しつこく栗まつり

やっぱ、和菓子も忘れたらアカンでしょ・・・
e0033713_12385584.jpg
たねや 西木木(さいきぼく  写真左)と栗小僧(くりこぞう  写真右)。

さいきぼく・・西木木・・
おおっ、あわせて栗の木ではありませんか!!
  ・・・
  みんな知ってるって^^;

一個ずつしか買わなくても、たねやさんはいやな顔一つせず、ちゃあんとちっこい箱に入れて、3本入りの楊子の袋もつけてくれるの。
いつもながらお菓子さんたちは大変仰々しく丁寧に扱われています。

中はこんなの。
e0033713_12461730.jpg
あ、切っても同じでしたね。

栗をふんだんに使ってあるらしく、しっかりとした栗のお味。
それをしつこくない甘さが支えています。
歯ざわりなめらか、栗の香ぷんぷん、変な表現ですが、気持ちよーく食べられるお菓子です。

たねやさんの洋菓子部門であるクラブハリエのモンブランはちょっと苦手だったのですが、これを食べてどうしてかわかったような気がしました。
あれって和菓子と思って食べたらおいしいかも。。。


                                   西木木も栗小僧も一個350円



つづいてぐーんと身近になって、ローソンから栗まんじゅう。
e0033713_13114654.jpgその名も“栗まん”
ミニサイズの栗まんじゅうさんたちです。
個別に包装されていて、ちょっとずつ食べられるのがうれしいです。

こちらは140円(だったかな??) 
とても身近なお値段。



このごろ食べすぎでまたおなかがでてきてしまったよ。
栗の季節は目をつぶってばく進だぁ。。。。
[PR]
by michirudesu | 2006-10-27 13:23 | マロンな日常 | Comments(6)

栗まつり パート2

ご要望にお応えして(誰も言ってないって!!)ケーキの部。
e0033713_17291864.jpg
滋賀県 彦根市。
たねや”のすぐ前で営業をするという ポム・ダムールのモンプラン。

秋だけしか売ってないのだよ。

モンブランっていうケーキは、東京自由が丘のモンブランっていうお店の店主が、あのモンブランの山を見て感動して作ったといわれているけど(こちらをどうぞ)、もともとフランス生まれという説もあるようですね。
中がクリームやカステラのヤツと中がメレンゲのヤツと、どうも二通りの系列があるなあ・・と思ってましたが、どうも土台がメレンゲのヤツはフランス系な気がします。

長々書いてしまいましたが、この“ポム・ダムール”のパティシエはフランスの方。
当然中身は、メレンゲ土台。
e0033713_1750650.jpg
わたしゃ、中がメレンゲのヤツは苦手なんだよ~・・・
と、ちょっと思ったのもつかの間。
量がそんなに多くない(切ったら半分くらいメレンゲっていうお店もあるよなあ・・)のと、土台自身がチョコレートでうすーくコーティングしてある(!)のとで、全然気になりません。

ていうか、甘さを抑えた栗のクリームにメレンゲがフンワリした甘さを補って、とってもいい感じ♡

栗チョコは多いけど、だいたい栗ってチョコに負けちゃうよなあ・・と思っている身としては、このコーティングされたチョコの量の絶妙さが嬉しいです。
栗を殺さず引き立てて・・・♡♡
これならメレンゲ土台も許せてしまうのでした。
450円くらい。


e0033713_180587.jpg続いて彦根市。
ショコラっていうお店のモンブラン。
このお店、子ども達を塾に送り迎えする道沿いにあるお店で、もう何年も前から気になっていながらいけていなかったお店です。
だってねー、塾迎えは夜だからいつもお店が閉まっているのだよ~。

