レッドクリフ

こちらで紹介を見た次の日のレディスデイ。
さっそく観にいこうとしていたら、
“ご予約の本が用意できました。”と、図書館からメールが。

・・・・

かなりの順番待ちの本らしいので、遅れさせるわけにもいかず、
映画は一週間延期。


というわけで、先週の水曜に観にいってきました。

e0033713_15175727.jpgレッドクリフ

起源200年代。
魏呉蜀の三国時代。

皇帝をも操り80万の軍を従えて襲いかかる曹操軍
迎え撃つのは軍師諸葛孔明によって同盟を結んだ劉備軍と孫権軍。


・・・


といっても、中国の歴史にまったく疎いわたし。
これだけのあらすじを書くだけでも、何度公式サイトで漢字を確かめたことか。

このややこしい名前と国の名前とで、
誰がどこのなにやら、
どことどこが敵なのやら見方なのやら???
漫画の三国志ですら投げ出す始末なのに果たして理解できるのか・・


同じような不安をもつ方がきっとたくさんおられるのか、
それとも製作側の“みんな、わからへんやろ・・。”という配慮からか、
映画の最初に地図で解説をしーの、
人物が出るたびに“どこの誰”だと、、
砦が映るたびに“どの国の陣地”だと、
字幕を入れるという大サービス。

おかげでなんとかついていくことができました。




うーん、人海戦術!!

カメの甲羅のような布陣に敵を引き入れる。
その上、太鼓の合図とともに壁を動かし相手を迷路に閉じ込める。

敵の目の前で盾を裏返し、反射する光で目をつぶす。


あんな戦い方がホントにあったのですか???


しかし、すかっと胸がすく思いが味わえます。

へぇ~、ほぉぉ~、なんとまあ・・・
感嘆詞で頭をいっぱいにして大画面を楽しみましょう。。。


金城武の諸葛孔明なかなかいいかも。
歴史の教科書か何かで見た絵とだいぶん違うなあ。
(↑ あたりまえ!)



たくさん人は死にます。
なのにあまり生々しくないのは、チャンバラを見慣れているせいでしょうか。
水○黄○だって、桃○○侍だって、
よく考えたら、やたら死んでるからねぇ。。。。



にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2008-11-30 15:57 | 映画な日常 | Comments(2)

京都に出かけたのなら食べないわけはない。    

けれども観光シーズン真っ只中の京都を甘く見ておりました。
学祭を見学した後、食べに行くはずのお店には、
大渋滞で近寄ることもできず、
さりとて歩いていったのでは時間がかかりすぎ・・
結局、京都では一軒しか行くことができませんでした。


e0033713_8434033.jpg


セカンドハウス NEXT モンブラン

ひと口目でふわぁっと広がる洋酒の香り。
カステラ部分にしみ込ませてあるのかなと思ったけれど、
どうもムース部分が香るようです。

甘すぎず、くどすぎず、大人の雰囲気漂うモンプラン。
ロールケーキを切ったように薄く見えるけれど、
実は結構ボリュームもある。

e0033713_8505033.jpg


土台のクッキーの上にはチョコがぬってあった。
以前に無謀にもモンブランを自作したときに、
土台としてマクビティのチョコビスケットを使ったのを思い出してしまいました。

やっぱ、作るより食べるに限るなあ・・・


                                          モンブラン 460円
  




さて、京都市内で食べ歩けないとなると、
あとはお持ち帰りしかない。
新幹線お弁当の受け渡し場所、大丸梅田店のデパ地下で調達いたしましょう。



e0033713_8573249.jpg


マダム・シンコ 播磨丹波栗のモンブラン

ケーキの箱に、ケリーバックやスカーフで有名な某高級ブランド○○メスの箱を思わせるものを使う事から想像した通り、
高級感を前面に出そうと努力されているようです。
でも焼肉店やバイキングのお店が系列なのがよくわからない。

