イーグル・アイ

ある日突然知らない誰かから命令され、有無を言わさず動かされる。
こちらの行動は完全に把握され、命令に逆らうことは絶対にできない。
逆らった場合は自らの死、もしくは家族の死。
 
相手は信号機から電車や航空機のシステム、すべての人の携帯電話、
街中のありとあらゆる電子機器を自由に操ることができる。

見えない敵が最終的に彼にさせようとしているのは・・・


e0033713_21371175.jpg



ひゃ~!!

全編、アクションに次ぐアクション。
やるかやられるか、息詰まるシーン、手に汗にぎるシーンの連続です。

カーアクションなんかは、あまりの展開の激しさとスピードについていけず、
オバちゃんは目が回りそうだったぜよ。

力の入れすぎで肩は凝るし、めまいはするし・・
ほんに、年寄りには酷な映画じゃのう。。。

・・・

というくらい、退屈しない映画です。



e0033713_2224599.gif



<以下ネタバレ>

コンピューターによって、すべての個人に関する記録が統合されている。
携帯電話の通話、メールの記録は言うに及ばず、
様々な機関に記録された個人の記録を統合すれば、
生育暦、好み等はもちろん、性格やありとあらゆる行動パターンまで解析できてしまう。

うーん・・・
いかにもありそうな話だ。

クレジットカードを作る際に年収から住まいの様子まで申告したことはないか。
健康診断の記録に生活習慣を記入したことないか。
レシートに買い物リストが残っていくということは、
いつ何を買ったかが完全に把握されているということではないのか。

銀行、病院、公的機関・・あらゆるシステムに登録された個人の情報、
それにネットにつないだコンピューターの使用状況、
それに街中の防犯カメラ等の監視システムやGPSからの目、
それらを全部統合したら、個人など完全に把握できるのではないか・・

地上のテロリストを宇宙の軍事衛星から探し出せる時代。

『私の生活なんか覗いたところで軍事的になんのメリットもないけどさあ。』
という冗談の中に押し込んできた、
個人を管理されているのではないかというそこはかとない不安。
その不気味さを目の前につきつけてくるような映画だ。


e0033713_2223966.gif



画面の人物がテロリストなのか断定はできないとコンピューターが勧告したにもかかわらず、
大統領は国の威信と自らの不安ゆえに、現場にミサイルを撃ち込むよう命令を下す。

その大統領の行動を平和にとって害と判断したコンピューターは、
大統領以下、主要人物たちを抹殺しようと暴走を始める。



暴走・・・

はたしてこれは暴走なのか?


一般人が住む平和な村の中にいきなりミサイルを撃ち込んだ国。
撃ち込まれた側にとってはこれこそが暴走ではないのか?

主人公に寄り添って観るものだから、
なんとか大統領に助かってほしいと思い、
その通り、ハッピーエンドではあるものの、

テロリスト本人かどうかの確証もないまま村をまるごと破壊する国と
いったんはそれをやめるよう進言した人物を新たな大統領にしようとするコンピューターと
どちらが正義で、どちらが悪なのか・・・


テロ行為は絶対に許されるものではないとし、絶対的にこれに対抗しようとする国と
大国に抵抗する手段として破壊行為に及ぶ国
どちらが正義でどちらが悪なのか・・・



情報化社会の怖さだけでなく、
戦争の中の正義とはいったい何なのかということを考えてしまう映画でありました。





にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2008-10-30 22:55 | 映画な日常 | Comments(2)

栗パンたち

モンブランを食べ歩き、
栗お菓子を追い求め、
本のまとめに奔走している間に  
いつのまにか、こんなにたまってしまいました。

栗のパンたちが・・・


e0033713_19461981.jpg


e0033713_19465945.jpg


e0033713_19494798.jpg


e0033713_19471567.jpg


e0033713_19505871.jpg


上から順に

ヤマザキ 栗ぱんと小倉&マロンデニッシュ

神戸屋 粒入りマロンデニッシュとシャルロットスティック マロン

そして最後はジャスコのパン工房のヨモギマロンです。


それぞれの中味を見てみましょう。

最初は栗パン

e0033713_1958238.jpg


??