今回、やっと昼間に買いに行ったという次第。
ショーケースとクッキーが並んだ棚があるだけの小さいお店でした。
でも、ケーキをふたつしか買っていない私にもとっても丁寧な御礼のお言葉。
マニュアルじゃなくて心から・・という感じで、
ひとつひとつのケーキを大事に扱っておられるんだなあと思いました。
e0033713_1874154.jpg
この子は土台がカステラ。
一口食べるとふんわり洋酒の香り。
真ん中の白いクリームがあっさりしてる。
縦に一気に食べると、濃厚栗クリームとあっさりクリームが交じりあって、とっもおいしいです。
ちょっと小ぶりで、オシャレなお嬢さんって感じ。
たぶん440円


e0033713_18124343.jpgさて、スターバックスのマロンバー。
スタバのケーキ初体験でしたが・・・
マロンはいっぱい。ボリュームはあります。

そんなに何でもかんでもコーヒー店に求めてはいけないよねー・・     250円


でも、こっちはなかなかがんばってるらしいのよ。
e0033713_18173784.jpg
マクドナルドの三角マロンパイ。
あんまり私が栗、栗言うものだから、へっくんが
“こんなの食べたけど・・”
と、携帯から送ってくれました。
私はまだ食べてませんが、あつあつ、とろー・・でけっこうイケルらしいですよ。
なんと100円!


マックときたら、コンビニも・・・
e0033713_18214059.jpgローソンのモンプランプリンシュー。
シューの中にはプリンとマロンのクリームが・・。

コンビニのお菓子もバカにしたものじゃなくって、季節ごとにおいしいものがいろいろでますねー。
栗とプリン???
違和感があるようですが、全然大丈夫。
おいしーくいただきました。
140円

ということで、このモンブランプリンシューの中身でひとまずおしまいです。


ひとまず???
e0033713_18524645.jpg

[PR]
by michirudesu | 2006-10-20 19:01 | マロンな日常 | Comments(7)

栗まつり!!

各社新製品の嵐により、こぉぉんなに溜まってしまいました。

e0033713_826630.jpg
まずはイチオシ、森永とろふわまろんプリン。 こちらもどうぞ。
テレビチャンピオンお菓子作り名人選手権で優勝した方が開発担当したとか。
ほんとに口の中でとろーっととろけます。
甘さも控えめいい感じ。
栗もほどよく主張しています。

e0033713_8341088.jpg次。
おなじみ、ブルボンのプチビットシリーズ
それのモンプラン。
“写真はイメージです”って、アナタ、モンブランがそのまま入ってるわけないジャン。
でも食べやすいお味になっていると思いました。
中のツブツブがクッキーじゃなくてホントの栗ならなあ。。。


e0033713_8395280.jpgつづいて、これも森永さんの栗の季節クッキー。
この子、去年もいたよなあ。
カントリーマアムがしっとりだとしたら、この子はさっくり。
外のクッキーは、さっくりホロホロ、くだけ具合というか、溶け具合というか、とっても歯ざわりがいいのです。
そこへ中のクッキーがとろっと絡んで・・たまりません♡
(なんか、去年もそんなこと書いたような・・・・)

おやー!!去年は名前が違ってたのか・・
e0033713_8463259.jpg

この方のところへお嫁に行ったのね。
e0033713_848985.jpg





いやいや、そんなこと言ってる場合じゃないわ。
つぎの栗さん。


e0033713_8504914.jpg
どこのメーカーさんか忘れてしまいました(^^;)
発売元が聞いたら怒りそうな事態ですが、なにせ大分前に食べたから・・・(と言い訳してみる。)
    
チョコのカップの中に栗風味のクリームが。
チョコレートを冷蔵庫で冷やして食べる癖がある私には、外側のチョコがパリパリッとして、中の部分との歯ごたえの違いがとっても楽しかったのです。
ついつい後をひいてひと箱全部を・・ということになったことはよく覚えてますわ。。

この子の中身でひとまずおしまい。
e0033713_9114122.jpg

         まだケーキの部があったりして・・・・・
[PR]
by michirudesu | 2006-10-20 09:13 | マロンな日常 | Comments(4)

元町の大丸百貨店栗のデザートフェアー中です。

e0033713_9501588.jpg

サロン・ド・テ・モロゾフさんのモンブランだぁ!!
美しいですねー。
こっちも芸術品ですわ^^

e0033713_9532369.jpgとおおってもおいしかった。
外の栗クリームは香り高く、中に入ってる白いクリームはとろーっと溶けて、コクがある。
栗の粒と一緒にくだいたクッキーも入っていて、それがいいアクセントになってました。
甘く煮た栗が添えてあるのも嬉しい。
もちろんチョコもうまいのだあ。
セットで1200円
ケーキだけの値段は不明。


