ほんまになかなか梅雨が明けませんね。

私の生活も梅雨空のごとく、もやもやどんより・・


・・・


と言いながらも、梅雨にも晴れ間があるごとく、
閉じこもりの毎日でも、映画を観る日もあれば、
モンブランを食べる日もある。

   (10日も前に食べた物を今ごろ書いてるところがナンだが・・)  




e0033713_17523683.jpg



な、なんじゃ、こりゃあ~~~!!


ってなもんですが、これは滋賀県は大津市 アンジェリック・ドーワ さんのモンブランです。


まーるいドームのような物体の中味はこんな感じ。



e0033713_17574673.jpg


チョコスポンジのモンブランはちょっと珍しい。



お味の方は、ええ~っと・・・(と、メモを見ないと思いだせないところが情けない。。)


甘すぎず、かといってあっさりしすぎず、

アンタ、ホンマに味を覚えてないんと違うやろな!!

栗のクリームも白いクリームもしつこくなくてさらりとしていました。

チョコスポンジ部分のほんのりとした苦みがまた、印象的だった・・・      ような・・・








このお店はもうひとつ栗のケーキを売っていて、


e0033713_1832789.jpg




こちらは マロンタルト


こっちの方が正統派モンブランの形をしてますねぇ。
中に栗粒もしっかり入っています。


e0033713_1874354.jpg




でもって、こっちはなんとコーヒー風味。


モンブランとコーヒーってよく合うなあと常々思っていましたが、
それをそのままケーキにしたところがさすがです。

さっきのモンブランのチョコスポンジといい、これといい、
一筋縄ではいかないお店であります。



わたしはこっちのマロンタルトの方が好きだった。

ていうか、モンブランにも栗粒を入れてほしい。。。。





                                      モンブラン 420円

                                      マロンタルト 389円   たぶん






 



この日へっくんが布団を持って帰ると言うので、
車で京都まで送る途中に立ち寄ったから、
携帯の写真です。



しかし、布団てアンタ、ちゃんと、4月に買うたやんか!
と、申しましたら、


下宿に友達がしょっちゅう泊まりにくるそうで、
なんとその子のマイ寝袋をあずかってあるんだとか。

いくら寝袋があってもフローリングではいかにも痛そうなので、
押し入れの隅に簡易な布団を置いておくことにしたようです。



しかし、その泊めているという友達が







女の子じゃないのがねぇ・・・・












にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2009-07-31 18:26 | マロンな日常 | Comments(6)

ハリーポッター6作目

  
e0033713_17473385.jpg


ハリーポッターと謎のプリンス



梅雨のさなかは鬱々閉じこもりの毎日でしたが、
梅雨に中休みがあるように、
たまにムクムクと外に出る気になる時がありました。


そんな時に映画に・・。










元の題は Harry Potter AND THE HALF-BLOOD PRINCE


HALF-BLOOD???

純粋な魔法使いじゃないということか?
それってハリーのこと??


とかいう謎は最後に解けます。。。。





あんなに小さかったハリーたちはすっかり青年と娘に成長し、
恋が入り乱れる学園生活を楽しんでいます。

なんか、ウチの子どもたちもちょうどそんな年頃だなあ・・
と、思って微笑ましかったことよ。







にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2009-07-28 18:12 | 映画な日常 | Comments(6)