それはともかく、さすがにモンブランはおいしいです。

とにもかくにも、栗ったら栗っっ!!! 
という感じで栗の味を全面的に生かしていただいています。
栗率が高いというか、ほぼ栗がそのまま!といったクリームはまさに感動的でした。

e0033713_9153235.jpg


おまけに中からも栗がでてきた日には(涙)

横にクッキー様のものをくっつけるのは見た目としてどうなのか・・・
と、以前に別のお店で悩んだこともありましたが、
この栗クリームの味はすべてを許して余りある、
そんなモンブランでした。


                                 播磨丹波栗のモンブラン  525円







e0033713_921455.jpg


つづいてigrεc plus (イグレック プリュスと読むらしい・・ンとにもう読めヘンがな・・) 
の、モンブラン

こっちも濃厚!
栗が濃い!!

苦味さえ感じるくらいに濃い栗クリームは、まさに秋の味。

e0033713_1085254.jpg


上にのってるのが本物の栗じゃない・・とがっかりしたのもつかの間、
本物以上に本物というか、
栗の味を固めたというか、
栗の栗らしいところだけをわざわざ集めてもらったようなそんな感じです。

ロールケーキを立て向きにしたような土台部分ですが、
カステラ部分の間に横向きにもクリームがはさまれていて、
仕事が細かいです。

マダムシンコとここのモンブランは、秋ならではのお味。
モンブランは年中あるけれど、ここまで味が濃いのは今だけかなあ・・


                                          モンブラン  483円






さいごはC3(シーキューブ)
本当は3はCの右肩につけるんだけれど、書けやしない・・
ホントにもう・・・、
書けない名前やら、読めない名前やら・・・


e0033713_10262517.jpg


この子のお名前は モンテビアンコ

シーキューブはアンリ・シャルパンティエと同じ系列会社のお店で、
むこうがフランス(多分)なら、こちらはイタリア風。
ひとつずつのケーキもかなり大きめです。

e0033713_10331168.jpg


なかにざっくりと大きなメレンゲ。

以前はメレンゲのモンブランは苦手でしたが、
上から下までを一度に味わうと、
栗クリームにメレンゲがほどよい甘さを補って、
なかなかいいものであります。

これは食べごたえ十分。




                                       モンテビアンコ 546円



最近、デパートのケーキ売り場で、
『モンブランを1個だけください。』
と言うのに慣れてしまったけれど、
1個でも多く食べようとする探究心のなせるワザか、
それとも面の皮が厚くなったのか・・・・





にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2008-11-27 10:43 | マロンな日常 | Comments(10)

11月祭

勤労感謝の日の京都。

絶好のお天気と、
紅葉の見ごろと、
何日間かの寒さがこの日少し和らいだことがあいまって、
それはもう大混雑。

朝の9時半には京都駅に到着したというのに、
市バス乗り場は大行列で、係りの方が声をからしておられました。

バスを3台は見送って(満員で)、
やっと向かったのは・・・

e0033713_1503570.jpg


おねえちゃんの大学の11月祭です。
通称NF。

e0033713_15164759.jpg


サークルのマジックショーは今年も健在。
(いったい何しに大学に行っているのやら・・・)


今年は梨木香歩さんの朗読会もあるということで、
それにも参加させてもらいました。

WEBでレポートする場合は報告せよということなので詳しく書けませんが、
彼女が綴られる物語のように優しくてそれでいて芯の通った感じの方でした。
お声も素敵だった。
ご自身で『家守綺譚』の一節を朗読されるのを聞いているだけで、
心がゆったりしていくのがわかりました。



大学祭。
なんだかんだとこれで4年続けてやってきたことになりますねぇ。
そんなこんなをしているうちに娘ももう今年で卒業。

そのまま大学の事務職員として就職することになっています。

決まった当初は、“なんでまた??”と思ったものですが、
ここにきて突然の不況で内定取り消しの話も聞かれる中、
大学法人化で国家公務員ではなくなっているものの、
一応の公務員並みの待遇はありがたいと思わないといけないのでしょうか・・・。


ま、これでまた来年も学祭に来られるというわけですが。
(そんなに来たいか!!)
    




にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-11-25 15:28 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(6)

戦後の夢を背負って走り続けた0系新幹線は、
今月末で姿を消します。
(またかい!!)   


そこで・・・


e0033713_11425331.jpg


お弁当の淡路屋さんより、こんなお弁当が発売されています。

0系新幹線 夢の超特急弁当

裏側とお弁当外側もどうぞ。

e0033713_11462588.jpg


e0033713_11482299.jpg


んま、なんてかわいいお弁当なんでしょ!

容器はなんと陶器製です。

さっそく注文、注文・・・
・・・って、注文してその日のうちに宅配便で・・・というわけにもいきません。
なにせお弁当だしねぇ・・

しかたない。
おとり置きしてくれるというので、取りに行ってきましたよ、
大阪まで!!
(ネットで注文すると受け渡し場所を選べる)

わざわざ電車でお弁当を取りに行くところがオタクのオタクたるゆえんか・・
(まあ、京都に用事があったからね^^;)




せっかくだから、こちらもご注文。

e0033713_1156614.jpg


e0033713_1157274.jpg


700系新幹線のお弁当です。



どうだ、新幹線のそろいぶみ!!

e0033713_11594048.jpg


なんで0系がふたつあるかって??
使用用と保存用に同じものを2個購入するところがオタクのオタクたるゆえんです、はい。


なんだか外側の写真ばかりたくさんですが、
中身より容器の形に関心があるところが
オタクのオタクたる・・(またかいな!!)


e0033713_1275592.jpg



e0033713_128970.jpg


それぞれ、おかずや具が上にのっていますが、その下は
0系の方がお寿司、
700系の方はチャーハンとスパゲティでした。

私は0系の方がお気に入り。
お寿司の上に乗せられた具の量といい、味といい、
十分に満足できるものでありました。
(700系の方もお味は悪くないです。子どもが喜ぶおかずだと思う。)

                                それぞれ1050円。
                                かなり重いから旅先で持ち歩くのは???






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-11-24 12:17 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(10)

続きです。

余呉湖畔で鴨の炊き込みご飯の昼食を食べた私たちは、
次はびわ湖をさらに北へ・・
でも平地なので、もう雪はまったくありません。


e0033713_1994655.jpg


このなんとも、ゴツゴツ、こぶこぶの木は“タブ”という名前の木だそうです。

滋賀県西浅井町祝山(ほいやま)

香取五神社のタブ

              樹齢 400年
              幹周り 6.8m 高さ 21m


この神社の鳥居の横にはもう一本のタブの巨木があったそうですが、
老木のため三年前に切られて、今は切り株だけになっています。
写真は神社の裏手にあるタブの木。

e0033713_1981731.jpg
 

苔むした幹、くねくね曲がった枝、
なんとも趣のある木です。


タブをはじめとして、この神社の木はどれも巨木です。

e0033713_19175212.jpg


e0033713_19185731.jpg
                           ↑ スギ

e0033713_19183826.jpg
                      ↑ うしろ スギ  前 ケヤキ



など、見上げても、見上げきれないような巨木がたくさんあって、それは見事。

その上、神社横のおうちにはこんなイチョウの巨木も・・

e0033713_1922371.jpg


e0033713_19232340.jpg


このイチョウの木、
どうも個人宅のものらしいのが恐れ入ります。
遠くから眺めてもひときわ威容を誇っておりました。




次は、巨木とはいきませんが、変わった木を見にさらに北へ。
このあたりはびわ湖の北端になります。

e0033713_19304131.jpg


右端のなんともまっすぐな木

滋賀県西浅井町菅浦(すがうら)

阿弥陀寺のタラヨウ

松やスギ、せいぜいケヤキくらいしか知らない私は、
タラヨウと言われても???でありますが、
葉っぱの裏を傷つけると字が書けるので、
昔は書簡に使われたそうです。

うーん・・・
知らないことが多いなあ・・・


                  樹齢 250年
                  幹周り 2m  高さ 18m 



このお寺のすぐ近くには、
素足で参拝することで有名な須賀神社があります。

神社の鳥居前で二本の大イチョウがお出迎え。

e0033713_19385719.jpg


e0033713_19422790.jpg


この寒さの中を裸足で参拝????
と、心配しましたが、
信者の方が奉納された参拝用のスリッパが用意してありました。

それを借りて神社に無事参拝をすませ、帰路につきました。




最後にもう一箇所

e0033713_19465385.jpg


ちょうど帰り道にあたるところに美しいスギの木がありました。
下にある二階建てのお家とくらべるとその高さが歴然。

滋賀県高月町唐川(唐川)