なんか、ビミョーにごまのツブツブ方向が違うような気が・・・

e0033713_19595670.jpg

そうそう。
フツウこっち向きでしょ。


それはともかく、二つに割ってみると意外な色合いが・・・







e0033713_2014820.jpg


黄色じゃない栗クリームが意外なうれしさ。
パン生地部分が黒糖味なのもとっても栗クリームに合っています。

パンがなかなかしっとりしていて、それも高感度大でした。



つづいて、小倉&マロンデニッシュの中味と断面。

e0033713_2083186.jpg


e0033713_20121044.jpg

ちなみに今回あんまりたくさんなので、写真で遊んでみました。

それはともかく、パンの方・・

欲を言えば、もうちょっとクリームがたくさんほしかった。。。







そして神戸屋は粒入りマロンデニッシュ。
これは断面はなしです。
だって、見えてるし・・・

e0033713_20203570.jpg


デニッシュのバターの感じと栗あんが甘い物好きには何よりでした。

e0033713_20231864.jpg
こちらはシャルロットケーキのマロン。
ケーキ部分が意外にしっかりとしています。
ふんわりというよりどっしりとしたカステラ部分ですが、
その食べ応えが癖になりそうです。

以前にも言いましたが、
ロールケーキを丸ごと食べるというのは、ロマンですね(???)




最後は、パン工房のヨモギマロンの中味。

e0033713_2028196.jpg



おや?

e0033713_20291785.jpg


おやおや??

e0033713_20332590.jpg


栗がない!!

あっ!!
よく見ると上の方に・・・・

ま、仕方ないかな、80円だったしね。。。。


メーカーからの栗パンはそろそろ終わりかな。




にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2008-10-26 20:34 | マロンな日常 | Comments(6)

非生産的長時間作業


肩が凝った!!


このあたりは昨日今日と雨が降って肌寒いです。
皆様へのお返事もご訪問も滞ってしまってすみません。

本も読まずにパソコンの前にはりついておりました。


このブログの他に、読書の記録をしたサイトを持っていますが、
そこに感想を書き始める前に読んだ本はノートにメモしてありました。
1997年から2003年の7年間分で約1500冊。

この際、その分も作家別、読んだ年別にまとめようとしたのが運のつき。


丸二日間、それに掛かりきることになってしまいました。



e0033713_12102594.gif





そんな昔に読んだ本なんてどーでもいいじゃないかという気もしますが、
まとめだしてみると、
“ああ、あの頃はこの作家ばっかり読んでいたなあ。” とか、
“大好きなこの作家と出会ったのはこの年だったんだな。” など、
なかなか興味深いものがありました。

そうなると、今現在サイトで使っている作家別のページも
読んだ年代がわかるようにしたくなるのが人情というもの。

結局12年分、約2500冊にわたる記録をまとめなおすことになりました。




e0033713_122938100.jpg





5日間資料と格闘した末にまとめたページはこちらです。


ついでにトップページの模様替えも敢行したこの事業のもたらした成果は・・・



多大なる肩凝りとそれからくる頭痛の他にはなにもありませんでしたとさ。

     朝から寝込んでいる私。。。。。。



e0033713_12203921.gif






写真は、森永さんの“マロンのとろふわプリン”


e0033713_12303232.jpg



豊かな栗の香りと流れ出す寸前くらい、形を保てるぎりぎりまで柔らかくしたトロトロさが身上です。

2年前は“とろふわマロンプリン”だったんだけど、微妙に名前を変えたのね。








にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2008-10-24 12:40 | マロンな日常 | Comments(8)

秋は・・・

いくら食欲の秋とはいえ、
こちらとかこちらとか、
一度にそんなにたくさんケーキを食べたらアカンでしょ。
オマエが言うな!!
(お約束の突っ込みをありがとうございます。)

私も負けてはいられません。


  

北びわ湖ホテル グラツィエでアフタヌーンティパーティだーい。


午後3時の開始時間には、オクサマ、オジョウサマたちがロビーにいっぱい。
さざめくようにオシャベリをしながらも、
目はしっかりとケーキの並ぶテーブルに・・・

思わず、虎視眈々という言葉が頭に浮かぶ私。

ホテル側もそんな様子は十分わかっていると見えて、
まずは軽くオードブルとアペリティフを出してきます。
(なんだか、はやる馬を“どうどう・・”ってなだめている感じ・・・)

e0033713_8441660.jpg

姫リンゴのロースト

姫リンゴといえば、屋台で見かけるりんご飴のちっこい方のヤツですね。
あんまりおいしいもんじゃないなあと思ってたけれど、
ほのかな酸味といい、ほどよい歯ごたえといい、
こんなにおいしいものだったんですね。
それに、とってもいい香り。
りんごって、こんなにいい香りだったのか。。