夏のモンブラン

  
なかなか夏の高気圧に場所を明け渡そうとしない梅雨前線は、
最後のあがきとばかりに各地に豪雨をもたらしている模様です。

毎年梅雨の終わりはこういう雨の降り方になるとわかっているものの、
災害が防げない。
これ以上被害が広がらないことを願うばかりです。



そんな雨に閉じ込められているうちに
いつのまにか二週間ほども過ぎてしまいました。

みなさん、お久しぶりです。


お天気のせいというわけではありませんが、
昼間はやることもなければ、話し相手もいない。
なんだか毎日を鬱々と過ごしておりました。

おまけに、そうやってぼおっとしていると体調まで不調になって、
どんよーーーりとした頭痛に毎日悩む始末。


悶々の日々を解決したのは・・






ご近所主婦との酒盛りでありましたとさ。











そんなわけで、モンブランには夏がやってまいりました。

e0033713_1941255.jpg



ローソン、夏のモンブラン

ドームのようなカップに入ってのご登場です。


e0033713_19425058.jpg



お山の雪のように白くかかったお砂糖のシロップが甘いもの好きの心をとらえて離しません。


e0033713_19452198.jpg



一口食べると、むむむ・・

カラメルソースの香り。

プリンが入ってるのか??と思うけれど、そうではありません。

でも、スポンジとクリームを何層にも重ねてあって、
その柔らかさとなめらかさはまるでプリンのよう。

上にたっぷりお砂糖がかかっているからものすごく甘そうですが、
全然大丈夫。

べたつかず、涼やか~~に食べられますよ^^






                                      ローソン 夏のモンブラン 225円






にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2009-07-26 19:50 | マロンな日常 | Comments(12)

ノウイング


である。

大人二人だけの暮らしだから、掃除も洗濯も食事の量もしれている。

お金はないが時間だけはたっぷりとあり、
好きなことを好きなだけできるというのも案外退屈なものだ。


・・・


などと贅沢なことを言っていたら、
こんな映画を観る羽目になってしまったことよ。



e0033713_2003149.jpg



ノウイング



小学校の創立50周年を記念して掘り出されたタイムカプセル。
当時の子どもたちが描いた絵の中に
ある少女によって書かれたものも混じっており、
それは、紙一面にびっしりと数字を羅列してあるという奇妙なものだった。

大学で宇宙物理学を教えているジョンは、
数字を眺めているうちにそれらがもつ恐るべき意味に気がつく・・・・







パニック映画好きです。

洪水でも噴火でも冷害でも台風でも、
ドドーン!のガガーン!!のバリバリィィィ~!!!
の画面には妙にカタルシスがあるものです。
          もしかしてワタシって、欲求不満????




というわけで、今回も派手なブッ壊れ方を期待して観に行ったのですが、

ちょっと勝手が違いました。

地球が滅ぶ場面は映画最後の10秒ほどのみ!


たった10秒!!






映画は数字の意味に思い当たった男の恐怖が中心でした。

世界中で起こった大惨事はすべてであらかじめ決められていた???
そして最後は全人類、全生物の滅亡??



袖すり合うもたしょうの縁といいますが、

すれ違いざまに袖が触れ合うだけといった程度でも
人は多少は(少しくらいは)縁があるのだから大事にしなさい・・
ということじゃなくて、

そんなごく小さいことまで
他生(生まれる前の世界)であらかじめ決められているのだ
ということですよ、

誤解してませんか、おくさん・・・
・・って、誤解してたのはアンタだけやっちゅうに!



50年間の大事故をすべて書き表していたという数字は、
まさにそういうことですよねぇ。





神か宇宙人か、
いったい誰がどうやって地球の運命を決めているのかということに、
はっきりとした解決を与えないままに、
映画はただただ、破滅あるのみ。

何をどうやってもあらかじめ決められたことから逃れようはないのだよぉ~。





ストーリーに不満はたくさんありましたが、
帰り道、夜道を車で運転しながら
どこかで誰かにじぃーっと見られているような気がして
大変に怖かったのは確かです。






満腹の上にさらにケーキを詰め込む怠惰な日常が
なんとありがたいことであることか・・・








にほんブログ村 映画ブログへ   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]
by michirudesu | 2009-07-13 21:03 | 映画な日常 | Comments(16)

 
この記事へのコメントで“静謐(せいひつ)” という言葉を知っていたとほめてもらい、

おーっほほほ・・・

ではありますが、
でも実はその書き込みをしながら。
頭の中はこっちでいっぱいだったのでありました。


e0033713_8501333.jpg



滋賀県 高島市 西友 さんのうなぎ。



だってねぇ・・

同じ県内に住むとは言うものの、まったくお付き合いも面識もないと思われる
この方 と この方 が、揃いも揃っておいしいとおっしゃる。

これが行かずにいられようか・・
ということで、ご近所主婦を3人誘ってびわ湖の反対側までおでかけとなりました。


写真はひつまむし膳

1膳目はそのまま、2膳目はわさびとねぎの薬味をそえて、
そして3膳目はおだしをかけてお茶づけ風に・・
というあれですね。




e0033713_952119.jpg




e0033713_94479.jpg




付き出しと酢のもの、それに茶碗蒸しもついてました。




うなぎはふんわりと柔らかく、味付けも上品。
ご飯もうまい!

