5月の読書


     ぬばたま(あさつのあつこ)
     JR福知山線脱線事故(被害者有志)
     ハートブレイク・レストラン(松尾由美)
     とっても不幸な幸運(畠中恵)
     ちんぷんかん(畠中恵)
     本当は違うんだ日記(穂村弘)
     イジ女(春口裕子)
     慟哭-小説・林郁夫裁判-(佐木隆三)
     もえない(森博嗣)
     ラットレース(方波見大志)
     The Book(乙一)
     死ぬかと思った(WEBヤギの目編)
     削除ボーイズ0236(方波見大志)
     JAL機の懲りない人たち(伊集院憲弘)
     狐火の家(貴志祐介)
     白蛇の洗礼(高田崇史)
     学ばない学園の探偵たち(東川篤哉)
     三毛猫ホームズの暗黒迷路(赤川次郎)
     家族狩り(天童荒太)
     名探偵症候群(船越百恵)
     十二の嘘と十二の真実(あさのあつこ)
     幽霊法廷(赤川次郎)
     ひまわり探偵局(濱岡稔)



e0033713_22532467.jpg




今月はたくさん読みました。

JR福知山線の脱線事故からもう3年。
こないだは中国で地震がありました。
なにげない、あたりまえの日常のありがたさをかみしめたいものです。

    くわしくは、こちら





写真は、レストラン おりひめ の マロンパフェ


マロンといったら、マロンなのっ!!
と、アイスとクリームとマロンのみ。

なんとも明快なパフェであります。

   宴会の途中の注文だったので、
   机の上で写真が撮れず畳の上のパフェというシュールな写真に・・・・


                                          700円





  にほんブログ村 主婦日記ブログへ    にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
[PR]
by michirudesu | 2008-05-31 23:04 | 読書な日常 | Comments(2)

ダイエット宣言!!

週に一度、和太鼓を叩いています。
小学生が叩くのに毛が生えた程度のウデの癖に、
形だけは一人前に整えたがるメンバーばかりなので、
そろいの衣装も持っています。

で、新しい曲もまだ覚えられないというのに、
またまた、衣装を新しくしようという動きが出てまいりました。

しかし・・・




これはあかんやろ!! 




e0033713_19385518.jpg






だ、だ、だれの趣味?!

なにゆえ、チャイナ???

太鼓ちゃうんかい!!


それより、なにより
おなか部分が激しく問題!

少しでも細く見せようと、斜めに撮った上に、
ビミョーなところは完全カットしたこの努力をみよ!!






この衣装が日の目を見るかどうかはともかく、
かたーーーーく、ダイエットを決意したのでありました。。。







にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
[PR]
by michirudesu | 2008-05-30 19:47 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(12)

懐かしのモンブラン

大阪府の前知事、太田房江氏が好物だとか『笑っていいとも』で紹介されただとか、
全国区のロールケーキから一転

ファンタジア大利さんのモンブランを・・・

・・・って、どこやネン!
しかも、“ファンタジア”って・・

みなさん、検索してもでてきませんよ。


滋賀県伊香郡木之本町(いかぐん きのもとちょう)のお菓子やさんです。

店内には、既成のメーカーのお菓子もたくさん並んでいます。
どこをどうとるとファンタジーなのかは大変に疑問

一角にある自家製のケーキのショーケースのモンブラン。


e0033713_1446465.jpg


懐かしい色と形。

“開店当時のままのモンブラン”と商品説明のカードに書いてあるので、
さては店主、
確信犯ですね。


e0033713_14552129.jpg


カステラの土台の上に、黄色いウニウニという正統派 昔のモンブラン。

土台部分をくりぬいて、クリームを入れてあるところに店主の誠意を感じます。

さらっとした白いクリームと少し舌触りが違うあまーい黄色クリーム。
これこれ、この味よっ!!
という、昔食べた味を思い出させてもらえます。



                                        モンブラン 290円




シェフというか、パティシエというか、店主はいかつい感じの方でした。
でも、声はとっても優しかった。

そして、シュークリームも大変においしかった。

e0033713_1525857.jpg


あなどるべからず・・・


                                   シュークリーム 160円












にほんブログ村 スイーツブログへ  にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ
[PR]
by michirudesu | 2008-05-26 15:05 | マロンな日常 | Comments(8)

堂島ロール oishii

大阪のど真ん中、
大企業の本社や支社が立ち並ぶ経済の中心地、
堂島。

その堂島の地名を冠するロールケーキが存在します。

モンシュシュさんが作る、その名も堂島ロール!!


e0033713_17503886.jpg



このクリーム率をご覧あれ。
自分の重みで中のクリームがちょっとふくらんでほどですわ。



カステラ!