野大神スギ

村の入り口、田んぼの中にある、まさに一本杉。

洪水を防ぐために村人たちが観音様を沈めて、
その目印に植えたと言われているそうです。

e0033713_19511438.jpg



遠くから眺めた姿も、下から見上げた姿も美しい。

e0033713_19524150.jpg


                樹齢 400年
                幹周り 7.6m  高さ 20m 

最後にふざけてみんなで手をつないでみたら、
ちょうど8人分の幹周りでした。



普段はあまり北部までは出かけないとはいえ、
車で一時間以内の範囲です。
時々通っている道のすぐそばにこんな大木があったなんて気がつきもしませんでした。

一本の木をゆっくりと眺める、
その木が持つ物語や地域の歴史について教えてもらう・・
年上の方たちとの旅はとっても勉強になりました。

みどりの会のみなさん、本当にありがとうございました。



最後に奥びわ湖パークウェーから望む伊吹山を・・

e0033713_19454075.jpg



こうして、今日の部分だけ見ていると、穏やかな秋の旅ですねぇ。

あの大雪は夢だったのか・・・・・




にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-11-22 20:06 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(6)

みどりの会というボランティアさんがおられます。
施設の周りの木の剪定をはじめ、害虫駆除、除草、施肥など環境整備の活動をされるボランティアさんです。

真夏であろうと、冬の寒い中であろうと、
早朝から作業をしておられる姿には本当に頭が下がります。
月一回の町内の掃除すらブツブツ言ってる私なんて、
足を向けて寝られないってなモンです。


e0033713_2212637.gif




さて、みどりの会さんは年に一回、お勉強のために県内の巨木を眺める旅に出かけられます。
去年くっついて行かせてもらって感動した私は、
あつかましくも今年も一緒に連れて行ってもらうことにいたしました。


それがきのうの話。



e0033713_20172561.jpg
巨木が街のど真ん中においそれとあるわけじゃない。
ある程度山の中に行かないとお目にかかれないのは承知の上でありましたが、
折からの大寒波。

滋賀県北部はこのありさまです。

はじめのうちは、車を進める先に見える山の白さや
そちら方面からやってきたと思われる屋根に雪を積んだ対向車に
大歓声をあげていた私たちでしたが、

おいおい、ちょっと多くないかい??

えっ、除雪車がフル稼働?
これ、ノーマルタイヤ!

シ、シートベルト、シートベルト!!
ヒーっっ!す、すべるぅ~(ちなみに運転は私。)

今期ABS初作動。
どーなることかと思った。。。


滋賀県木ノ本町杉野 

これはイチョウの木
なんでも村を襲った2回の大火の際に火から村を守った木として
『火伏せのイチョウ』 と呼ばれているそうです。
e0033713_2017355.jpg
樹齢300年
幹周り 4.3m  高さ20m 

色づいた葉を落とすか落とさないうちのいきなりの大雪。
さぞかしイチョウの木も驚いたことでしょう。




e0033713_20422558.jpgさて、いったん木ノ本町の駅前に戻り、次はもうひとつ別の山方へ。

しかし、駅前まで戻ると雪はいっさいなし。
畑にちらほら白いところがある程度。
車でわずか15分の距離なのにこの差はなんなの!?

