033713_19505921.jpg





ほんと、あったかくなってきましたね。


オバチャンたちも桜の下でおしゃべり&お弁当・・・




e0033713_19563341.jpg



[PR]
by michirudesu | 2016-03-22 19:58 | 京都な日常 | Comments(0)

   
花をのみ待つらん人に山里の

          雪間(ゆきま)の草の春を見せばや   (藤原 家隆)




とはいっても・・・







桜が見たい!!!




e0033713_19181039.jpg





・・というわけで、


ここは京阪電車 出町柳駅のすぐそばにある長徳寺(ちょうとくじ)。


京都では最も早く咲く桜のうちのひとつ、おかめ桜見に行ってきましたよ。






どうです、門前の桜はもう満開!



e0033713_19224873.jpg







e0033713_19183961.jpg







よろこびのあまり、もうなにがなにやら・・・




e0033713_19253189.jpg





はやくもピンクの絨毯だーい!



e0033713_19260368.jpg





・・・ととと、いけない、落ち着いて、落ち着いて・・


ここ長徳寺さんは普段は非公開なので、門の前からお庭だけ拝見させてもらいましたが、
桜ばかりに浮かれるのを戒められるような凛とした佇まい。



e0033713_19302199.jpg



おかめ桜はイギリスの桜研究家イングラムが
カンヒザクラとマメザクラを交配して作った園芸品種です。


日本の美女ということで名付けられたそうですが、
おかめって美女かなあ・・・。



まあそれはさておき、
今年最初の春の便りということで、残りのお写真もどうぞ。。。




e0033713_19230155.jpg






e0033713_19361228.jpg






e0033713_19355708.jpg












ついでなので、府立植物園にも行ってみましたよ。





カワヅザクラ



e0033713_19433638.jpg





e0033713_19443769.jpg



カラミサクラ




e0033713_19582779.jpg





e0033713_19583243.jpg





カンヒザクラ



e0033713_19465594.jpg






e0033713_19472103.jpg




トーカイザクラ



e0033713_19490402.jpg



e0033713_19490877.jpg



どの子も他の木々の中に一本だけ、
ぽつりぽつりと咲いてて、
ちょっとさびしそうだなあ・・・






オオカンザクラ



e0033713_19451370.jpg





桜あふれる春はもう少し先・・・












 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-03-16 20:04 | 京都な日常 | Comments(0)

節分お出かけのご飯・・


さて、2日間も京都にいたのに食べたものが少ないなあ・・と思ってるみなさん、

安心してください。
履いて
食べてますから。





・・・というわけでまずは初日の朝ごはん。



e0033713_19422608.jpg


コーヒーハウスマキ の モーニングセット(650円)。

なんだかいろんな雑誌で食パンの耳の囲いの中にサラダが入ってるここのお店のモーニングを見かけるから、
一度行ってみたかったのだけれど、なにせ場所が京都駅からはかなり遠い。

・・ていうか、下鴨神社の近くまで行かないといけないから、
わざわざ朝ごはんを食べるためだけに行くことがなかなかできなかったんですよねぇ。

それにお店の入り口が、間口が狭くてなんとなく入りづらい雰囲気で・・・


でも今回、“わざわざ”でかけて思い切って入ってみたらば、
お店の中は明るくて広ーい。

店員さんも丁寧で、今まで行かずにいて損してたなあって感じ。




めっちゃ居心地がよかったからパンの部分のアップものせちゃうよぉ。

e0033713_19475360.jpg

野菜も新鮮でおいしかった。


でもこの容器代わりのパンの耳、食べていいんだかどうだか迷うんだよなあ。。。
(見たところ、ほとんどの人がちゃあんと残さず食べていました^^)








お昼ごはんは・・・



e0033713_19542270.jpg


京都の冬の風物詩、

蒸し寿司を食べるのだぁ!!



e0033713_19545332.jpg


新京極にある 乙羽寿司の蒸し寿司(1400円)。

あちちちち・・・ってなるくらい、あっつあつ!

温めてあってもお酢が全然つーんとこなくて、優しいお味なのだよ。
具のしいたけもデカイ!!




お吸い物もたのんじゃった(340円)。


e0033713_20192543.jpg

このはんなり薄味がお寿司と合うったら!