クリーム!!

ただそれだけっ!!



しかし、それだけで勝負するということは、実は大変なことです。

豪華な飾りで目を奪うこともできない。
いろいろな味のものを混ぜることもできない。

カステラとクリームのみの直球勝負がうれしいじゃないですか。

シンプル イズ ベスト!!


e0033713_187975.jpg


白いクリームとをひとなめすると、口の中いっぱいに濃厚なミルクの味が広がります。

少しなめただけでこんなに濃厚だったら、あれだけの量が食べられるだろうか・・
と、不安になるところですが、
不思議と、くどさは全くありません。
それどころか、とろけるような感じさえします。

甘さを抑え目にしたカステラ部分はふわふわなのに、しっとりと存在感を主張しています。

あっさりなのにミルキー
ミルク濃厚なのにあっさり・・・

こりゃ、油断したら1本ひとりで食べてしまいそうなのでありました。


e0033713_18114386.jpg



                                       1本 1200円




にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ  にほんブログ村 スイーツブログへ
[PR]
by michirudesu | 2008-05-25 18:09 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(6)

ホワイト餃子

ホワイト餃子なる食べ物があります。


独特の焼き方をした餃子のことですが、わたしが生まれた町の某中華料理店では人気メニューのひとつなっていたものでした。

最近久しく食べていなかったけれど、  yayaさんが紹介されているのを見て非常に懐かしくなって、買いに走ることとなりました。

20年ぶり?
もっとか??



くわしくはこちらをご覧あれ。

焼き方についてはyayaさんがくわしく書いていてくれますよ。


      ぜんぶ人に頼っている気がするけれど・・・




こんなやつです。

e0033713_20343452.jpg



私が焼いたのでは、いまいちおいしそうには見えませんが、
焼き餃子といっても、“揚げる” に近い焼き方をしているので、アツアツの具がとってもおいしいです。
もちもちの皮も結構な厚みがあるので、食べ応えもあります。

皮(小麦)と中身(お肉と野菜)で栄養的にも、これだけでいいって感じ。


私にとっては懐かしい食べ物でしたが、生まれて初めて食べたへっくんもかなり気に入った様子でした。



「ホワイト餃子って言うから、白い餃子?? どんなんや?と不安やった・・・」
なんて言ってましたが、
そういえば、なんで“ホワイト”なんでしょうねぇ。。
(40ン年、思いもしなかったこの疑問。)





創業者・水谷信一が満州(現在の中国東北部)で白(パイ)という中国人から餃子作りを教わり、戦後日本へ引き揚げ餃子店を開く際、始めは「パイ餃子」にしようと思ったが、色気が無いので英語にして「ホワイト餃子」にした。



おおっ!!
さすが、ウィキペディア

・・・だそうです。。。。
[PR]
by michirudesu | 2008-05-20 20:48 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(8)

滋賀の花めぐり

冬に戻ったかと思われるような肌寒さを感じる日も多いこの頃。

それでも季節は確実に前へ進んでいるようで、琵琶湖の周りには春から初夏の花たちが咲き乱れています。
そんなお花たちを愛でに出かけてることにいたしました。

そのコンセプトはというと・・・



無料!



タダ!!



そういうことでございます。。。




最初は 草津市 三大神社

藤のトンネルをご覧あれ。

e0033713_1155614.jpg


連休のころが満開だったと思われ、今は花が終わりかけていましたが、
それでも長さが2メートルにもなろうかと思われる房が見事でした。

花の盛りのころだけ、お手入れのための協力金として200円が必要になります。
また来年も、皆さんの協力で美しいお花が見られることでしょう。
(・・って、お金を払ってないくせに言うかなあ。。)

e0033713_1185883.jpg




続いて、休憩に立ち寄った 道の駅草津

e0033713_11103354.jpg


花壇にきれいなお花が揺れていましたが、
これって、なんていう花?
よく知らないので、軽くスルーして次へ・・



e0033713_11113582.jpg


琵琶湖大橋近くの湖岸には、ハマヒルガオの群生地があります。

今はまだほとんど咲いていませんが、これから初夏にかけてたくさん咲いていくことと思います。

でも群生といってもほんの限られた範囲のこと。
大勢で踏み荒らすのは避けたいものですね。

e0033713_1114487.jpg




そして、今回のメインはこれ。

e0033713_11144397.jpg


この~木、なんの木、気になる木・・・


安土町 沙沙貴神社 にあるこの木。

“なんじゃもんじゃ”という木です。

木の名前がわからなくて、
「何ていふ物ぢゃ」 が 「なんじゃもんじゃ?」 となったとか、ならないとか・・・

本当の名前は“ひとつばたご”