中華街をうろついた後、もういっぺん戻ってきて、ヴィタメールでマロンパフェを食べようと思ったけど、15人くらい並んでるではありませんか。
あきらめて、サロン・ド・テ・ドンクの方へ・・

e0033713_9582535.jpg
チョコと栗のレアチーズケーキ。
チョコ風味のレアチーズケーキの中に板チョコのかけらがゴロゴロ。
そして、大きな栗も・・。

甘い物好きな人は、ホントに甘いのが好きだから甘さ控えめじゃなくたってかまわない。
ガツーーンと甘いのが食べたいものさ。
・・・
なーんて普段は言ってる私ですが、二個めとしてはキツかった^^;
甘いものに飢えた時に食べたい。

セットで850円。
[PR]
by michirudesu | 2006-10-16 10:11 | マロンな日常 | Comments(4)

オルセー美術館展

e0033713_80374.jpgいきなりピントのぼけた写真で失礼しますが、モネです。
神戸市立博物館で開催中のオルセー美術館展に行ってきました。

ルノワール、ゴッホ、マネ・・名作がいっぱい。
中でもモネ・・・
きれいだなあ。
絵の中にあるきらきらの光を観ていると全然飽きません。

“ああモネね、日本人ってこの人好きだよな。”
なんて言いながら通り過ぎた方がいましたが、いいんだい!きれいなものはきれいなんだから!!


絵画の世界に疎いわたしにとっては、ルノワールだ、マネだ、モネだというのは、織田信長や豊臣秀吉とかいった歴史上の人物とほとんど同じ扱い。
知識としては知っているけど、遠い遠いお方であります。
でも、この展示作品の中に彼らが集まって歓談したり互いの作品を鑑賞しあったりしているところを描いたものがあって、なんだかちょっと身近に感じましたね。
彼らの時間と今とが確かに繫がっている感じ。

しかし、いかめしいあのお髭にあの立派なお洋服。
芸術家たちって、もっと小汚い格好をしていたのかと思ってたよ^^;

JRが・・・
[PR]
by michirudesu | 2006-10-16 08:54 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(2)

秋の日にお箏のしらべ

e0033713_12244527.jpg
お箏の発表会です。

今は各地の大学に行ってしまった高校の箏曲部の同級生達何人かが、毎週先生のところに集まって習っているようです。

先生は、このお月謝も払わないあつかましい娘達を追い出しもせず、おまけに発表会にまで一緒に出させてくださしました。
いいのでしょうか・・・

e0033713_12393470.jpg
いろんな教室(って言うのかぁ?)の合同の発表会ということで、観ているお客は全員関係者って感じでしたが、みなさん一生懸命で立派な演奏でした。

あきらかな茶髪をアップにしてたおネエちゃんもいましたねー。ジャンパーなんかを着た男の子がその子が出るときだけ見に来てたりして・・
きっと普段はもっとヤンチャな格好をしてるのでしょうが、お着物で正座。
一生懸命お箏に向かう姿も、姿勢を正してお辞儀をするところも、ほほえましかったです。


ところで・・・

はい、振袖です。
一曲だけの演奏のために朝から用意が大変でありました。
なにせ、髪も着付けもわたしはできませんから。

初めて袖を通すのは成人式だと思っていましたが、意外なところでの初披露となりました。

いかがでしょうか・・・
[PR]
by michirudesu | 2006-10-09 13:06 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(10)

買っちゃった

e0033713_10203687.jpg
『邪魅の雫』
京極夏彦さん。

これを買うと小冊子「京極夏彦全作品解説書」がもれなく貰えるというのに惹かれたというか、なんというか・・・

でもね、本屋さんがくれないから聞いてみたら、
「地方の書店では小冊子だけ入荷が遅れています。」
って。
入荷次第、連絡を下さるというので本だけもらってきました。

うううっ、地方は哀しい。

手元にあっていつでも読めると思うからか、まだ読んではいないのです。
もう少し熟成するまでおいておきましょう。。。
[PR]
by michirudesu | 2006-10-04 10:27 | 読書な日常 | Comments(6)