おおっ、こんなところに『読書な日常』というカテゴリがっ!!
いつ、使ったんだろうか・・・

e0033713_738739.jpg
ほおーら、読んではいるのです。
東野圭吾『赤い指』なんて、昨日映画が始まるまでの時間をつぶしている間に書店で衝動買いしたんだから・・・。
新刊を買うなんて、何年ぶりだろ。

『親にオムツをあてる覚悟はできていますか・・』
なんて、書店にかかげられた文句につられました。
デイサービスから、ヘルパーステーション、ケアプランセンターを抱えるシャキョウ職員としては見すごしにできない文句でした。
(自分は直接サービスに関わることはないにせよ。)

早速読んでみましたが、内容は介護に関わることは関わるんだけれど・・・・
新刊だから、深くは書かずにおきましょう。
エンターティメントとして、とてもよかったことは確かです。
東野さんですから、よくないわけはないか・・・

しかし、いつHPの方に感想が書けることか・・・




                 後ろは、春の旅行の時に青森で買ってきたりんごジュース。
                 いつまで、残しとくネン!!
[PR]
by michirudesu | 2006-07-27 07:49 | 読書な日常 | Comments(4)

M:i:III

e0033713_22194451.jpgマイカルシネマ

チャッ!チャッ!・チャッチャッ!
チャッ!チャッ!・チャッチャッ!

どこかのブログで見たような出だしですが・・・
M:i:IIIです。

ⅠもⅡも観ないで、いきなりⅢです。
でも、大丈夫。十分楽しめますから。

いいよねぇ。暑いし、こう、ガガーンのドドーンでスカッとするっていうのは・・。
最新の機器を駆使して、作戦がスラスラ進んでいくのを観ているのは気持ちがいいものです。

フーン、今時はあんなことができるのかぁ。
・・って真に受けてどうする!!って感じですが、ホントにありそうな気がしてくるからおもしろい。

で、心の隅に引っかかるのが最初のシーン。
どうなるのかなあ・・なんて思っていると、
・・・そうくるんかい!!

ま、展開が強引でも、頭にあんなモン簡単に埋め込めるもんかなあと疑問に思えても、どうでもいいよ。
ハラハラ、ドキドキを楽しめればね♡♡

楽しんだはいいものの、家に帰ったら・・・
[PR]
by michirudesu | 2006-07-26 22:45 | 映画な日常 | Comments(7)

日本沈没

e0033713_984474.jpgビバシティシネマ
今回はお友達と一緒に行ったレイトショー。
おやっ?
いつもと違うこの混雑は??
夜遅くにもかかわらず三分の一くらい座席が埋まっていました。

いつもなんて、始まる5分前まで
「ひ、ひとりで観るはめになったらどうしよう・・・」
なんて心配することもあるのにねぇ・・

この映画、33年前に最初に映画化されている。
はい。ぢつは中学生になった私がお友だちどうしで初めて観に行った映画です。
なつかしい・・というか感無量でございます。

前回は、ストーリーなど何もわからず、ただ、『日本が沈むのよ!!』 ということの興味のみで観てましたが、今回は・・・・

やっぱり、『日本が沈むのよ!!』  だけですかねぇ。

前の映画では、なぜ日本列島が沈んでしまう事態になったのかを説明するのに、地球のプレートの動きをコンニャクのようなもので表した画面がなんとも印象的でしたが、さすがに今回はコンピューターを駆使した映像で・・・さらにレスキューや輸送船も最新鋭で、時代の流れを感じました。

いや、だからそれだけに、
そこで数式はとかんやろ?とか
その数字が並んだだけのコンピューターの画面はナンなんや?
さらには、外国の海岸の岩を舐めてどうする・・
とか、ツッコミどころは満載。
まあそれは、“それを言うたらアカンやろ。”ですよね。


地震や噴火、津波の場面は迫力ありました。
逃げ惑う人々の上に津波がドドーン!!
火山弾がお城にガガーン!!
・・・
でも、外国のパニック映画と違って、ヒトの身体が裂けたり、血が大量にドバーッと流れる画面を出す前にあっさり場面を転換するところが日本的な慎みなのですよねぇ。

阪神大震災後の話ということになってた。
実際、あれからもあちこちで起こった大地震の被災者の方には身につまされすぎる場面もあるだろうからそれには配慮しないといけないし、
“女はいつも助けてもらってばっかりかい!!”と、文句を言わせないようにしないといけないし、
科学技術の進歩と原作の大法螺度SF度の釣り合いをとらなくちゃいけないし、
いろいろ大変だったでしょうねー・・とか思いながら観ていました。


それにしても、沈没をくいとめる・・・って、あの手はないやろ。
それこそ沿岸部は大津波ちゃうのん?

事態は収束に向かってるといっても、どこもかしこもほぼ壊滅状態。
明日からどうしたらエエンや?・・・
避難場所どころか食べるもんひとつないやん・・

    あ、ホントに沈んだわけじゃなかったわ・・・

[PR]
by michirudesu | 2006-07-22 10:22 | 映画な日常 | Comments(4)

京都は祇園祭。
本日の今日書いているのも間が抜けてますが、宵々山に行ってました。

というのも、実家の母親の喜寿祝いのための食事会を弟の嫁さんが京都で計画したためで、その日が偶然宵々山の日。
京都は浴衣姿の子たちでいっぱいでした。
さすがに帯の結び方や、小物にひと工夫こらした娘さんも多くて、ほほえましかったですね。