この前菜?には、同じくリンゴから作ったノンアルコールのカクテル付き。

e0033713_8473540.jpg



かわいいりんごですっかり気分が優雅になったところで、
次がいよいよデザートブッフェ。
秋の味覚がお待ちかね。

えーい、まとめて紹介だあ。



e0033713_8505884.jpg



巨峰のゼリー、
ブルーベリーチーズケーキ、
むらさき芋のタルト、
洋ナシのパイ、
ラズベリーのケーキ、
柿のタルト、
かぼちゃのプリン、
りんごのロールケーキ、
それに木の実のクッキーたちです。


素材の味を“これでもか!”と生かしたスイーツたちの饗宴。
濃厚かぼちゃのプリンやあっさりリンゴのケーキ。
甘酸っぱいベリーのケーキやゼリーに甘い柿のタルト。
味が単調にならないように、
そして、目にも美しいように工夫が凝らされていました。

私は洋ナシのパイがお気に入り。
パイがサクサク^^


ブッフェ時には、グラツィエオリジナルの紅茶『テ・ディ・アンジェロ』がサービスされます。
ほのかに甘く爽やかで、
ケーキを引き立てながらも甘みを洗っていくという離れ業。


甘いお菓子の中のアクセントとして、
自分でサンドイッチが作れるコーナーもありました。

e0033713_92221.jpg


こちらも人気でしたが、
ケーキの全制覇をめざす私としては一個に控えとかないと・・・


ブッフェの後にはアイスが配られます。

e0033713_9273072.jpg



それはなぜかというと・・
なんとこれからがメインデザート。
メインに向けて、お口の中をさっぱりさせるためなんですね、これが。


本日の真打ちはその名も マロンの浪漫

わたしゃ、この名前だけで予約を決めたようなモンです。

e0033713_944857.jpg


大きなお皿に盛りつけられた栗のデザートたち。
アイスとエクレアのアップを近くに付けてみました。

栗の香りが濃ーいアイスと
甘さが控えめで抹茶が香るエクレアもとってもおいしいけれど、
メインはやっぱりモンブラン。

e0033713_97116.jpg


栗クリームとなめらか栗ムース。
甘さはかなり抑えてあって、栗成分が多いところがとってもいい。
これは、“とどめの一発!”というヤツですね。

中にも栗がちゃんと。

e0033713_9123565.jpg


ああ、このモンブランだけでもまた食べたい。。。



メインデザートには、また別の紅茶がサービスされて、
秋の午後、
この上もなく幸せな時間が流れていくのでありました・・・・






にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2008-10-20 09:15 | マロンな日常 | Comments(12)

栗お菓子 第2期新発売

ケーキを食べまくっていた先週(結局総計9個だぜ・・)  

こちらも忘れていたわけではありません。

各社から栗お菓子の新発売が一段落と思いきや、
ここにきてB級ちょっとマイナーなお菓子たちが栗バージョンになっています。

e0033713_9415786.jpg


チロルチョコ株式会社(おお、そういうメーカー名だったのか!)の『芋栗なんきん』
かわいいですね。

e0033713_9455765.jpg


“芋栗なんきん”っていうチョコかと思ったら、
紫芋タルト、栗ぜんざい、南京(かぼちゃ)プリンの3種類でした。

e0033713_9484213.jpg

中身のアップはもちろん“栗ぜんざい”が中心。
奥の紫芋とかぼちゃがどちらがどちらかは一目瞭然。

それぞれが、いかにも・・な色をしているところがニクイですね。







e0033713_9523411.jpg


ひいきじゃなくて“栗ぜんざい”がイチバンおいしかった。
ていうか、まさに味がぜんざいそのもの。

最近ヒットした“きなこもち”でお得意となった
おもちが中に入っているところもおすすめです。


それにしてもぜんざいといい、かぼちゃや芋の味といい、
そのものの味を作り出す技術は企業努力のたまものなのでしょうかね。
チロルチョコ、あなどるなかれ!!