・・・

とか言っていたら、こっち山も15分走っただけでまたこの通り。

こっちは、
側溝にはまっていた車一台と
スリップしてぶつかっていた車2台、
スリップする車を後ろから押そうとして、自分がすっころんでいるお嬢さんおひとり。
以上を横目にやっとたどり着きました。


滋賀県余呉町椿坂

桂照院のカツラ
(今は廃寺だそうです)



e0033713_20424654.jpg


何本もの木が集まっているように見えるけれど、
幹周り3.5mというから、一本の木なのだなあ・・。
前衛芸術のような形です。


樹齢 500年
幹周り 3.5m 高さ 30m
    



さて、例によっって車で10分戻ると雪は大減少。

滋賀県余呉町池原
全長寺のスギ

e0033713_2124439.jpg


雪と紅葉と大木とのそろい踏み。

この全長寺というお寺には95歳になられるご住職がおられ、
お寺の縁起や中に掛けてあるたたみ4畳分にもなるという大きな達磨さんの絵の説明をしてくださる。

そのお話しぶりも足取りも大変にお元気、まさにカクシャクというのがぴったりのご住職でした。

「みなさんもお元気で生きがいのある毎日を過ごしてくださいね。」
と、おっしゃっておりました。


e0033713_2125278.jpg


周りの木と比べると、大きさが目立ちますね。

                         樹齢 400年
                         幹周り 5.8m   高さ 26m




さて、お寺を後にして余呉湖へ。

雪の余呉湖はいちだんと神秘的。
このくらいの雪だと“きれいだなー。”ですむんだけれどねぇ・・・。

e0033713_22283337.jpg




e0033713_22304286.jpg


ところで、余呉湖は天女が水浴びをしたと言われ、
その時に羽衣を掛けたという柳の木があります。
(どこかで聞いたような話だなあ・・・)


滋賀県余呉町川並

衣掛けのマルハヤナギ

e0033713_22355194.jpg


薄い羽衣を掛けるにしては枝が太すぎるような気がしないでもない・・・。
けれども湖の周囲でひときわ目を引く木ではあります。


e0033713_22381767.jpg



樹齢 200年

幹周り 3.9m 高さ 18m




ところで、それぞれの木の歴史や大きさはすべてみどりの会の男性会員さんが調べてくださったものです。


加えて、今回の行程の決定や昼食の段取り、それに女性陣でも無理なく回れるようにと下見まで。

当日は車3台に分乗してまわりましたが、
私は、男性の運転する2台の車に前後をかためてもらってお姫さま気分。


その行き届いた配慮ぶりは、さすがに“年の功”
・・・と言ったら叱られるかなあ。。




さて、ここまででまだ半分ですが、
大変に長くなるので、続きはまた後日・・・





にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-11-21 22:56 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(4)

日本です。

宮古島に行ってる方もいらっしゃるようで、
そちらはさぞ温かいことと思いますが・・・・・



e0033713_23345666.jpg





e0033713_23344211.jpg





日本です。

11月です。

本日です。



ウチから車で約50分北に行っただけで・・



ノーマルタイヤで出かけて、死ぬかと思った。。。。


道中記は明日・・・・




にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-11-20 23:40 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(6)

0系新幹線・・
あの丸いお鼻のまるい顔が線路を走ることはもうありません。
今月末をもって完全にお別れです。

もう聞いたって??
まあ、今月はお名残を惜しむし特別月間ということで、
へっくんに免じてお許しください。


ところで、親子そろって未練がましくJRのサイトをのぞいていたときに目に飛びこんできた
記念商品の文字!
それもスイーツ!!

0系バームクーヘンとな。
早速お取り寄せをしなくては・・・




長さ50センチ!
見よ!4人がけのダイニングテーブル上のこの勇姿!!

e0033713_22271540.jpg


博多の二鶴堂というお店の商品です。

横から

e0033713_223447100.jpg


上から

e0033713_22302990.jpg


前から

e0033713_22332241.jpg


うしろから

e0033713_22333719.jpg



もういいって??