e0033713_1117439.jpg


近くで見ると、とても涼やかな花ですね。

せっかくだから、もうひとつアップ。

e0033713_1122876.jpg







e0033713_1136272.jpg
この沙沙貴神社、
境内はチリひとつなく清められていました。


深閑とした森にかこまれ、荘厳な雰囲気さえただよっています。






境内裏に植えられていたたくさん花や木々は、すべて手入れが行き届いており、
神社にかかわっておられる方たちの敬虔、誠実な様子が伝わってくるような気さえいたしました。



e0033713_11404082.jpg




また、この神社は、めずらしい 『うらしまそう』 が群生していることでも知られています。

e0033713_11452470.jpg



シンと静まり返った境内で、心が洗われるような時間が過ぎていきました。
また訪れたいものです。




帰り道に立ち寄ったのは 愛東マーガレットステーション

裏の花畑で四季折々の花が見られますが、これからは『ポピー』の季節を迎えます。

e0033713_11474265.jpg


風に揺れるポピーは可憐ですね。




最後は家の近くから、白い藤の花を・・・

個人のお宅なので場所は内緒です。

e0033713_11494149.jpg


なんとでっかい。

これでも一本の木らしいです。


e0033713_11494940.jpg





そろそろ終わりの花あり、今は盛りの花あり、これからの花あり。

誰に見てもらおうと思って咲いているわけではないでしょうが、律儀に季節ごとに咲いてくれる花たちを見る心の余裕だけは持っていたいものです。

   タダ!にこだわったモノのせりふとは思えない・・・




[花] ブログ村キーワード
[PR]
by michirudesu | 2008-05-14 11:55 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(6)

和太鼓の夜

愛知県に 『悟空』 という名前の和太鼓集団がある。

普段、ぼちぼちと太鼓を叩いている私たちは、その『悟空』さんがコンサートを開かれるということなので、はるばる愛知県刈谷市まで出かけていきました。







松雲院というお寺の境内。

篝火燃える中、太鼓の音が響き渡ります。



教えてもらうのも失礼なほど素人なわたしたちにも、たまに丁寧な指導をしてくださるときがありますが、いつも、

「もっと、“見せる”ということも考えて!」と、いつもおっしゃるとおり、

叩く姿も大変にお美しい。







春とはいえ、夜はもっと肌寒いかと思いましたが、迫力と熱気で寒さも吹き飛んだようでありました。




[PR]
by michirudesu | 2008-05-12 18:09 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(2)

夏のような暑さの連休から一転、なんかさむ~い!!
暖房器具をすべて片付けられてしまった我が家では、もうあとは布団にもぐりこむしかないかぁ?!

・・・

と、いつまでも昼寝をしている言い訳をするか。。。



この肌寒さでも、春は春。
栗の季節はまだまだ遠い・・

とはいうものの、この手があったぞよ!


e0033713_11221844.jpg



そう、抹茶と一緒になればいいんだぁーい!!


ローソン、栗と小豆の抹茶蒸しパン。 125円なり。

『栗と小豆をトッピングした抹茶蒸しパン』 と、書いてあるけど、そのままやん!



e0033713_11251621.jpg


ふかふか、しっとりの蒸しパンの真ん中に栗がでで~ん!!(そうでもないか・・)と。

微妙にもちもち感を残した蒸しパンの舌ざわりがたまりません。
蒸しパン部分自体の甘さを抑えて、小豆と栗に少し甘みを持たせたところもよくできています。



抹茶といえば、和風系。
和風お菓子には栗が欠かせません。
というわけで、抹茶と栗とは大の仲良しさんです。


抹茶の方が主役という声が聞こえてこないこともないけれど、
わたしは栗の健闘を祈りたいと思います。
[PR]
by michirudesu | 2008-05-11 11:37 | マロンな日常 | Comments(0)