夜はホテルで食べようと、かつくら 四条寺町店からお持ち帰り。


e0033713_20224456.jpg


ヒレかつサンド(1000円)。


結構混雑してたけど、持ち帰りの注文にも快く応じてくださる。
それどころか、待ってる間にお茶も出してくださる。
それどころか、しばらくすると“お茶のお代わりはどうですか??”とまで言ってくださる。

ホント、ありがたいお店でした。


出来立てアツアツのカツサンドを包装してくれたから、
パンが湯気でベチャってならないか心配だったけど、
全く大丈夫だった。

パンはふんわりさくさく、
カツはしっとり柔らかあくておいしかったです。







さて翌日の朝ごはんは既述のとおり。

モーニングを二軒はしごして、
そのあと神泉苑で大根を食べて、
そんなこんなで結構お腹がいっぱいだというのに、
お昼は洋食屋さんへ・・・





グリル葵 の 日替わりランチ。


e0033713_20321144.jpg


あの有名なミシュランガイドに“ビブグルマン”っていうのがあるでしょ。

星は付かないけれど、コストパフォーマンスが高くて調査員がおすすめのレストランだという・・。

ここは2016京都のビブグルマンに選ばれたお店なのです。





この日の日替わりランチはエビフライとクリームコロッケとハンバーグ。

私の好きなものばっかりだなあ。
なんていうか、とんがったところが少しもない癒しのお味。

正しいご飯を食べてるなあって感じがします。


それにこれ、お値段が1000円!
ホントにコストパフォーマンスが高いです。




e0033713_20365062.jpg




しかし、カウンターなのにこんなに居心地がいいお店もめずらしい。
奥には常連さんらしいおばあちゃんが食後のコーヒーまで済ませてもまだゆったりと座っておられる。


80歳はとうに越しておられると思えるそのおばあちゃん、
めっちゃゆっくりな口調でカウンターの中の若シェフに話しかけるのを聞いてたら、

「あのなあ・・・・、このまえなあ・・・」

「はいはい、なんですか??」

「私の家のむかいの人がわたしになあ・・・」

「はいはい」
「あっ、いらっしゃいませぇ!」

・・とここで中断となってしまった。



でも、新しく入ってきたお客さんにおしぼりを出したり、メニューの説明をしたり・・
・・・と一連の動作がすんでからシェフがあらためて、

「それで、お向かいの人がどうされたんですか??」
なんて聞いてあげて、また再開。


「あのなあ、向かいの人が私になあ・・・」
って言ってから、
うふふふ・・っておばあちゃん笑って間をおかれ、

「わたしになあ・・・・70歳ですか?やって!」と。

そして・・・





「わたし・・・・、存外うれしかってん!!」ですって。





「うれしかったんですか?」っていうシェフに、

「そうや、存外うれしかってん!!」って繰り返しておられましたよ。



わたしゃ、日常会話の中で『存外』なんていう言葉を使う人に、
初めてお目にかかりましたわ。




それにしても、なんちゅうのんびりとした会話!
聞くともなく聞いてたお客さんたちもみんな頬をゆるめてましたよ。


この店は流れる時間がゆったりしてました。






・・てな具合で、今回は当たりのお店が多かったですね。


では後日、スイーツ関係につづきます・・

        (やっぱり!って聞こえてきそう。。。。)






 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-02-07 21:19 | 京都な日常 | Comments(0)

京の節分(当日編)

   
先日、節分の前の日の京都市内の寺社の様子をお伝えしましたが、
今度は節分当日の様子です。

・・・て、そう、
夜の行事もあるために泊まりがけで出かけてたのですわ。。





でもって、老舗喫茶店のモーニングをなぜか二件もはしごして・・・



e0033713_19320105.jpg



e0033713_19320848.jpg



上・・創業が昭和10年だという『珈琲の店 雲仙』 の モーニングセット。

        奥の席はなんと防空壕のあとだそうで。。。
        マダム・・と呼ぶのがぴったりのような女性ご店主が気さくにコーヒーを入れてくれます。
   
        喫茶でもカフェでもなく“珈琲の店”っていうのがいいよね。


下・・ヤマモト の モーニングセットC
        
        京都に“やまもと”っていう名前の喫茶店が結構ある様子なのですが、
        こちらは歌舞伎座の近くの小さなお店。
        グークールマップにもでてこない。。。
        店内には舞妓さんのうちわもいっぱいだった。

        カウンターの中はこちらも女性だったけれど、
        祇園にあるにもかかわらずこっちのほうが一見さんに気楽な感じでした。








さて朝からトーストを二枚も食べる羽目になったけれども寺社めぐりにでかけましょう。



あ、その前に特賞賞品がトヨタヴィッツだという
例の豪華絢爛、吉田神社の副引きの結果はどうだったかというと・・・

先日当選番号が発表され(こちら)、


・・・


なーんにも当たらなかった。。。。







気を取り直して・・・



e0033713_19230445.jpg


こちら、神泉苑(しんせんえん)