食事会はグランピアホテルの吉兆さん。
おひとりさま○万円というチョー奮発コースなり。
お料理の写真を撮ってた義妹が、
“あとで送りますねー。”
って言ってたから、いつか機会があればご紹介できるかも。。。
美しいお料理でした。はい。

まあ、それはそれとして、夜の食事会なのに午前中から出かけていたのは、この展覧会をみるためで、
e0033713_16351445.jpg
藤田嗣治展。京都国際美術館。

といっても名前くらいしか知らないのです。
むかーし、まだ中学生の頃読んだ松本清張の短編だったかに、巴里でのこの人のモデルだったと自称する娼婦がでてきて、この方の名前を刷り込まれたのでした。
どんな絵を描く方かも知らないままに観にいってみると・・

まあなんと、ほそーい線。
髪の毛も一本ずつ描いたンかいな・・と思える部分があるかと思えば、意外に大雑把大胆な部分もあったりして、とっても印象的。

色彩鮮やかな絵も描いておられましたが、しっとりとした色で、ほそーい筆遣いの目立つ作品がわたし的には好きでした。

巴里で認められたという作品達を見ながら、でもこの感じは・・・
なぜか“日本”という言葉が頭に浮かんできたのですが・・・



さて、ティルームで休憩をしましょう。
テーマデザートなるものがありました。
e0033713_1652884.jpg

黒糖とマスカルポーネのチーズムースだそうです。
この色、和風のような洋風のようなこの感じ。
藤田展にちなんだといえば、そのような・・・
なかなかおいしかったですよ。


このあと下宿からくる娘、模試を受けてから来る息子、家からくる旦那、京都駅で待ち合わせて食事会へ。
そしてその後、祇園祭は初めてだというへっくんを連れて四条へ。
一日で三万歩くらい歩いたかしらン・・・

[PR]
by michirudesu | 2006-07-17 17:06 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(4)

e0033713_10594131.jpg
青い梅の実をいっぱいいただきました。
梅酒を作りたいところですが、お酒は飲めないもので・・・
ジュースをつくってみました。

いかがですか?
梅の実1キロならお砂糖も1キロ。
同量の梅と砂糖を交互にビンに入れておくだけで10日くらいで完成です。

あ、“梅の実はあろたらアカン”
と実をくれたオッチャンは言ってましたが、やっぱり洗ってしまいました。
それで、竹串でプップッさしてから漬けてください。
時々混ざるようにビンを振ってあげてね。

ほおっておくだけでできるなんて、なんと私向きなことでしょう。

もちろんそのまま飲んじゃダメですよ。
4、5倍に薄めてください。
炭酸で割ってもおいしいかも。

冬はホットがいいですねー。

爽やかなすっぱさです。
わたし的にはもう少し甘さ控えめでもいいかなあ。
でもあまり砂糖が少なすぎると梅の実が腐ってしまうのでしょうか。

暑い暑い毎日。
梅のジュースで乗り切りましょう。

e0033713_11123277.jpg


エキスが出た後の梅はしわしわ・・・
[PR]
by michirudesu | 2006-07-14 11:14 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(4)

たねや彦根店(美濠の舎というたいそうなお名前がついています。)はパンも売ってる。
買ってきました。あんぱんとたまねぎのパンとシナモンスティック。

e0033713_20254113.jpg

普通のパン屋さんのようにトレイとトングを持って好きなのをとるわけにはいきません。
この子達はみんなガラスケースの中。
ケーキと同じようにひとつずつ店員さんにとってもらわないといけません。

そして丁寧に包んでもらって、それから紙の手提げに入れてもらって・・・・
やっと持って帰ることができるのです。
e0033713_2033650.jpg

丁寧に守り育てられたお嬢さんのようですねー。
でもこれだけで300円くらい。
いいのかねぇ、こんなに包んでもらっちゃって・・・


お味? 
新たまねぎの甘みがいきたたまねぎのパン、大好きです。
シナモンスティックもパリパリ、サクサク♡

    あんぱんはへっくんが食べてしまいました・・・


     たねやのケーキ1
     たねやのケーキ2
     たねやのケーキ3





           
[PR]
by michirudesu | 2006-07-03 20:43 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(8)


e0033713_23343331.jpg森永 梅酒のショコラ

“夏の夕涼み”ですとな。
くいしんぼうさんも食べておられました。
気になります。
“冷やしてもおいしい”ってある。
チョコは必ず冷蔵庫で冷やして食べる私。
はいはい、冷やしますよ~

さてさて・・・冷えたかなっと。
おおっ!!
箱を開けると梅酒のあまーい香りが・・
私、お酒は飲めないんだけど食べられるでしょうか・・・

なら買うな!!とか言う声が聞こえてきそうですが、あれあれ、後ろには暖かくなる前に買いだめした某社バッカスとラミーもあるのだあ!!
チョコは大丈夫なんです。
ていうか、かなり好きかも。
ちなみにアルコール分2.3パーセント
バッカスは3.4パーセント、ラミーは3.7パーセントだって。

e0033713_23415553.jpg
あ、梅酒のチョコでしたね。
はい、さわやか~ でした。
スゴク食べやすい。
夕涼みというだけあって、ホントに涼しげなお味。
いいじゃん、いいじゃん♡♡♡


チョコならお酒でも大丈夫・・・と言っても、4、5個食べたらなんだかいい気分になってきた。
さて、お昼寝してきますかね~
と、二時間も熟睡してしまった本日でした。

      


                e0033713_23471738.jpg
     



           チョーヤ梅酒入りだよ~っ!!
            158円



  ラミーのアイス
[PR]
by michirudesu | 2006-07-03 00:05 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(10)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31