グリコからも栗商品。

e0033713_9571025.jpg


カプリコスティック栗味がでています。

ポッキーなどの主力商品にくらべて、
カプリコはマイナーというか、子ども向けという気がしないでもありませんが、
栗味にしておちついたパッケージにすると、
ちょっと大人向けの様相も漂ってまいります。

e0033713_1045317.jpg


きっと中はスカスカだろうなあ・・という諦めをいい意味で裏切ってくれます。
上の栗味部分が多いのもポイントアップ!

味見だけするつもりだったけど、撮影のためにふた袋開けたしなあ・・・
とか言いながら、一気に3本とも(つまりひと箱)食べてしまったよ。。。









e0033713_10153039.jpg
最後は某ジ○スコのトップバリュから、

チョコプレッツェル マロン

これって確か以前にもあったよなあ。

ああ、これこれ

遥か昔に食べた気がしてたけど、去年だったのか。
年をとると月日のたつのが速くて、速くて・・

やっぱりこういうの(どういうのや!)でも、
パッケージは毎年変えるんですね。(←めっちゃ失礼)



e0033713_10204386.jpg

と、うだうだと御託を並べ、
おまけ封を切っていない中身の写真からお察しの通り、

まだ食べていません!!


バナナダイエット+食事量も控えるという涙ぐましい努力によって、
先週のケーキ攻めにもかかわらず、



現状を死守!!






まだ10時半かあ・・

食べるとしたら、昼ごはんの時だな。。。
  (朝はバナナだけだけれど、最近お昼ごはんは爆食←この言葉、ちぢみさんとこで覚えてきた・・)






にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2008-10-17 10:34 | マロンな日常 | Comments(8)

ウォンテッド


e0033713_19524074.jpg


暗殺を仕事とする秘密結社(!)

ターゲットは、これから人々のために害となる行いをするだろうという予言によって決まる(!!)

その予言をするのは古来より伝わる織物の機械(!!!)

暗殺の実行者は弾道も曲げるという特殊能力者たち(!!!!)



!だらけのストーリーのウォンテッドではありますが、
アンジェリーナ・ジョリーです。

ストーリーなど、主人公など、結末など、どうでもよくて、
アンジェリーナ・ジョリーです。

女のヒトの強い映画は気持ちいいですね・・・





  にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2008-10-13 19:53 | 映画な日常 | Comments(6)

ケーキはつづくよ・・・

近所のケーキ屋さん エベーヌさんでは、
ケーキお買い上げ500円ごとにシールを一枚くれる。
それをこの台紙にいっぱい集めると、ホールのケーキがもらえるというわけ。

e0033713_172733.jpg


まだまだ一杯じゃないって?

これは、1シート満杯になって、それでも余った分です。
ケーキ、ケーキ言ってるから、みんなが
“集めてるでしょ!”
ってシールをくれるのダ。
役得、役得・・・




これが満杯御礼のケーキです。

e0033713_1754135.jpg


直径約20センチ。
タダにしてはなかなかじゃないかい。

茶色とベージュのしましまのヤツはなんじゃいな?とか、
そこの部分はホワイトチョコをケチったのでは??とか、
文句は言いませんとも。

タダだから・・・


e0033713_1785942.jpg


中身だって、ちゃーんとイチゴが入っていて、
スポンジはもちろん、いつものケーキとおんなじだし、

タダなのに、とってもいいお仕事。





さっきから、タダ、タダってしつこいって??

だってねぇ、ケーキの前に見えません?
チョコのプレートが。

HAPPY BIRTHDAYって。



・・・・




私の誕生日のケーキをポイントシールの引き換えで済ますって、
ウチの旦那!


どおゆうことよ!!(-"-メ)









にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-10-11 17:20 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(8)

ところで・・・・

おなかこわすに決まってるヤロ!

見てるだけで胸焼けがしてきたわ!

よぉいわんわ、アホかいな!!