クローバーフィールド

これを見たら、誰でも “いったい何が起こったんだ?!”と、思うでしょ。

e0033713_21584445.jpg


映画 クローバーフィールド

素人が撮影したビデオだという形をとっているので、車酔いしやすい方、体調の悪い方、その他、妊婦や心臓の悪い方は見ないでくださいとの警告つき。


そりゃもう、覚悟をしていきましたよ。
しっかり、車酔い止めの薬まで飲んで・・




日本に赴任が決まった男を祝福するパーティのさなか、突然起こる大きな揺れ。
続いて、まるで隕石のように降ってくる破壊されたビルの破片。

で、どーんとこんなものまで・・・

e0033713_226369.jpg




あとはもう、わけもわからず襲ってくるものからひたすら逃げるだけ。


何せ、一般人のカメラマンが逃げながら撮影したという映像を見せられているので、
まるで自分が必死で逃れようとしているよう。

臨場感というか、当事者感というか、切羽詰った感じは圧倒的です。


突然襲われたものにとっては、何がどうなっているのか、
いったい何に襲われているのかすらわからない。

ちらり、ちらりとしか映りこまない“そいつ”に恐怖は募るばかりです。





しかし、テロにしても事故にしても、巻き込まれた人たちはみんな、こんな感じだっただろうなあと思う。

普段の当たり前の日常から、いきなりわけもわからず大パニックの中へと引き入れられる。


最近、JR福知山線事故の被害者の方々の手記を読んだが、まさにそんな感じだった。

当たり前のように毎日の会話をしていた、次の瞬間に突然体がはじき飛ばされ、何が起こっているのだかわからないまま、振り回され、たたきつけられた人たちが、そこにいました。




今日の続きには、似たような明日がやってきて、今この瞬間の平凡さがずっと続いている。
当たり前のようにそう思っているけれど、

本当は、一瞬先に大パニックがあっても不思議ではないのだ・・
と、見せつけられたようでした。
[PR]
by michirudesu | 2008-05-10 22:46 | 映画な日常 | Comments(0)

マクドナルドのマックフルーリー。
昨年の初登場以来、適度な人気を確保したようで定番のメニューに加わわっています。

e0033713_2348075.jpg

季節に応じて、キャラメルやストロベリーケーキ、抹茶といったバリエーションを取り入れつつも、
オレオとキットカットの二種類が基本となっています。

どっちが好きですか?
って、それはまあどうでもいいとして、
お値段が300円というのは少々高くはないかい??

でも、そんな不満を持つ人たちに強い味方なのは携帯のクーポン。
登録しておくと、毎週クーポンのメールを送ってきてくれるヤツです。
マックフルーリーは、だいたい100円前後安く買うことができますよね。





で、そんなある日。(どんな日やねん!)

息子と出かけた帰り道。
急にアイスが食べたくなった私たちは、
“そうだ、マックフルーリーにしよう!!”
と、ドライブスルーを目指したのでありました。


“いらっしゃいませ、ご注文をどうぞ。”

“携帯クーポンの××番二人分!”

“マックフルーリーのキットカット、2個ですね。××円でございます。お車、前へどうぞ・・”



つつがなく注文を済ませ、商品を受け取る窓口に進む私たち。

そこで、料金を手渡そうとした私に、マックのおねえさんから思いがけないお言葉が・・・





キットカット、そのままでよろしいですか?




へっ?? 



じ、じぶんでキットカットを割って砕くのか?

手が汚れてしまうんじゃあ?

どどど、どうやってまぜたらいいのだぁ???

でも、割れっていうなら、仕方がない。そのままでいいって言おうかしらン・・・。


さまざまな思いが頭を駆けめぐる私。



・・・・ 



お姉さんと私の間に流れる不思議な沈黙の時間。





それは、長い長い時間のように思われましたが、実際には一瞬のことだったのでしょう。

(って、大事件に遭遇した人じゃないんだから・・)



い、いえ、袋とかに入れなくて、そのままお渡ししてもよろしいですか?


事態を察したマックのお姉さんは、さすがにプロ!!でした。


そそ、そりゃそうだよねぇ・・。


“あ、はい、そのままでいいです。”



再び流れ始める穏やかな時間。





ああ、びっくりした。

キットカットをそのままもらっても困るよねぇ・・。

っていうか、ンなことあるわけないよなあ・・・




マックフルーリーに入れるキットカットって、1個当たりに1本とか、やっぱり量が決まってるんだろうねぇ・・・
という会話を少し前にしていたものだから、

うーん!、やっぱり1個につき1本ずつを割って入れてたのかぁ・・

などと納得しかけてしまったぞよ。
[PR]
by michirudesu | 2008-05-08 00:34 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(4)