ここは地元の方々が中心の、のんびりとした雰囲気が漂う節分の様子でした。


近所のおばあちゃんたちが古いお札を燃やしてもらってたりするのを眺めて・・・



e0033713_19254270.jpg


お接待のしょうが湯をいただいて・・・



e0033713_19264681.jpg



さらに大根もいただいちゃったりするノダ。



e0033713_19272622.jpg


e0033713_19272014.jpg





そうこうしながら待ってたのは、厄除護摩供です。



e0033713_19574243.jpg
(写真は厳禁なのでこれは神泉苑のHPから拝借しました)




観光客の私でもお堂の中にあがらせてもらえて、
自分の書いた護摩木がお焚きあげされるのをちゃあんと見とどけることができました。










午後は盧産寺(ろさんじ)へ。


ここでは鬼のお加持(かじ)につづいて、
鬼法楽(おにのほうらく)という追儺式(ついなしき)が行われます。



鬼のお加持というのは、
邪気払いされた鬼に身体の悪いところを加持してもらって病気平癒、身体健全を願うというもの。



e0033713_20090001.jpg
この方、背中が悪いのかしら???







鬼法楽は、

村上天皇の御代に宮中で300日の護摩供が行われていた時に
3匹の鬼があらわれて修法の邪魔をしたのだけれど、
護摩供の秘法や追儺師(ついなし)の弓、蓬莱師(ほうらいし)らよって追われて逃げ去った・・

・・という様子を表したものだそうです。







きたきた、きたきた・・


e0033713_20213815.jpg





それでは、暴れまわる鬼、オン・ザ・ショーをどうぞ・・・



e0033713_20240286.jpg






e0033713_20311601.jpg






e0033713_20250524.jpg




e0033713_20344355.jpg



3匹の鬼は人間の3種の煩悩、“貪欲、瞋恚(しんい・・憎み怒りのこと)、愚痴”をあらわしているそうで・・・




それにしても赤鬼さんが火のついた松明を振り回すから・・・



e0033713_20380257.jpg




落ちた火の粉を消してまわっているこの方、
なんだか鬼さんの付き人のようでございましたわ。




e0033713_20395544.jpg





お堂にも入っていく鬼たち・・・


e0033713_20431675.jpg





追儺師が四方に矢を放って・・




e0033713_20444917.jpg



逃げていく鬼たち・・



e0033713_20470594.jpg




この後、豆まき、餅まきが行われます。


きのうの平安神宮に続いてこちらの豆まきも大混乱だったけれど、
ここはおねえさんが伸ばした手の中に豆をふた粒入れてくれた^^
ふた粒食べると寿命が6年のびるそうで・・・



e0033713_20543459.jpg

これは買ってきたヤツ。
これだけ食べたら寿命何年分になることやら・・・





しかし、この行事を見るために一時間前に出かけたものの
舞台周りは既にカメラマンたちでいっぱい。

その背後から背を伸ばすようにして立ったまま、寒風の中待ち続けてたので、
途中で“クシャン!”とくしゃみをしたらば、
腰がずきっっっ!!と。。。



いやあ、あやうくぎっくり腰になるところだったよ。。。

きのうの煙いぶしといい今日といい、
無病息災を祈願なのに、かえって身体によくないんじゃあ???







・・・というわけで、無病息災はこちらでお願いしましょう。



e0033713_21092644.jpg





e0033713_21093045.jpg






これは柏屋光貞さんが節分の日にだけ作られる法螺貝餅(ほらがいもち)。


左京区にある修験道のお寺、聖護院の要請で
ここの9代目の店主が法螺貝に似せて考案されたお菓子だとか。


節分の日に厄除け、無病息災を願って食べるお菓子です。
(5個1400円)。



e0033713_21093424.jpg







そして、節分と言えば恵方巻き。



e0033713_21093897.jpg




三ツ星料亭 菊乃井 さんのを高島屋デパ地下から買ってきたよ。




e0033713_21095710.jpg


京都では昔から、節分の日に“運をつける”という意味から、
“ん”がつく食べ物を食べるとよいとされていて、
菊乃井さんの恵方巻きは、
、に、かぴょう、ちりめ、き
と8つのをいれたとか。



e0033713_21100115.jpg

普通の巻き寿司と違って、
山椒やごまの風味が効いた独特のお味だった。
中身も部分部分で変わって、切らずに一本食べても途中で飽きない。
(1728円)



これで今年の運気も万全!!




              かなあ。。。。




節分前日祭編はこちら

その他、平安神宮の節分はこちら
     須賀神社の節分はこちら
     聖護院の節分はこちら





 にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by michirudesu | 2016-02-06 21:42 | 京都な日常 | Comments(0)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30