・・・

最近のケーキ三昧につきまして、
全国からの温かいお言葉、ありがとうございます。


調子に乗って、こんなページをつくってしまいましたので、
ご報告いたします。


       こちらです。(ごめんね、重いかも。)





e0033713_22435510.jpg

  
写真は、神戸南京町 老祥記 の豚饅頭です。



いや、甘いものばっかり食べてたら、どうしても違う味も食べたくなって・・・

いったい、どれだけ食べたネン!!
(ふたたび、全国からあたたかいつっ込みをありがとうございます。)



以下、念のために言い訳・・・
豚マンは、ちょうど卵くらいの大きさしかない、ホンの小ぶりなヤツです。
それも食べたのは1個だけ。




にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2008-10-09 22:53 | マロンな日常 | Comments(10)

神戸の普段のケーキ

バナナが品薄!!    


いきなり失礼しました。
モンブランケーキの食べすぎで、体から栗クリームのにおいがするような気がする私です。


・・・


実はもう1個食べているの。




e0033713_8304483.jpg


“ママのえらんだ元町ケーキ”というキャッチフレーズの元町ケーキ

これは超定番の『ざくろ』というケーキです。
石榴の実が入っているという意味ではなくて、この形が石榴。

これがまた、あっさりすっきりのクリーム、
そして、ふわふわでどこかなつかしい味のスポンジと、
ホントにシンプルでよくできたケーキなのです。

幼いころの、
ケーキといえばショートケーキだったあの頃の、
ケーキへの憧れを思い出させてくれる、そんなケーキです。

お値段も260円。
ケーキの出発点を見る気がします。




元町にある本店のカフェは、
ケーキ販売の部分からはまったく見えないように作られていて、
ものすごく居心地がいい。

一面の大きな窓と白い壁でとても明るいし、
清潔感も抜群です。

ケーキと飲み物(200円!)をセルフサービスで持っていって座れば、
何時間でもくつろげる気がします。

押し付けがましくなく、ほどよくほおっておいてくれるサービスが気持ちよくて、
思わず本を取り出して一時間もいてしまいました。

なんどでも通いたい・・
そんなお店でした。







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-10-08 09:06 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(10)

洋菓子天国、神戸。

その中でも元町は石を投げたらケーキ屋さんにあたる
・・・
とは言い過ぎですが、スイーツ好きにはたまらない町であります。


秋に食べ歩くのは、言わずと知れたモンブラン。
(このあと、記事が長いよ、2メートルくらい・・・)





海の方から順番に戻ってくることにして、
まずは、パティスリー モンプリュからいきましょう。


ここのモンブランは独特の形をしています。

e0033713_2050470.jpg


折りしもお店の中では、お菓子教室が開かれていて、
「あら、オクサマ、もう少し泡立てられた方がよろしいんじゃございませんこと?」
「まあ、さようでございますわね、おほほほほ・・」
などと、関西の田園調布、芦屋あたりのオクサマ方がお勉強の真っ最中。
(↑ だいぶん偏見がまじっている。。)

店内にはいいにおいが漂っています。
それを横目にモンブランを切る私。

e0033713_20573488.jpg


一口食べると、ふわっと甘さが口に広がります。
「えっ?甘すぎ??」
思ったと瞬間、さらっと甘さが消えうせます。
そして残るのは、タルトの香ばしさと栗の香り。

さあ、今日はモンブランを食べまくるゾ!!
と、朝から・・というより前の日から頭の中がモンブランな私には、
栗クリームの量が物足りないような気もしましたが、
栗クリームを食べるモンブランじゃなくて、
一個のケーキとしてすごく完成されたモンブランだなと思いました。

上にのってる栗がナッツっぽくて好き。

                                            530円




モンプリュさんを出て、左にある交差点をまっすぐに元町商店街に帰ると、
このお店の横になります。

パティスリー グレゴリー・コレ

e0033713_2224093.jpg


モンブラン フランボワーズ

ふつうは栗がのってるモンブランですが、ここのはフランボワーズ(きいちご)がのっています。
土台もフランボワーズのジャムでおおったおっきなメレンゲ。
赤い色がかわいいですね。

