マロンういろ

e0033713_8174037.jpg夏休み中も夏期講座でウチのへっくん(森先生、ごめんなさい!!)は塾通い。九時から五時まで会社勤めのようでございます。
いつもは電車で通わせてるけど、せめて仕事のない日は車で送ってあげよう・・と大甘なわたしが彼を送って帰りかけたその時、
目に飛び込んできたのは・・・

 マロンういろ

と書かれた文字。

キキーッ!!

思わず急停車。
引き返して買ってまいりましたよ。
e0033713_8273876.jpg


ういろう・・・
子どものころ、おばあちゃんが時々買ってきていたなあ。
ここんとこ、ずーっと食べたことなかったなあ。
三十年くらい食べてないかもしれないよ・・・

などと感慨に耽りながらいただきました。

栗だらけでございました。
きめが細かくて甘さは控えめでございました。


                                     彦根市 小林屋製菓
                                           一個  94円
[PR]
by michirudesu | 2005-08-30 08:40 | マロンな日常 | Comments(6)

いもサラです。
e0033713_20153729.jpg


どこかのお宅でジャガイモをつぶさないバージョンにお目にかかり、とってもおいしそうでしたが、こっちはつぶすバージョンです。
ジャガイモ以外の中身はハム、きゅうり、たまご、炒めたたまねぎです。


ところで、いもサラに何をかけますか?

かける?そのまま食べるでしょ?と言われそうですが、
おしょうゆをかけて食べるウチは変ですか? 


で、他のおかずもぜーんぶ作って夕ごはんの用意をすっかり済ませてから思い出す。
冷蔵庫の野菜室に大きなキャベツ。

・・・

うわっ、おねえちゃんが帰っているから、みんなでお好み焼きを作って食べようと思って昨日買ったんだった!!

24時間記憶がもたない女・・・
[PR]
by michirudesu | 2005-08-28 20:33 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(4)

原田宏二 道尾秀介

e0033713_10331626.jpg原田宏二  『警察内部告発者』
元道警釧路方面本部長が北海道警察の裏金作りを告発する。
佐々木譲『うたう警官』の現実版


道尾秀介 『背の眼』
天狗伝説のある峠で連続する少年の失踪事件。
付近で撮った写真に不気味に写り込む“眼”・・・



真相の解明を訴える少年の霊より、現実の腐敗ぶりのほうが怖い・・・

                         と、お約束の感想を書きながら食べるポテトチップ

詳しい感想
[PR]
by michirudesu | 2005-08-28 10:45 | 読書な日常 | Comments(2)

奥田英朗 乃南アサ

e0033713_7303574.jpg
奥田英朗 『東京物語』
おお、主人公と同い年だ。十代後半から二十代。なつかしいような、恥ずかしいような・・・。キャンディーズ解散、ジャイアンツ江川問題・・あった、あった・・・。



乃南アサ 『駆け込み交番』
大工、フランス料理のシェフ、電気屋・・かつてその道のプロだった人たちの活躍がうれしい。これぞ“年の功”だよ。




                     マルハの金のどんぶりシリーズ、まあまあおいしい
                          ディスカウント店で91円
         

詳しい感想
[PR]
by michirudesu | 2005-08-22 07:45 | 読書な日常 | Comments(4)

余呉湖

来週の月曜日は学童保育の子ども達とお出かけしなくちゃいけない。
びわ湖をずーっと上に行って(北の方へということです、念のため)てっぺんあたり、余呉町という町のアスレチック施設に行くことになっている。
私もそこへ行ったことがあるが、それはかれこれ10年前。
で、下見に行ってきました。

おおい、寂れてるぞ!“余呉町ウッディパル”

だーれもいなかったぞ。

ま、それはどうでもいいです。
帰りに寄ってきました。

余呉湖です。
e0033713_17373440.jpg


なかなか雰囲気があるいい湖なので、たまーに本を持って訪れています。

周囲5キロほどしかなくて、歩いて周っても一時間くらい、車だと5分で周れてしまうちっこい湖のくせして、ひとまわりの間に↑の脳天気な雰囲気から綾辻の殺人鬼がでてきそうなくらーい雰囲気までいろんな面を見せてくれます。

e0033713_17395865.jpgま、今日は真夏の真昼間のかんかん照り。
写真に撮ると、おどろおどろしい雰囲気も、“涼しげー”程度にしか見えないのが残念。

この湖、車で一周しようと思うと前半はスイスイだけれど、後半の暗い方は道が大変狭く、
“どうか、向こうから来ないで~”
と祈りながら運転することになるのが難点なんだな・・・。


ばったり対向車と出会ってしまったら、それはもう・・・

にこにこ笑ってるしかない・・・

向こうが下がってくれるまで・・・。
[PR]
by michirudesu | 2005-08-20 17:48 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(6)