まあまあ、おちついて・・・
裏も見てください。

e0033713_22312981.jpg


ほおーら、記念の文字が・・


肝心の中身ですが、
中身も当然この長さ!

e0033713_2236387.jpg


でも、太さはたいしたことないのよ。
ていうか、かなり細め。
某グ○コの巨大クリームコロンをふた周りほど大きくしたくらいというか、
親指と人差し指でつくった輪っかくらいというか・・

e0033713_22384722.jpg


でもちゃんと切り株になってました^^

きっちりとしたバームクーヘンのお味。
しっとりとしてるし、どっしりと食べ応えもある。
なかなかいい仕事だと思いました。


バームクーヘン自体が新幹線の形ならもっといいのになあ・・(無理!!)






                                   1本530円
                                   なのに送料が650円(泣。。。。)






にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-11-15 22:42 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(10)

姉川ダムの紅葉

e0033713_1558538.jpg


伊吹山 1377メートル。

アルプスのふもとの方にとっては、“へっ!”てな山ですが、
これが滋賀県では最高峰。
びわ湖の北、岐阜県との境にある山です。

はるか昔にはびわ湖の底にあったらしく、
今でも貝殻の化石が出土する山でもあり、石灰岩を多量に産出する山でもあります。

写真、山の左側が大きく削り取られているのがわかりますね。
セメントの材料として石灰岩を採掘した大阪セメントのしわざ跡です。
ちなみに今は採掘していないそうですよ。



さて、この山に源流をもつ川に『姉川(あねがわ)』という川があり、
上流にダムができています。

ダムのあたりは紅葉真っ盛り。

e0033713_1612394.jpg



e0033713_16142548.jpg

   



あたりの山々も、まさに錦の着物をまとっているようでした。
お天気が良かったので、それはそれは美しい。
それに何より、山奥なのでだーれもいない。
ひとりゆっくり自然に浸ることができました。

・・・

とかうだうだ言ってないで、写真は???

面倒なので、残りはスライドショーにしました。
ぼけぼけの写真も動きでごまかすのサ・・・

なに、動きがせわしすぎる?
yahoo!に言ってやって、言ってやって。

音楽がウザイと思うので、ご自分のパソコンの音量を絞ってから見てください。
なに、めんどうだ?
yahoo!に言ってやって、言ってやって。

では、こちらから。

よろしければ、全画面でどうぞ(ボケてるけど)・・・





e0033713_16132635.jpg







にほんブログ村 主婦日記ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by michirudesu | 2008-11-12 15:52 | ぜんぜんミステリじゃない日常 | Comments(10)

100円のマロン

近くのスーパーのチラシに、
『ヤマザキ 100円ケーキバイキング』の文字。

スーパーのバーゲン時とかに時々やってるアレですね。
以前にへっくんが買ってきてくれたことがありました。

でも、100円ケーキは、100円ケーキだしね、
いろいろ食べたいケーキがある中で、
控えるところは控えとかないと後で体重計がおそろしいしね、
そう簡単にスーパーの作戦には引っかかりませんわよ・・・



と、別のお店でのお買い物から帰って冷蔵庫を開けると・・


e0033713_18124391.jpg



な、なんであるのぉ~???



旦那のシワザか。
それもご丁寧に全種類1個ずつ買ってくるとは・・・


e0033713_18144538.jpg



ええ、ええ、食べましたよ。
このモンブランのほかにもチーズケーキとクリームボンブ(風)ケーキ


モンブランのお味は、
さすがにパンメーカーだけあって、
意外にスポンジ部分がしっとりとしておいしかった。

しかし、この栗クリームはやっぱり栗パンの中味と同じかなあ・・とか、
ということは、量的に栗パンの方がたくさん入ってるんじゃないかなあ・・とか、
パンもケーキも材質は同じで形が違うだけじゃないのか・・とか、
それなら100円ケーキよりパンの方が割安??とか、

なんとも余計なことをいろいろと詮索してしまうケーキでありました。





100円といえば、

e0033713_1821490.jpg


近江八幡市にある全部100円のパン屋さん
『こだわりパン工房 はなや』さんの栗パン。

原材料高騰の折、100円パン屋さんが次々に姿を消す中、
ここはまだがんばっておられました。
(なんだか、だいぶん小さくなった気がするが・・)

甘くて黄色いクリームがなつかしいお味。





にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2008-11-11 18:38 | マロンな日常 | Comments(11)