うなぎにだしをかけたらびちゃびちゃでは??と抵抗がありましたが、
これがまた意外においしい。
おなかがいっぱいなのに、あっさりしたおだしでまた食べられてしまう。


3膳もご飯を食べて、ほんとにおなかがいっぱい!!

家からは車で1時間強。
こんなにすぐに来られるんだから、ぜひまた来たいと思いました。
   
           大盛りにしてもお値段は一緒ですってよ、おくさん・・
  








ところでうなぎなのに、なにゆえカテゴリが『マロン』なのか・・・


そりゃ、アナタ決まってるじゃありませんか。


e0033713_9265167.jpg



デザートは とも栄さん 夏のマロンパルフェ


あんなに食べたのに、この上まだ食べるか…って言いながら、
別腹発動!!


とも栄さんは本来は和菓子屋さんだった模様ですが、
洋菓子も大変おいしい。
塩ロールっていうロールケーキが有名です。



この夏限定マロンパルフェは甘さがさらりとして、お腹がいっぱいでも全然平気。

暑い夏の時期に栗クリームはちょっと重いかな・・と思いがちですが、
これなら大丈夫。
冷たく冷やしてもおいしいかな。

クリームの中にはちゃんと栗粒も入ってましたよ。




とも栄さん、
食べている間お持ち帰り用に買ったケーキを冷蔵庫で預かっててくれるし、
店員さんはにこにこ、はきはきだし、
何より、ひとつひとつのケーキの値段がそんなに高くない。


おまけにここ、お店でケーキを食べたいと言うと、
きちんとお皿に盛ってサービスしてくれるのに、
なんと飲み物は無料ですのよ!!


いまどき、なーんていいお店なんでしょ^^




                                        夏のマロンパルフェ  368円









にほんブログ村 スイーツブログへ   にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ   
[PR]
by michirudesu | 2009-07-09 09:52 | マロンな日常 | Comments(20)

6月の読書


e0033713_9592689.jpg



残される者たちへ (小路 幸也)
綺麗な生活(林 真理子)
父の縁側、私の書斎(檀 ふみ)
つまみぐい文学食堂(柴田 元幸)
どうせ今夜も波の上(椎名 誠)
オバ道(神谷 ちづ子)
少女 (湊 かなえ)
明日この手を放しても(桂 望実)
イギリス人はおかしい―日本人ハウスキーパーが見た階級社会の素顔(高尾 慶子)
ZOKURANGER(森博嗣)
私立探偵・麻生龍太郎(柴田 よしき)
女優仕掛人(新堂 冬樹)
使命と魂のリミット(東野 圭吾)







少女(湊かなえ)・・・デビュー作が大変に衝撃的だったせいか、
            こちらも登場人物の少女たちが何をしでかすか、読んでいて不安でたまらない。
            その“危うさ”が“少女”そのものなのだなあ、と・・。





今月は読んだ本が少なかったです。
最後、今年前半でちょうど100冊にしようと駆け込み読書。。。



          くわしい感想はこちら






写真はきのうバアチャンと昼ごはんを食べに行ったレストラン おりひめ 
小倉マロンパフェ


前にマロンパフェを食べたときも思ったものだが、

アイス山盛り、クリーム山盛り、
そして栗ごろごろ。

なんとも豪快なパフェだなあ。


マロンだけより、あんこがあった方が、
甘いけれども味の変化があっておいしいかも。


・・・


って、しっかりご飯を食べた後でこれなんですけど、なにか・・・



                “おりひめ”というだけあって、ただ今七夕フェアーの真っ最中。
                パフェは全品半額なり!!  なんと350円❤

コミックはこちら
[PR]
by michirudesu | 2009-07-02 10:24 | 読書な日常 | Comments(10)

好きなことしかしないっっ!!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31