踊る大捜査線 THE MOVIE

今頃、ビデオを観ている場合ではない!!
仕事上関わる学童保育。
共働きの家の子どもを学校が終わった後から、保護者の仕事が終わるまで預かるサービスだが、夏休み中は朝から夕方までの長丁場。なにせ長くて子ども達も退屈気味なので、
“一緒にビデオでも観ますか?”
という日が3日くらい入れてある。

例年、ポケモンやディズニーアニメといった所だが、
“せんせー、漫画でなくて本物の観たい!!”
・・・・・
どうやら実写のやつを観たいらしい。

で借りてきました。湾岸署。

実はビデオ会は今日の午後。
先に家で観ている私。

いいじゃない、レンタル料はポケットマネーなんだから・・・


おもしろかったよ。
[PR]
by michirudesu | 2005-08-17 07:52 | 映画な日常 | Comments(4)

野沢尚 柴田よしき

e0033713_7381552.jpg野沢尚 『深紅』 
犯罪の被害者の娘と加害者の娘、彼女達が背負ったものの重さがつらくて、つらくて見ていられない。
でも野沢さん、最後に希望を持たせてくれてありがとう。


柴田よしき 『窓際の死神』
この死神さん、死ではなくて生きる意味を考えさせてくれる。誰でも絶対に1回は死ななくちゃいけないんです。きちんと生きましょう・・・


どんなに重いものを背負っていても、それも足跡。大事に積み重ねたい・・・
そんな風に思うのは、そこそこ穏当な生活を送っている者ののん気さなのでしょうかねー・・・



                                   夏の味 ファンタ パイン

詳しい感想
[PR]
by michirudesu | 2005-08-16 07:51 | 読書な日常 | Comments(4)

“和栗とムースの味わいショコラ”  とありますわ。
     明治のリッチフラン。

e0033713_1133369.jpg箱の下には小さい字で“国産栗の上品な甘さのマロンショコラと粒々ナッツショコラのハーモニー”だって。

ちょっと食べてみましょうか。

一口めは “わたしは栗よ!栗なのよ!!”と、栗さんが主張してきます。
二口めは、“ン?やっぱりチョコ?”と、栗さん、チョコに押されがち。
三口めからは、“栗さん、どこへも行かないで~”と、栗さんを追い求めることに・・・。

でも真ん中のさくさくとまわりのチョコ部分の組み合わせが説妙です。

最初の一口を折る時、“パキパキッ”じゃなくて、チョコが多くてちょっと重たいところがいいんだな。
e0033713_11411759.jpg
 
                                        3本×4袋入り
                                        189円

       明治に義理はないが・・・
[PR]
by michirudesu | 2005-08-14 12:00 | マロンな日常 | Comments(8)

亡国のイージス

e0033713_10281819.jpg

ビバシティシネマ
和太鼓の練習がなくなったので、急に思いついて行ってきました、レイトショー。
今日は息子と一緒。


海上自衛隊のイージス艦「いそかぜ」が乗っ取られた。わずか1リットルで東京を壊滅させるという特殊兵器を武器に日本政府を脅迫する彼らの真意は・・・


本を読んだ直後の鑑賞だっただけに違和感は否めない。
本の場合は上巻のほとんどを使ってひとりずつの人物の背負った人生や屈託をじっくり描いてあるのに対し、映画は、
「いきなり下巻から始まったみたいやな。」
と息子が言ったとおり、テロリストとの攻防がメインになる。

平和ボケした国を憂うがばかりに、目を覚まさそうと首都に弾頭を向ける者たちの思いと迷い・・
理想主義と呼ばれながらも殺戮を避けようと奮闘する者の強い意志・・
そんなものが本を読んでいない人にも伝わるのかなあという心配がフツフツと。

e0033713_1181788.jpgでもそれは大きなおせっかいというものでしょう。
戦艦や戦闘機、司令室(?)さすがにかっこよかったです。


国をどうしたいのか、この国がどうあるべきかなど何も考えていない日本人。
恥も節操も投げ捨ててしまった日本人。
無自覚に日常を営む東京を見下ろしながら、内閣情報官役の岸辺一徳さんがポツリともらした
“でも私は、それでもいいと思っているんですよ。”
                     の言葉が印象的だった。

最初、イージス艦に乗り込む場面のとき、すれ違う自衛官同士がしあう敬礼の姿がすごーくかっこよかった。あれって本物の方たちですか??

[PR]
by michirudesu | 2005-08-13 11:28 | 映画な日常 | Comments(6)

花粉症???

ハーックション!!! 

お昼ごろからくしゃみとはなみずが止まらない。

ハックション!!
        ハーックション!!!
             ハーーークション!!!!


      ズルズル
             ずーずー
                 ズルズル ズーズー・・・

e0033713_21373731.jpg

もう、ティッシュの山です。
頭もぼー・・・です。

ナンデこの時期に???

             
      もー、なんとかして~!! 
[PR]
by michirudesu | 2005-08-11 21:41 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(4)