まるごと栗はどこにあるかというと・・・

e0033713_22315857.jpg


中にありました。
この断面では見えませんが、クリームの中にもフランボワーズ部分があります。

甘くて味が単調になりがちなモンブランですが、この酸味がいい刺激です。

しかし、フォークだけではこの大きいメレンゲは食べにくいな。
木いちごの分だけ粘性が増して、
すっと切れないし、舌の上で溶ける・・ともいかないようです。

取り澄ました高級店かな、と思っていたら、
ランチも1000円までの値段だったし、結構庶民的な面もあって好感がもてました。

でもコーヒーカップにコーヒーが垂れた跡が。
こういうのはちゃんと拭っておかないとダメだよ、バイトくん・・・



                                           
                                          500円






グレゴリー・コレさんのお隣もなんとケーキ屋さん。

パティスリー サ・ソ・ボン

e0033713_23172093.jpg

ひし形のお皿にアイスと一緒にのって出てくるモンブラン。

フルーツや焼き菓子と一緒に美しくデコレートしたセットもありますが、
いくらなんでも今はそんなに食べられない。








ケーキ部分アップ

e0033713_23205184.jpg




大きな栗が上にのってると思いきや、丸ごとじゃなくて半分だけ。
・・・と、思いきや、

e0033713_23235524.jpg


中から巨大栗。

白い生クリームは、それだけでは流れてしまうんじゃないかと思うくらいやわらかい。
それを大きな栗で支えて形を保っている感じ。

栗クリームはすこし甘めに仕上げてあります。
でも、ほとんど甘みのない白いクリームと土台のアーモンド風味のダックワーズとで、
見事な調和を出しています。

栗好きを満足させるモンブランでした。



                                       420円






ところで、さらにこのお店のお隣は神戸風月堂の本店。
そのまたお隣は本高砂屋の本店。
少し行くとユーハイムの本店。


うーむ・・・
恐るべし、元町商店街。






少し戻りますが、先ほどのグレゴリー・コレから逆方向に行くと、

レストランやパン屋さんなど神戸各地にいろんなお店があるコム・シノワ
の中のフルーツパーラー、フリュティエ コム・シノワがあります。


e0033713_22573267.jpg


これは持って帰って家で食べました。
長く持って歩いたので、ちょっと形が崩れてしまいました。

e0033713_22593131.jpg
欲を言えば、もう少し栗部分が多い方がいいなあ。
その分上にのった栗は巨大で、甘みを押さえてほどよい固さがあるところがよかったけれど。

ほんのり苦いカステラがいいアクセントになっていました。

                                            
                                       500円







さて、元町商店街を抜けると目の前には大丸神戸店。

店舗を回り込んだところが旧居留地38番館の部分になり、
そこの4階にラ・テラス・ダニエルはあります。

e0033713_23453976.jpg
ここもきれいな盛りつけ。

モンブランジャポネという白いモンブランが食べたかったのですが、
残念ながら、売り切れ。









これは普通のモンブラン。

e0033713_234755.jpg



土台のパイがとっても香ばしい。


e0033713_23513715.jpg


見にくいですが、栗もちゃんと丸ごと入っています。

パイとクリームの境目部分と、中に入った栗のまわりにチョコレート部分があるような・・

ほんのりとした苦味と甘さの調和がたまりません。
本日のイチバンはこれかも。

ああ、イチバンなのにかなりおなかがいっぱいなのが悔しい。。。



                                         630円





最後は、ボックサン

お店はもう少し三の宮の方へ行ったところにありますが、
さすがに疲れたので大丸地下でお買い上げ。

e0033713_032289.jpg


1個だけの注文に店員さんはにこにこと模範対応。

ボックサンで一番人気のモンブランです。

e0033713_045752.jpg


もともとリーズナブルなお値段で親しみやすいケーキを売るこのお店。
モンブランも、はい、とっても庶民的。

ものすごくおしゃれ・・というわけではないけれど、
誰が食べてもおいしい。
そんなモンブランです。



                                       357円







最後のボックサンはともかく、他の店はたぶん半径1キロ内に収まってしまう距離の中にあります。
他にもその範囲内にチョコレートショップやフルーツパーラーやタルトなどなど数知れず。

神戸元町、
まさにスイーツ天国でありますなあ。。。。



でも、ちょっとおなかが痛いかも。。。

あたりまえぢゃ!! 
(↑全国からあたたかい突っ込み、ありがとう。。。)

ところで、
[PR]
by michirudesu | 2008-10-07 00:14 | マロンな日常 | Comments(8)